<   2004年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

キャスティングについて。

下澤氏によるスペイスクールに行って来ましたが、改めて、「やっぱり、キャスティングって面白い」と再認識しました。

スペイキャスティングは、ある意味簡単で、しかし、かなりの深みを持った奥深いものですが、どうしても、「水面にラインが接触する」ということで、やったことのない方は「あれは水面を荒らす」という印象があると思います。現に自分も1年前は、そう思っておりました。

確かに、水面にラインが接触しますが、フローティングのスペイと、シューティングヘッドのシンキングラインの釣りと比べて、どちらが荒らすか?と言えば、自分の場合、どちらも、まだまだ初心者ですが、一発ではピックアップできないヘッドの釣りの方が、水面を荒らしてしまいがちです。
さすがに、通常のフルラインフローティングでは、オーバーヘッドの方が静かですが、距離がそれなりに長くなると、トラブルの発生率は断然、スペイの方が少ないので、結果としてスペイの方が楽に釣れると思います。
でも、確かに、練習不足によるミスで、水面を荒らすことがありますが、これはオーバーヘッドも同じことと思います。

どちらが優れている、というわけではなく、使い分け、だと思います。バックがないところでスペイ、だけでなく、釣れない釣りを楽しくやるためのスペイ、とか、長いリーダーをストレス無く扱うためのスペイ、という選択肢もあります。逆に、超長距離を思い切りカッ飛ばすオーバーヘッドや、ピンポイントにねらい打つオーバーヘッド、という選択肢があると思います。

自分はオーバーヘッドも好きです。18ftで思い切りカッ飛ばすのは、本当に楽しく気持ちいいです。トーナメントでのディスタンス、アキュラシー競技も、本当に楽しいです。
さらに、ルアーロッド、スピニングリールでの競技も、先日体感しましたが、これもまた面白いです。

下澤氏も言っておられましたが、すべてのキャスティングに通ずることは、ロッドの意見を聞くこと、ロッドに合わせる、であり、これが体感しやすいのは、間が長いスペイキャスティングではないかと思います。

今年、感じたのですが、ルアーでのキャストも、ロッドに合わせて加減して、ティップ軌道を直線的にしてやると、ダイレクトな軌道で投げられるんですね。おかげで不得意なルアーが面白くなりました。

普段と違うキャスティングに挑戦してみると、なにか発見できるかもしれませんよ(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2004-11-27 21:46 | スペイ

本日の様子 11月27日

本日の雲名の様子ですが、風が強く、ぐるぐる方向が変わったり、時々、ピタッと止まったりという感じでした。日が当たる15時までは暖かく、ポカポカですが、15時半すぎからは、グッと気温が下がって、温度差の激しい感じでした。
丁度、15時前後は、スペイの練習で水面を叩いている割には、ライズも有り、ハッチは小さいユスリカ?がハッチしてました。
練習に熱中しすぎて、気温も水温も写真も撮れませんでした^^;
かなり水は良い状態になってきました。昨年の今頃と比べるとちょっと負けますが、12月の暖かい日を狙って行けば、雲名でドライでライズ狙いも可能だと思います。

フライフィッシャー誌の取材も来ていたので、来月号あたりには、天竜の記事が載るのではないかと思います。
[PR]

  by fly-kubota | 2004-11-27 18:50 | 本日の様子

今後の放流予定

忙しくてなかなか現場へ行けてません。漁協のHPなどを見ると結構、悪くはないようですが、明日からの天気は良くないようですから、今日がたぶん、今年最後の暖かい天竜かも知れません。

明日はスペイの集まりで雲名の方へ行きます。
とりあえず、今月の放流は無しで、来月の末に年末年始向けに放流するそうです。
定期的な放流は、この年末と、年始の大会用が予定されており、不定期の「釣れなくなったら放流」は、まだ未定だそうです。
個人的な予想では、意外と来月の第2週あたりにあるのではないかと思ってます。
[PR]

  by fly-kubota | 2004-11-26 13:12 | 放流情報

本日の様子 11月20日

12時のダム下の様子は、水温11度、気温20度。風は無し。
濁りは、先日までの雨で回復した感じもあるが、ほとんど変わりなし。
ハッチは、なにか飛んでいたが確認できなかった。ライズも少ない。

かなりの人が入っていて、混雑していたが、中にはウェットでナイスサイズを上げている方も居たそうです。ルアーの方は厳しいようです。
ポカポカと小春日和でいい感じなのですが、劇的な爆釣は無いようです。ライズが思ったほどないのが残念です。

b0054622_184179.jpg

[PR]

  by fly-kubota | 2004-11-20 18:03 | 本日の様子

天竜でのフライについて

本日は、仕事の都合がつかず、行けなかったです。明日も怪しいし、土曜は日曜にトーナメントの大会があるので、15時ぐらいには切り上げたいし・・・
と、今週はろくな更新は出来そうにないです(T_T)

と、いうわけで、天竜でのフライの話を。
それぞれのスタイルによって、かなり違うのですが、個人的に信頼しているものとしては、ウェットでは、「ウイングは白系クイル+ボディは透ける白いダビング材と下にクリスタルフラッシュ+ハックルは、ぱらっと白いハックル、テール無し」、いわゆる、白いウェットです。濁りには黒と言いますが、なぜか、白で多少良い思いをしたので、これが定番となってます。イブニングに白、という話もありますので、大体が、15時以降に行くことが多いから、たまたま有ってるのかも知れません。
もう一つは、「ウイングはスペックルフェザント、ボディはフェザントテイルとコパ-ワイヤーのボディ+ハックルはパートリッジ、テールもフェザントテイル」、要するに、フェザントテイルニンフにウイングとソフトハックルをつけたものです。これは、ウェットとしても使いますが、マーカーを使用して釣るときにも使ってます。

あとは、ソフトハックル系では黒やオレンジ、マーカー用には、ブラウンのニンフ、エッグの白や黒、オレンジ、ピンクなど。
すべてノーウェイトです。沈めるには流れに合わせてショットを打つか、ラインで沈めてます。

たぶん、どんなフライでも釣れると思います。でも、流し方や攻め所が違えば、どんなフライでもダメだと思います。一般的に言われているとおり、底を流して、しつこく沈み石をタイトに攻める、が基本だと思いますので、マーカーの釣りでも釣果に差が出ているのはここらへんの違いではないかと思ってます。
[PR]

  by fly-kubota | 2004-11-19 00:26 | その他

本日の様子 11月17日

17時頃のダム下の様子は、水温10度、気温10度、はれ。
風は、ほとんどなし。
濁りは、11日と同じくらい。つまり、西川の水量が減って、濁りが濃くなったような気がしますが、少しは回復しているはずです。
釣り人はまばら。釣果やハッチは無し。

聞いた話では、右岸側にびっしり人が毎日入っているようで、20人ぐらいは居たそうです。
ルアーでは数匹、フライでもマーカーで少し、リトリーブの釣りで少し出ているそうです。
ほとんど薄暗い中、20分ほどスペイでウェットをやってみましたが、ホワイト系のウィングのフライにアタリが結構ありました。他のフライは試せなかったので何とも言えませんが、個人的にはいい感じだと思います。

大体、放流して3,4日後がいい感じになるような気がしていたのですが、もしかして、火曜や月曜が良かったのかも知れません。
いずれにせよ、今週はチャンスです。
b0054622_19465616.jpg

[PR]

  by fly-kubota | 2004-11-17 19:46 | 本日の様子

手取川の鮭釣り行って来ました。

15,16日と行って来ました。
数日前からのダムの放水が原因らしいのですが、ほとんど釣果は上がってませんでした。
昨日が10匹、今日もたぶんそれくらいだったと思います。
雨が両日とも降り、今日は昼頃から風も強くてかなりのタフコンディションでした。

水がおさまっていたときは、一日100匹ぐらいの釣果はあったそうですが、増水の影響か、魚がとにかく少なく、目立った遡上の気配もありませんでした。

釣れないことより、なにより残念だったのは、「フライ専用区」ということを明記されていたので、ゆったりと釣りが出来ると期待して行ったのですが、実際は「フライはこの区間のみ」で、ルアーも混在していたこと。
低調に監視員等に「これはおかしいのではないか?」と抗議してみましたが、返事は「ルアーの人は多くてやるところがないから、空いているフライの区間で、邪魔にならないように、やってもらう」と。
そして、フライ専用区に、ずらっと並んでいるルアーマンを目の前に「じゃまだったら、ルアーの人、どかしますので、言ってください」と、親切に監視員は言ってはくれるのですが、みんな大切な時間とお金を掛けて来ているのは同じ事なので、そういうことを考えると、「じゃ どかしてください」と言えるわけがありません。
ですので、あきらめて、下の場所でやったり、空くまで休憩してやっていました。
当然、2日目も結果は同じでした。

釣れる、釣れない、は自然相手ですので仕方ないですが、「フライ専用区」と明記されていて、それをあっさりと現場の判断で裏切られるのは、つらいものがあります。

もし、募集要項に「フライ専用区」の明記がなかったら、応募しなかったと思います。
ルール通りに運営されていたら、何とも思わなかったと思いますが、こういう運営のされ方をすると、非常に残念でたまりません。一応、委員会の方へメールしてみました。

なんとか良くなって欲しいです。福島や北海道は、さすがに遠いですから。
[PR]

  by fly-kubota | 2004-11-16 23:56 | その他

放流しました

雲名 250kg
ガッサラ 200kg
ダム下 300kg
各ポイントに14時過ぎに放流されました。

雲名しか見ることが出来なかったのですが、小型と大型、半々ぐらいの割合。最大は70ぐらいだったと思います。
[PR]

  by fly-kubota | 2004-11-13 18:22 | 放流情報

本日の様子 11月13日

17時頃の雲名の様子は、水温11度、気温15度、はれ。
風は、午前中は上流から結構吹いていたが、午後からは、おだやかな天気となった。
濁りは、だいぶ回復してきています。ダム下より雲名のほうが、澄んでいます。
昨年より、だいぶ浅くなったと思います。
午前中はほとんどルアーマンでしたが、午後からはフライマンも増え、15名ぐらいは居たと思います。

お昼頃、かなりポカポカして、風も収まってライズがちょっとありました。明日の大会でだいぶ抜かれるとは思いますが、月曜以降で、こういう暖かい天気であったらライズの釣りが出来ると思います。

写真を撮るのを忘れて、帰り際に撮りました^^;
b0054622_18184184.jpg

[PR]

  by fly-kubota | 2004-11-13 18:19 | 本日の様子

本日の様子 11日12日

16時頃のダム下の様子は、水温12度、気温16度、はれ。
風は上流から、投げるのが辛いほど吹いていた。
濁りは、昨日の集中豪雨の悪い影響はなく、むしろ、かなり西川の流量が増え、右岸側はかなりいい状態になっていた。
水位は、10cmほど増水。

フライマンが3,4人。
ライズ、ハッチは、強風のため見あたらなかった。

2発の放水はほとんど止まっており、ガッサラに行ってみたが、流れがかなり昨年とは変わってしまっていた。鮎釣が面白そうである。

この様子なら、明日の放流は問題なく実施されると思います。来週の火、水あたりが面白そうです。
b0054622_19174870.jpg

[PR]

  by fly-kubota | 2004-11-12 19:18 | 本日の様子

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE