<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

連休前半戦終了。

初日土曜は、天竜本流と、ダム下へチェックしに行きました。
とにかく風が強いので、早々退散(T_T)

日曜、月曜は骨折した弟の気晴らしに、港の投げ釣り。
この時期、まだキスを釣るには少しだけ早い感じですが、ボツボツと釣れました。
本格的に始まるのは、例年通り、5月半ばでしょうか。長野大会終わったら、キス釣り行きたいですねぇ~ いやいや、片浜にそろそろサバも接岸するはず・・・

で、

土曜、ガッサラの進入路にて。この花ってなんですかねぇ?
b0054622_2251348.jpg

ガッサラから、トンネルへ上がる方のT字路にて。たくさん咲いてました。
b0054622_22515290.jpg


その近くの茶畑。みどりが綺麗です(^^)
b0054622_2252965.jpg

←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-30 22:55 | 本日の釣り

惜しい。28kg。

昨日、大王様から「鯉釣り行ってるのか?」と聞かれたので、しばらく行ってないよー、と答えると、「なんだ。よく我慢してるな」と言われたので、思い出しちゃいました。

せっかく、本流に頭が切り替わって、鯉釣りは片隅に仕舞って置いたのですが、引っぱり出して、行ってきました。

風の強い中、連休前で貸し切り状態のグットコンディション。すぐにアタリが出て、良い感じ。
かなりのハイペース。
でも、なぜか、引きが強い。というか、サイズの割には強すぎる。0.8号のハリスが2回切れました。
しかも、なぜか、うどんでは良いアタリが出ない。みどりを柔らかめに練った感じのエサが良いのです。

なんか、おかしい。気温が上がって、状況が変わったか?(-"-;)
でも、釣れるから良いか~(^^)

で、後半、なぜか、急にアタリが無くなって終了。
計測して貰うと、28kg。3時間です。時間当たり、9kgちょっと。
お姉さまに話を聞くと、なんと、昨日放流したてだそうです。

どうりで、釣れるわけです。
でも、連休中は厳しくなるようです。新しい魚が、一度釣られて、怯えてしまうためで、元々居る魚もこれにつられて怯えるらしいです。

てなわけで、次回は、連休明けでしょうか。
いや、長野大会が終わるまでは封印しておきましょうかねぇ^^;

明日は、ナマズも気になりますが、本流です。連休開ければ、ヒゲナガも落ち着いてしまうので、このチャンスは逃すのはもったいないです。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-26 23:52 | 本日の釣り

新たなるポイント。

バチャチャイさんより、本線上も良いですよ、と聞き、行ってみました。
下見の段階では、だだっ広い、何ともしがたい感じでしたが、流れが丁度良いし、今回は増水でしたが、平水時なら、流芯に届きそうなので、もう少し、探ってみようと思います。

結構な増水なのか、かなりの所まで入れます。ドーンと深くなってるところが見つからず、とりあえず、流れもゆっくりなのでキャストして、すぐリトリーブして、の繰り返し。

やっと、良い感じの流れになってきたので、スゥイングさせたら、グッと来ました。
ゴンゴンと暴れた後、すぐに大人しくなったので、ああ ヤツだ(-"-;)と、でも、一応、慎重に取り込むため、岸までずーっと引っ張ってきました^^;

今日は、写真撮影成功。ガッツリとフッキングしてました。40cmぐらい。
b0054622_22164052.jpg
一応、外道ですが、こいつのビックなヤツも期待してます。60upを釣られた方もいるので、とりあえず、目指せ50upです(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-25 22:28 | サツキ

ほんと、疲れたー

昨日のポイントより上流に入る。昨日、ヒゲナガがウヨウヨ泳いでいた場所です。
やはり、流れが速い。でも、我慢して、流すが、やっぱり何もない・・・
どんどん下流に移動する。

で、

結局、昨日と一緒のポイントへ。でも、少し上流から様子を見るか、と一休みして、流し始める。
昨日と比べて、気配がない。ライズもなければヒゲナガも見ない。
あー ダメか。やっぱり。
と、流して、誘いのリトリーブして、回収、とさっさとリトリーブしてると、アタリが。
手応えが軽い。ん? ウグイの小さいヤツか? どれどれ、ネットですくう練習でもしてみるか、と、少しバシャバシャしましたが、すぐにすくえました。

ん? 小さい。 あ シラメ? やった(^^)
んで、写真を撮る。ルアーマンも見に来て、ほうほうシラメですね。と納得。25cmぐらい。
ヒレが透明だぁ、なんて、ちょっとガックリ、ちょっと嬉しい(^^)
大王様にも、「釣れたよー」と電話。

で、気合いが入って、ほぼ真っ暗になるまで粘りましたが、ダメでした。
ヒゲナガは、どうやら、19時から19時半の間でハッチがスタートするようです。

ヒゲナガの写真でも撮るか、といろいろやってみるも、上手く撮れず、さっきの魚はどうだったのかな?とチェックしてみると、なんか、顔が丸い。ん これは・・・ 
とりあえず、帰りにバチャチャイさんにも電話。丸いのが気になるとは言いましたが・・・

メシ食って、お店へ。
fly-tomoさんも待ってて、大王様、バチャチャイさんで見てみると、
b0054622_2262598.jpg
尻ヒレに点々が・・・ やっぱり、ニジでした^^;

でも、こーやって撮ると・・・
b0054622_2273121.jpg
いやいや、顔がニジです^^;

ほんと、疲れましたー(T_T)
人間、夢中になって、思い込むと、ほんと怖いです・・・(T_T)
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-20 22:11 | サツキ

やっと、ヒゲナガとウグイ。

本日は、大王様とやったポイントと、炎シャンさんが釣ったポイントの中間地点をやってみました。ほんとは、炎シャンさんが釣ったポイントでやりたかったのですが、下流からの風が強く、右岸では無理なので、左岸を選択しました。

以前、来たことがあるので、すぐにラインもタイプ6にセットして流す。が、いきなりそこを触ることができた。どうやら浅くなったようである。
で、良い感じに底をトントンしてると、スゥイング中にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?
ゴンゴンと首振るもすぐに寄ってきた、ということはウグイだ、と思ってずり揚げてみると、やっぱりウグイ。35cmぐらいで丸々太ってました。
掛かりが浅かったようで、写真を撮る間もなく、リリース。
フライは、ルードボディの4番、オレンジでした。

たまーに、ライズがあったり、ヒゲナガがハッチしたり良い感じ。でも、日暮れてもそのまんま。
どうやら、ハズレだったみたい(T_T)
b0054622_22105798.jpg


んで、大王様とやったポイントへ行ってみると、
b0054622_22122141.jpg

もの凄いハッチ。でも、なぜか、体にまとわりつくような、飛んでるヤツはほとんど居ない。
ゴキブリの如く、水面をせわしなく走り回ってました。
少し様子を見て見るも、、なーんにもライズはなく、帰ってきました。

とりあえず、反省としては、ポイントを変更して、オレンジのイントルーダーでも巻きましょうかねぇ~(^^)
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-19 22:17 | サツキ

とりあえず、鯉釣り堀一段落。そして、川へ。

土曜日、昼前から鯉釣り堀へ行ってきました。
いつもの、3時間、と、予定してましたが、なかなかの強風で食いが渋い。
軽い浮きに変えてきたので、さらに風邪の影響を受けて釣りづらい(-"-;)
風邪裏のポイントで耐えるも、アタリが無く、フラシの中は2匹。
ラスト1時間は、実績のある橋のたもとへ。ここでアタリがなかったら、帰る、と決めてました。
が、打ち始めるとボツボツと良い感じ。で、ふと時計を見ると、14時。
別に腹も減ってないので、このまま続行。ボツボツとアタリを拾っていく。
軽い浮きと、新しいエサの影響か、ハッキリとしたアタリで食いアタリが出るので、スレは少なく、
強風でフワフワしても、結構いけるんです。
結局、最後まで居て、7時間で、31kg。時間当たり4キロちょっと(-"-;)
でも、ポイント移動した12時から17時までで30kg。時間当たり6キロ。うーむ、ちょっと満足(^^)

今回、変更した点は、道糸を1.5号から1.2号へ。エサをみどりから常連が使用している感嘆へ。
そして、ウキを茅ウキから、羽合わせの浮きへ。
昔、アタリが出なくて苦しいときの対策をそのまんまやってみました。
エサは、「こんな便利な物が出てたんだ」と驚きました。昔は、前の晩、ワラビうどんを作って、行ったもんですが、
現場でカンタンに作れて、カンタンに希望の大きさにできて、まぶし粉の着きも良くて、ほんと、びっくりです。

とりあえず、一段落です。もう少し暑くなってから、今度は、時間当たり10kg目指してやってみようかと思います。
久しぶりに、夜、寝るとき、目を閉じると、浮きが見えました^^;


んでもって、翌日は、川へ。


だいぶ、濁りも取れて来た感じなので、夕マズメのヒゲナガの状況を確認すべく、ゆっくりと大王様と出発。
風邪気味、いや、ブッチギリ熱っぽかったですが、どうせ、寝ていても、ダメだろうから、と行けるところまで頑張ってみました。

右岸を見て見るも、下流からの風が強く、オーバーヘッドでもかぶり風なので、左岸へ。
いつもの本線下左岸へ。
ヘロヘロになりながらも、やってみるも、すこーししかヒゲナガも出ず、がっくり。
大王様に、怪しいアタリが一回あっただけでした。でも、増水時にヒゲナガが出た後がありました。
b0054622_200533.jpg

その後、ヒゲナガを探してみましたが、パラパラ程度。まだ安定して出てないのでしょうか?
夕日に黄昏る大王様。
b0054622_2014182.jpg

そーいえば、炎シャンさんが翌日、うちらのやったポイントの下流でサツキをルアーでゲットされました。
おめでとー(^^)
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-17 20:02 | 本日の釣り

やりました。ハイドさん オラマ5位入賞(^^)

風邪のほうはだいぶ良くなってきましたです^^;

KFさんのコメント通り、本家スペイページにリザルトが載ってました。

5. Hideki
Ozawa (Jap.) 137 137 113 127 514
えっと、フィートですので、
41.1m 41.1m 33.9m 38.1m 154.2m
だと思います。
やりました(^^) 5位です。凄いです。(^^)

ちなみに優勝のゴードンは、
1. Gordon
Armstrong (Scot.) 125 137 158 140 560
37.5m 41.1m 47.4m 42.0m 168m

うーむ。凄いです。結果の順番が分からないくらいどっちで投げても関係ないわけですから。
ただ、打ち返しの遠投だけの結果に見慣れていると、これは大したことのない結果に見えますが、15ftロッド、深いウェーディング、角度変換有り、各3投勝負、12投での話ですから、これは凄いんですよ。

ましてや、遠路はるばる行って、あの素晴らしいプールで投げること自体、想像しただけで、プルプル緊張してしまいます。はい。

お土産話が待ち遠しいです(^^)
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-17 16:23 | スペイ

がんばれ~ ニッポン そして、12投勝負。

さてさて、オラマの参加者の方々が出発されるそうです。
かなりの人数での参戦ですが、12投勝負の決戦に誰が残るか、そして、入賞はあるのか、楽しみであります(^^)
がんばれ~ ニッポン(^^)/現地からの情報が入り次第、お伝えしたいと思います。

とは書いてみたものの、入るかどうかは不明ですが・・・^^;

で、

今度の5月13日の犀川で行われるスペイの大会は、右上手3投、右上手リバース3投、左上手3投、左上手リバース3投、合計12投。んで、それぞれの最長を合計したものが記録となるそうで、オラマと一緒の形式です。
これは観客としては面白そうです(^^)
が、競技者としては、嫌がる人もいるでしょう。そういう自分も、左上手は、ほぼできません^^;
左上手のリバースなんぞ、どーやってやるのか、想像も付きません^^;

ま 良いじゃありませんか。楽しくやってみましょうか(^^)

なーんて、16ft以下クラスの話だから、お気楽なことをぶっこいて居られるわけで・・・^^;

18ft以下クラスは、いつも通り3分です。でも、角度変換有りなので、ちと、不安です。
角度は35度で、とりあえずフライだけクリアしてれば良いそうなので、それが救いでしょうか。
釣りだったら、これくらいの角度変換はしてるので問題ないのですが、1mでも遠くへと思うと、釣り用ラインで出るのもどうかと思ったり・・・

と、いうか、自作ライン、なんかうまいこと決まらなくて、ずーっとそのままになってるんですが^^;
ずっと、TakロングとTTで練習、釣りしちゃってます・・・
このまんまだと、TTをちょっと改良して出た方が手っ取り早い気もしますが、こいつを切るのももったいない気が・・・^^;
ただ、釣りしていても、継ぎ足したランニングが急激に細くなるせいで、ランニングが暴れるので、テーパーエンドから細くしてやろうかと思ってます。
でも、フルラインの目安が分かりにくくなるので「おぅ ロッドから全部出た(^^)」と遊べなくなるのも、ちょっと寂しいわけで・・・
でも、かなりのウェーディングをしなければならないそうですし・・・

いやいや、もっと距離を出して釣りするためにも、ランニングを変えねば・・・ ^^;

一発目の大会だし、深く考えず、楽しんで出ます。はい(^^)
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-12 00:59 | スペイ

やってはいけない釣り。

個人的に、勝手に決めているのですが、やってはいけない釣りは2つ有ります。
鮎の友釣りとヘラブナ釣り。
その理由は、面白くて、はまるからです。よーするに麻薬です。

鮎の友釣りは「やってしまうと、他の釣りはやらなくなる」とよく言われるくらい面白みのあるもの凄く魅力有る釣りです。
やりたくてやりたくて、と、毎年思うのです。
が、道具が高額で、夏はフローターと海が待っているので、なかなかいけないのが現実です。

ヘラブナ釣りは、「鮒に始まり、鮒に終わる」と言われるくらい、これまた面白みのある釣りです。
しかも、ヘラブナ釣りは、昔、中学生のころに、ムチャクチャはまったのでした。
楽しさを知っているのです。道具はほとんど残っていません。でも、ヘラ台、竿受け、竿、フラシなど大まかな道具は残っています。

で、

先日、弟が足を骨折し、運転ができないので、ずーっと家と会社の往復で、無理矢理引きこもり状態にさせられていたので、気晴らしにと、浜松の西塚つり堀へ一緒に行ってきました。

ここは、昔、親戚のおじさんに連れてきてもらって、「また絶対来たい」と思っていたのですが、どこにあったのか、どんな名前だったのか、小学生では分からず、夢はなかなか叶わなかったのでした。
最近になって、偶然通りかかって発見して「おおお ココなんだ」と、感動したのでした。

「まぁ 鯉釣りなんて、底ベタにしとけば、釣れる釣れる」とナメていました。

道具もエサもすべて用意してくれます。箱池だから足下も良いし、予想通り、足を骨折した弟も楽しめる環境でした。
ただ、道具を渡してくれたお姉さまが、「初めてですか?」と聞くので、釣りはやったことがあるので大丈夫ですよ、と、答えると、ウキを持って「ああ じゃ、エサ落ちはここなので、棚はココで合わせて下さいね」と言ったのです。別に気にも止めなかったのですが、すぐにこの意味が分かりました。

「箱はヘチを釣れ」の格言通り、適当に流れ込みがあって、人の少ない奥の角に陣取りました。
底を取って、ウキを合わせてみると、どうやらウキが小さくて、エサは背負えない。
なーんだ、さっきのはそういう意味か、と、エサを打ち始めてしばらくすると、アタリが明確に出で、掛けます。40cmぐらいのをゲット。

この時点では、へっへっへー 所詮コイだな。簡単簡単(^^)と思ってました。

しかし、このあと、あの言葉の本当の意味が分かるのです。

普通、鯉は、スパッと吸い込む動作がヘラより良いので、アタリもハッキリ出る物だと思ってました。ところが・・・・
じわじわと、黒い帯の印の幅で、ウキが動くので「ヘラだったらこれで合わせたなぁ」と懐かしんで、試しに合わせてみると、なんと、掛かったのです。

こいつら、無茶苦茶スレてる・・・(-"-;)どうやら、しっかりと、棚を合わせて、底ギリギリにしておかないと、アタリが出ない。少しでもハリスが弛んでいると、アタリが出ないのです。だから、あんなことをお姉さまは言ったのです。

ウキとかは、別に極端に変な物ではありません。普通に小さいヘラウキです。ただ、少々、道糸も、ハリスも太くて、針もしっかりとした軸のスレ針です。

その後、かなり厳しく、アタリがあっても乗らない、しかも、どうやらうわずっていて、スレアタリが多い。
久しぶりに熱くなってしまい、5時間もやってしまいました。釣果は4匹。弟と合わせて5kg。

常連さんでも、かなり厳しい釣果だったそうで、お姉さまに、たいしたもんだに~、とちょっとほめられました。

ちなみに常連さんは、竿は自分の物。当然、針も仕掛けも、エサも、自分で用意しているのです。つまり何でもアリ。
食いが浅いなら、針を軽くしてとか、ハリスを落として、とかできるのです。

自分の竿が欲しくなりました。んで、買っちゃいました^^;

ほんとは、竿は別にいらないのです。お店の貸し竿で良いのですが、仕掛けと針は自分で何とかしたい。まさか、竿だけ借りるのは、変なので、しかたなく、竿を買いました。

それにしても、

やばいです!! 大ハマリです。プレザントストライカーで管釣りで遊べばいいじゃん、とも思いますが、管釣りは、また別。
昔ながらの釣り堀は、魚の買い取りがあるので、爆釣すれば、料金が差し引かれます。
爆釣すればタダで遊べる、とまではいけるとは思いませんが、これまた楽しみです。
久しぶりの仕掛け作りもかなか手間が掛かって、ヤバイです。たまらんです。

昨年はテナガエビ、その前はキスの投げ釣り、その前はバス釣り、今年は、鯉釣りのようです・・・^^;

あ 天竜は、ぼちぼち良いかもです。でも、依然として通常より濁りが入ってます。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-12 00:32 | 本日の釣り

アブラッパヤ大王と。

大王様は、よき先輩であり、よき友であり、ジャイアンだったりします^^;
そして、いつも、お茶目なことをしてくれます。

値札、付いたままです。トーナメントキャスターであり、釣り師であり、お笑い芸人なのです。
b0054622_2213273.jpg
以前、お気に入りのキティちゃんサンダルでここへ来て、いきなりスッ転んで、リールは割ってしまったのでした。それを反省してか、いち早く、スパイクブースを購入したのでした。

で、今日は、先日、松本で行われた中部選手権の帰り、うっかり、いつものウエストバッグから、免許証、カートもろもろはいったカードケースを落とし、それをちょっと離れた警察署まで取りに行くついでに、渓流へ行って来ました。
b0054622_22191385.jpg
落として、2日後、カード会社からの電話で落としたことを気付いたのでした。へたすればずーーっと気付かなかったかも・・・

驚くことに、この方、ハンドツイストできるんです。凄い。
b0054622_22193165.jpg
「オレだって、こんなことできるんだぞ」と自慢されちゃいました^^; でも、ミッジの釣りは大嫌いです。
ウェットだけのイメージが強いんです。この方。

これが名前の由来になったお魚。これを10連発で釣り上げ、長田氏より命名されました。
b0054622_22215020.jpg


大王様は、いつも、忘れ物をします。釣りに行くときは特に。一番怖いのは、財布代わりに持っているウエストバッグを忘れること。
以前、ミニストップのコーヒーゼリーパフェが美味しいぞ、と教えていただいたので、釣りの帰り、一緒に食べて「うまいうまい」と男二人、店内で盛り上がったのですが、そのあと、バチャチャイさんのところへ寄ったときに「ああ 無い。ミニストップだ」と、速攻で取りに行ったことがありました。
みなさん、大王様がバッグを持ってないときは「どこかに忘れてないですよね?」とチェックしてあげてください。

あと、いろいろな伝説もあります。夢でハーディーの本物のバッグは焚き火が出来る話、緑汁を飲ませちゃった話、9種、10種のリールメンテナンスをはじめとする、トーナメントタックルの話、最近では、fly-tomoさんの庭に、なぜか、大王様自宅の鍵が落ちていたこと、等々。直にあったときに、聞いてみて下さい。楽しく話してくれます。

でも、面倒見の良い人で、鋭く冷静なときは、尊敬したくなります。でも、なーんでか、子供見たく遊んじゃうところがあるので、たまらんです。この人(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-09 22:48 | その他

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE