<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

あまごの卵と、バンブーとハマチとホルモンとイワシと、夕日。

今日は、ポカポカといい天気でありました(^^)
盛りだくさんな一日で、写真一杯なので、全部みたい人は、Moreをクリック。

More
[PR]

  by fly-kubota | 2008-11-23 19:34 | 本日の釣り

鮎の一夜干し。

先日のティアレ杯、釣りのほうは、ちょっと渋かったですが、おでんに、富士宮焼きそば、そして、鮎の甘露煮と、一夜干しで大いに盛り上がりました(^^)

で、一夜干しの作り方、忘れないうちに書いておきます。

1.鮎はなるべく盛期から後半の脂ののった物を用意。実は、オトリもこれならなんとか美味しく食べられます。当然、冷凍保存して置いた物でもOK。

2.水400ccに、塩大さじ1杯を入れて、血抜き用の水を作る。これは、もっと欲しい場合は、割合をそのままで、作っておくと良い。

3.鮎を流水にて良く洗い、ぬめりを取って、背開きにする。別に腹開きでも良いはずですが、慣れると、背開きのほうが綺麗に開けます。内臓も抜き、エラと、背骨の血合いもしっかり取り、流水で洗って、2の塩水につける。

4.血抜きの塩水に、5分程度つけて、歯ブラシで血や内臓く黒い膜などを取る。
血やぬめりが生臭さの原因ですので、徹底的に取ります。

5.水200ccに、荒塩などの海の塩を大さじ一杯。味付け用の塩水です。これに30分つけます。自分は冷蔵庫の中でつけます。どうも常温だと腐るような感じがして、嫌なのです。

6.味付けの塩水から取り出し、キッチンペーパーなどで水気を取り、干す。自分の場合、少ないときは、100円ショップなどに売っている焼き網の上に載せて、冷蔵庫で一晩。
丸一日、干してもOKです。カリカリに焼きたい場合は、丸1日干すといいかもです。
干し網で、日干ししてもいいのですが、薄味なのでちょっと心配です。
大量に製作する場合は、自作した冷蔵庫にピッタリの干し台で干します。一気に20匹は行けます(^^)

7.あとは焼くだけ。できれば炭火でじっくりあぶって、表面がきつね色になるまでじっくりとあぶると、骨の存在が無くなります。カリカリでじゅわっと油がにじんで、実に美味しいおつまみ、おかずになります。
魚焼きグリルでも、弱火でじっくりやれば、できます。この場合、少しお酒を塗って焼くと良い焼き目が付きます。
あと、食べきれない分は、冷凍にして保存しておけます。

アジとかは、1時間ぐらいつけると良いらしいですが、どうも、味が濃いと怖いので、つける時間を短くして薄目にしてます。
イシモチ、キス、ハゼも美味しいらしいです。ヘダイやチーバスもなかなかでした(^^)

んー 管釣りのニジマスも、もしかしたらいけるんでしょうか?
差し入れで頂いたニジマスのニンニク醤油焼きが、かなりうまかったので、ちょっと気になってます・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2008-11-20 20:46 |

また二発、開いてるの? ダム下での釣り。

大王様より、行くぞ、とお誘いがありましたので、バタバタと仕事を片づけ、ダム下へ着いたのは16時少し前・・・ ぼちぼちと掛けるnabeさん、大王様のところへ移動しようかと思ったら、おお 大王様、掛けた!!でかい!!
てなわけで、写真写真~( ´∀`)と、大王様の所へ。
取り込みどうするのかなー と見てると、大王様、ネット持ってないし(-"-;)

なんとかすくってあげて、写真を撮らせていただきました。計ってみると、でっかい。50cm
b0054622_19152156.jpg
でも、撮るの失敗(T_T) んー フィルター欲しいところです・・・

で、自分もぼちぼちと釣り。黒の小さいウェットにして開始。なぜか当たらず(-"-;)
結局、黄色いソフトハックル+4x。
小さいの1匹だけでしたが、楽しい釣りでございました( ´∀`)
帰り、カリタさんともお話できて、フライの選択にちょっと自信持てました(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2008-11-07 19:16 | 本日の釣り

鮎釣り 08年度のウエポン&仕掛け。

さて、すっかりフライなのですが、忘れない内に仕掛けの作り方を書いておきます。
と、いうのも、やってる内に、あー こーすりゃいいじゃん、というコツがいろいろとあったので、書いておかないと、また来年になって、どーだったっけ?となりそうです。
昨年、少し、冬の間に仕掛けを作りましたが、机上の空論で設定した材料が、いざ、シーズンインして現場で使ってみると、駄目駄目で、しかも、製作の熟練度も低く、意味のない物となりました。
今回は、来年に向けて、手間の掛かるウエポンのパーツ作りをしておきたいと思います。

てなわけで、くぼやんスタイルのウエポン、作り方を書きます。

詳しくはココをクリック。
[PR]

  by fly-kubota | 2008-11-06 21:48 | 備忘録

エリア解禁。

エリア、解禁しました!!
土日、久しぶりの方やいろいろな方に会えて楽しかったです(^^)
そして、みなさん、ぼちぼち魚を掛けていたようで、楽しい解禁となりました。
例年なら、解禁当初は結構、フライには厳しいことが多かったですが、今年は水が比較的良いので、良いのかも知れません。

で、放流情報の補足ですが、中島への700kgは、ダム下へ約460kg、残り230kgは、グランド下へ放流したそうです。めいっぱい、パイプを繋げての放流だったそうです。

グランド下は、人も少ないので、鵜が出没することも多いですが、マナーを知らない密猟者も多いので、発見したら、漁協に通報してください!!
本日も、黒の小型車の浜松ナンバーの親子連れの密猟者が出たそうなので、注意して下さい。

さて、自分は2日の午後、雲名で釣りしました。
とりあえず、型を見たかったので、シングル6番、OHのロングベリーラインで、黄色いソフトハックル+5xフロロの手堅いウェットです^^;
35ぐらいのを2匹、25ぐらいのを4匹ほど掛けました。
鮎釣りでもやったポイントなので、魚の付きそうな筋を、スペイでほぼメンディング無しでいいテンポで打ち返してみました。スリックな水面は、プレキャストほとんど無し、ノーメンディングでテンションを掛けての釣りです。
鮎の引き釣りのテンションの感覚をスイングのテンションに置き換えてる感じ。
筋が分かるので、ロングキャストもそんなに要らないこともよく分かりました。

鮎の引き釣りの効果がこういう形で出るとは・・・ (^^)

写真はココをクリック。
[PR]

  by fly-kubota | 2008-11-04 23:14 | 本日の釣り

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE