<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

群鮎はどこへ?

振草 10〜17時半まで。
自分9匹、弟16匹。
のうめん橋の群鮎はどっかへ行っちゃったようです(>_<)
川角橋下流での釣果でした。
[PR]

  by fly-kubota | 2010-05-28 18:56 | 現場からのレポート

受理されました。マスターズ。

意外と早く来ました。ダイワマスターズの大会要綱。
ハイパーエムステージ007の3,2メートルのおまけつきです。

それより、ずーっと気になっていた大会エリア。

地図から見ると、ドウマンの瀬の下の右岸、ですね。Aだと、ドウマンの瀬がエリア内で、上限は、中元橋のちょっと上流まで、Bは、吉田川の合流点まで・・・・

実際に行ったことないですから、広いんだか、狭いんだか、わかりませんが・・・・
興津から推測すれば、片方のエリアだけで、大綱から山びこ橋とおんなじくらいなんでしょうか?

いずれにせよ、前日から入る予定ですから、最悪、下見ゼロはないわけで。

ぼちぼち情報、集めますです。
[PR]

  by fly-kubota | 2010-05-21 21:07 |

群れ鮎と、サイトフィッシング

昼一から、寒くなる18時までキッチリやって、21匹。
解禁から土日の釣果情報から考えると・・・・ 惨敗です。

農免橋から下流へ入りました。岩盤の隙間の石をねらって泳がせます。
掛からない。群鮎がびゅんびゅん走り回ってます。でも、ゆっくり固まって泳いでるのもいる。
以前の中天、B型鉄橋上流での苦い思いでを思い出して、これは養殖では掛からないぞ、とそそくさとあきらめ、下流の背に向かいました。
しかし、意外と浅くて、無理。どんどん下流へ歩いていくと、やっぱり、トロ場の連続・・・
腹を決めて、丁寧に泳がせていると、あら、掛かった。
ここで、時計をみると、15時・・・ その後もぽつぽつ掛かるもペースがあがらず・・・

一緒にきた相方も、さすがに山菜取りに飽きて、様子を見に来た。
さてさて、どうするか・・・


どうも、傾向として、ある程度深さがあるところが良いらしい。
しかし、流速がないと、どうも釣りづらい。

とりあえず、元の農免橋まで戻って、七道橋までいこう、と思って、戻る。
自分は川を上って、相方は道で。

農免橋の上に相方がさしかかったとき「ここ凄い、うじやうじゃいるよ。やってみればー」と。
海釣りでは、この相方の感がどれだけ良い釣果をもたらしたことか。
というわけで、素直にやってみます。

モロに岩盤、でかい石の裏は、かなり深い様子。
でも、溝の中で確かに、べらべらやってる。

こりゃ、さすがに居るけど、掛かるか?と半信半疑。とりあえず、丁寧に泳がせる。でも、針は、ヤナギにチェンジ。

あっちあっち、こっち、もっとこっち、と、相方のリモートコントロールで、いやはや、掛かる掛かる。
目の前の溝でも、サイトで掛かる掛かる。

でも、1時間もすると、掛からなくなりました・・・

下流の方へ移動して、様子を見てみると、岩盤と砂利の境でベラベラやってました。
案の定、掛かる。しかし、丸見えのサイトフィッシングで、意外と追われてもかからない。

試しにここからメタルにチェンジ。意外と軽快に泳ぐ泳ぐ。
針も、忍の7号3本錨、スピード6半号4本錨とチェンジ・・・
どうも掛からない。鮎の下に完全に潜っているのに・・・

やけくそでスピード7号4本錨。これがドンビシャ。
追われると一発でだいたい掛かる。んー これは凄い。びっくりです。

いやはや、1時間で、10匹。
このサイトでの釣りは勉強になりました。
いかに、今まで、針が浮いていたのか、わかりました。
トロでこれですから、瀬はどーなってるんでしょうか・・・ゾッとします。
ハリスの張りをもっと柔らかくしたり、針をサイズアップしてみようかと思います。

あと、メタルでTSスペシャルと同じことができる、ということもわかったり、結構、収穫はありました。
あれだけ魚がたくさん居るので、今後も良いんじゃないでしょうか。
ただ、水温が20度でしたし、どうも様子のおかしい鮎がいたりしたので、ちょっと心配ですが。

さて、次回は、興津・・・かな?
[PR]

  by fly-kubota | 2010-05-19 00:23 |

群れ

b0054622_1848690.jpg

21匹 農免橋下流
群れをいかに掛けるか、でした。難しいけど、魚はたくさん居ますのでなんとかなりました〜
[PR]

  by fly-kubota | 2010-05-18 18:48 | 現場からのレポート

まずは

b0054622_1295211.jpg

腹ごしらえ。
東栄温泉です。
[PR]

  by fly-kubota | 2010-05-18 12:09 | 現場からのレポート

メタルと忍。

今日は、天気は快晴で、良いのですが、風が強く、時折、強風で釣りを中断しながらやりました。
しかも、気温も低く、雨用のネオプレーンジャケットを着て、なるべく水へ入らず心がけました。それでも、帰りは、寒くて寒くて、大変でした。
ちなみに日中の水温は、15.5~16.8度。14時からの良い時合いは16度越えてました。
あと気になったのは、ヘチのハミアトとか、魚影はいっさい見えなかったのでした。

さて、以前から、メタルを使いこなしたい、と思っていました。
今回、ふと、思いついて、わざわざ、出来合の目印を用意して、気合いを入れて仕掛けを製作して、試してみました。

でも、やっぱり、なんだか、変。

オトリがどうも思うように動いてくれない。前に進まず、ふらふらふらふら、と。
張って引っ張っても、緩めても駄目。動いても不自然。
どうも、好きになれないのです。

で、釣れないので、結局、TSスペシャルの0.1号にして、いつもの、テンションを張って送り出して、いいとこで、引っ張って沈めて、泳ぐなら泳がせて、泳がないなら緩めたり、張ったり、竿をたててオトリを浮かせたり・・・
いつも、いや、昨年と、同じことの繰り返し・・・

自分のスタイルが確立してきたのかもしれませんが、どうも、ワンパターン。
なんとかして、次回もメタルに挑戦したいと思います。


気になる針は、今回、がま長良の再来?と思わせるオーナー忍。
6半を三本錨、ハリスフロロ08で使ってみました。

んー たぶん、バレにくい感じ。
いままで使っていたスピードの6半や一角ライト5号も併用しましたが、一角はおいといて、スピードでは、バレがありました。今まで通り、いろいろな所に掛かってくる感じ。掛かりは早いと思います。といっても、2,3匹しか掛けていません。

忍は、ほぼすべて背掛かり。一部顔掛かりがありましたが、針持は良いようです。
刺さり方が深いので、2匹ほど外しづらい掛かり方をしているのがありました。
この安心感は、良いです。ただ、即死率も高そうなので、怖いですが。

ただ、掛かりは、さして早くないような気も。でも、ガラガラガラっコン、みたいなことはないですから、遅すぎるとか、そういうことはないので、良いとは思うんですけど。

なんとなく、好印象の忍です。ちょっと量産してみようかと思います。


あ あと、矢作への道中ですが、当貝津の420号の途中で、時間限定の通行止めをしてます。
たしか、10時と13時の一時間ずつだったと思いますが、かなり迂回させられるのでご注意を。
153号の後の県道19号も、最後、小渡へ抜ける直前が、通行止めで迂回が必要でした。
こっちはずっと通行止めらしいです。
道がこのルートだと非常にいいので、高速を使わなくても、問題ないです。

んー 矢作へ、もう一回、行きたい感じです。
[PR]

  by fly-kubota | 2010-05-13 23:04 |

なかなか

b0054622_17445165.jpg

結果オトリ抜き10匹でした。
14〜15時ぐらいが良く掛かります〜
[PR]

  by fly-kubota | 2010-05-13 17:44 | 現場からのレポート

矢作〜

b0054622_11503689.jpg

9時に出てやっと到着です。
おどやなから下をやってみますかね(^^)
それにしても風が(>_<)
[PR]

  by fly-kubota | 2010-05-13 11:50 | 現場からのレポート

近況と、今年のマスターズは長良川へ行きます。

お久しぶりです。
サツキ、釣れてますね。なにやら、フライでもあがっているらしいですが。
自分は、諸事情により、まだ川見にも行けてません。

さて、

とにかく、題名通り、ダイワマスターズは、今年は、長良川、郡上地区へ参戦。行きます。
なにやら、大石あり、岩盤あり、といういい感じだけど、ある意味、大変な川のようで。
寒狭のように入ったら最後、動けない~なんてことはないようですし、興津のように狭い感じの川ではないようですし、いいことが多いとは思います。


しかし、行ったことがない・・・・


しかも、なにやら、エリアがよくわからない・・・


んでもって、解禁は6月6日らしい。大会は18日で、約2週間・・・


解らないことだらけ・・・・



まー いつも通り、ぼちぼちやっていきますが。

そんなこと言ってるから、サツキに行けず終いなんですけど・・・


その代わり、メバルはよく釣りました。はい。
行けば、その次の日の晩飯に困らないぐらいの釣果が。
もちろん、モエビ餌での電気浮き釣りですよ。
やっとわかりましたよ。流れの筋に仕掛けを流すことの重要性と、糸の置き方などが。
やっぱり、磯釣り、フカセ釣りをしたくなってきました・・・

そんなこんなで、4番か、5番ぐらいの13ftぐらいのシャキッとしたダブルが無いものか、と思う日々でございます。
さぞかし、これでショートヘッドのフローティングヘッドでウェットをやったら楽しいだろうなぁと。
そーすれば、サツキもメバルも、ちょっと無理だろうけど、サクラも楽しく狙えるのになぁ~と。

なんて思う日もあれば、仕事で、ショアジグロッドとか、エギングロッドを触って、ああ これなら、2種に使えるかなぁ、と思ったり。

でも、最近、一番気になるのは、忍は、やっぱり、がま長良と同じように3本錨にすべきか、いやいや、小澤剛さんは4本錨らしいから、やっぱり4本錨か・・・・と。



もう、矢作の解禁は明後日ですね。

また暑い熱い夏がやってきます。今年こそは、尺。泣き尺でもいいから、とにかくでっかいの、目指します。


諸事情により、トーナメントと、サツキは、行きたいんだけど、体は一つなので、行けたら行きます(泣)
[PR]

  by fly-kubota | 2010-05-09 23:54 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE