<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

本日の様子 10月31日

かなりいい天気で、作業をしていると、汗が出るくらい暖かかったです。
16時ごろの雲名ですが、ユスリカと、白っぽいコカゲロウのハッチがかなりありました。
放流直後なので、ライズは捕食しているようなものはなかったですが、賑やかでした。
とにかく、水の色が良くて、良い感じです。

放流直後の雲名の写真です。かなり大きな影が見えると思います。楽しみです(^^)
b0054622_22104264.jpg

[PR]

  by fly-kubota | 2005-10-31 22:14 | 本日の様子

放流しました

雲名、ガッサラ、ダム下へ各250kg放流しました。
形は最大6kg、大体40オーバーと小型の半々ぐらい。60は昨年よりは多い感じです。
次回は大会前、各200kgの予定だそうです。
[PR]

  by fly-kubota | 2005-10-31 15:57 | 現場からのレポート

10月31日 本日放流します。

さきほど、漁協に意見書を提出してきました。
その時、放流の話を聞きましたが、本日放流するそうです。
予想が外れてすいませんでしたm(__)m
現在、魚を取りに行っているそうなので、午後に放流されるそうです。
[PR]

  by fly-kubota | 2005-10-31 11:16 | 放流情報

開幕前情報 遠くから来られる方々へ

 おおまかな情報は、漁協のHPが早いので、そちらを見た方が早いかと思います^^;
 ですので、細かな補足を今回、書き並べてみます。以前書いたことが多いですが、特に、遠くから来られる方へ向けて書きます。

・入漁券について。
 船明ダム手前の152号線沿いの天竜山東のサークルKで購入されると楽です。地元の釣具屋さんで売っているのですが、釣り場に一番近くて、早朝でも売っているのは、ここです。
 たびたび、秋葉ダム下で「入漁券はどこで売っているのでしょうか?」と聞かれるのですが、残念ながら、かなり戻って買いに行くしかありません。龍山にも売っているところはあるようですが、早朝は無理です。

*その後、確認したところ、龍山には、郵便局の隣の薬屋さん、152号沿いの西川の橋の手前の床屋さん、その先、秋葉ダムのトンネルの手前の商店、そして、ダム下の左岸側の消防小屋の絵の駐車場から少し南の家で販売しているそうです。雲名は、雲名橋の目の前、西側の所に販売所の看板が出ています。いずれも、早朝からは営業していませんので、早朝から入る場合は、コンビニで買われると良いでしょう。

 年券は、今買うと、年末までしか有効ではありません。4000円ですので、4回ほど行けば元は取れるので、近くの方は問題ないですが、遠征される方は、大体、12月20日前後になると、2006年の年券が販売されるようなので、年内はあまり通わない、という方なら、年末まで待って買われるとお得です。

・11月1日について
 漁協のHPには、当日放流と書かれていますが、これは、朝一番に放流、という意味ではありません。大体、例年通りなら、早くて昼頃、遅くなると、夕方の可能性もあります。
 漁協にもプールがありますが、650kgなので、おそらく、朝、買いに行って、そのままの足で川で放流、だと思います。
 一応、年越しのマスも多少は居ますが、少ないです。ダム下や中島あたりで、ライズがあるかも・・・ ^^;

・いつ行けば良い?
 土日は混雑します。特に、11月13日は漁協の釣り大会があります。この日は、大会参加者でないと、終了後の午後も釣りは出来ませんので注意が必要です。年券をもっていても同様です。
 平日のなるべく穏やかな日を狙うのがよいでしょう。昨年の記録を見てもそうですが、放流直後より、3,4日経ってからのほうがフライへの反応が良いです。
 昨年は、意外と12月の半ばまで良いときがありましたので、年内は、チャンスがあります。
 朝、混雑していても、夕方は、少しは空きますので、土日に来られるならゆっくり来られても良いと思います。比較的、下流の雲名のほうが空いてます。午前中ダム下で遊んで、夕方、雲名でライズ狙い、というのも面白いです。

・その他
 水は常に白く濁っていますが、これが当たり前ですので、どうしても嫌、というなら、下流の雲名付近で釣りをされると良いと思います。
 あと、雲名は場所が広いので、スペイの練習には最適です。ダム下でも出来ないことはないのですが、混雑する中、ダブルハンドを振るのはどうかと思いますので、ゆったりと混雑を避けてスペイしたい方は雲名がお勧めです。
 穴場としては、右岸ですが鮎釣もなかなか空いてます。鮎釣上流部に放流するので、魚は入っているのですが、意外と貸し切り状態なときもあるので、お勧めです。
 たくさん釣りたい方は、ダム下の右岸に入ると良いと思います。左岸に車を停めた場合、ダム下の堰堤を渡って行くと良いでしょう。下流の瀬も渡ることが出来ると思いますが、意外と流れが強いので注意が必要です。

 あと、雨が佐久間やそれよりも上流で降ったりすると、現地は何も降っていないのに、第二発電所が稼働し、放水することがあります。ダムから放水されるのではなく、別の場所の、通称、メガネ、二発、と呼ばれるところからの放水があると、直下の鮎釣は危険で釣りになりませんし、雲名での釣りもほぼ無理です。こういう場合は、ダム下のみ釣りが出来ます。
 大体、2,3日は放水され、その後は9時頃から17時頃まで放水が2,3日、ということが昨年はありました。かなり台風の影響が多かったので長引いたのだとおもいますので、今年はこんなに長引くことは無いと思います。
この二発放水の情報は、漁協のほうにも書かれていることがあるので、要チェックです。

 例年通りなら、カワウにやられないように大型、大体40cmぐらいのアベレージのサイズで放流されます。中には、60オーバー、一昨年は80オーバーのものも居ましたので、ネットは大きめなものを用意されるとせっかくのチャンスを逃さないと思います。逆に、ルアーへの反応がよいように、小型のサイズの魚も放流されます。小さいのばかりだ、と油断してるとやられます。

 と、ずらずら書いてみましたが、「んん わからん」「心配だよー」と言う方は、遠慮なく質問受け付けます。分かる範囲でお答えします。
 昨年は、ダム下へ通いましたが、今年は雲名へ通おうと思います。平日、夕方、みんなが帰り始める時間から入ってくる人が居たら、たぶん、それが自分ですので、お気軽に声を掛けてくださるとありがたいです(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2005-10-29 00:49 | 放流情報

天竜川C&R区間についての意見書製作について

以前より、岩野理事を通して、意見を漁協に吸い上げていただいておりましたが、まかせっきりで、なにもお手伝いが出来ていない状況で、いつもお世話になってばかりでした。
今回は、岩野理事の後押し、というのもありますが、漁協に直接、意見書を提出して回答を得ようと思います。
なにか、具体的に動かなければ、変わらないですし、この区間の維持もままならない可能性もあります。

ですので、意見書の具体的な作成に入りたいと思います。
丁度、11月に来年の遊漁規則見直しの会議があるそうなので、タイミング合わせて、まずは一発目として、提出したいと思います。ですので、期限は今月一杯。
とりあえず、自分で案を作成してみました。興味のある方、意見のある方、協力していただける方は、直メールで連絡お願いします。案をお送りします。
xkg-yk@mx6.nisiq.net
です。よろしくお願いします。

ちなみに、今年は、例年通りの遊漁規則です。
[PR]

  by fly-kubota | 2005-10-15 22:35 | その他

東山湖のキャストをビデオチェックしてみました。

結果は、最高なモノが出ました。精神的にも、焦ることなく、120パーセントの力を発揮できたと思います。が、当日撮影したビデオを見てチェックすると、かなり恥ずかしいことになってました^^;

予選のビデオを見てみると、序盤、タイミングが取れず苦心する様子があります。6投目に45mとアナウンスされ、その後、桟橋と平行にビジッとプレキャストが決まり、次のキャストで50mが出たわけでした。その後、10秒前カウントダウンが始まりギリギリでキャストして終了しました。
合計7投ですので、かなり手返しは良かったと思います。
しかし、決勝では、手繰りをトーナメント並に速くしてみたので、かなり良かったように感じますが、すぐに、ランニングが団子になるトラブルが発生したので、ほとんど変わらずだったと思います。

全般的に予選では、リフトが速く、ロンチの位置も変です。トランク気味ですね。なのに、うまい具合に風を捉えて飛んでいったようです。50mのキャストは、アンカーが抜け気味のように見えます。たしかに、このとき、自分でも「あ タイミング速かったな」と感じましたが、結果として、これがアンカーの先回り、予測となったようです。

精神的には、予選のほうが、ドキドキしたと思います。未知なる部分、3分の時間制限、強い追い風、などが原因でした。決勝は、「45は最低飛ばさないと恥ずかしいな」と感じてましたが、トップスタートだったので、考える間もなく始まったことと、事前にこのタックルは45は軽く出る、ということは知っていたので、全くドキドキはせず、むしろ、良い集中が出来ていました。
一投目で46が出たので、ホッとしてさらにリラックスと集中が増し、風も弱くなったので、かなり精神的に楽でありました。
この時点で、優勝など全く考えていませんでした。これが最大の勝因かも知れません。

次回大会で、この精神状態に持っていけるか、難しい所だと思います。
技術的には、1年でどうにかなるものではないので、コツコツ練習するのは当然ですが、誰かにチェックを入れて貰うようにしたいと思います。
あとは、基礎体力の強化をはかり、より深い集中力を付けたいと思いました。
しばらく、右足が筋肉痛でした^^;
[PR]

  by fly-kubota | 2005-10-04 00:01 | スペイ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE