カテゴリ:海( 13 )

 

孫針とは?

シーズン終盤、デカトロキンメねらいは見事に中止としました。
台風きて、さらに釣果がどんどん悪化したため、行っても無駄と判断。
秋に延期することにしました。

んで、一応

浦川へ2日連続で行って酷い目にあったり、相方のリクエストで、堤防磯釣りとか、静浦へ堤防夜タチ行ったりとか行ってみましたが、いまいち・・・ 特に浦川の鮎には・・・もう鮎釣りやりたくないぐらい辛かった・・・

ぼちぼち、梅雨が明けそうですが、8月入れば大丈夫でしょ、と、お仲間と、1日にアカムツへ行くことに。

すでに、アカムツ仕掛はできてるんですが、結構バレる時はバレるらしい、とのことで、孫針が良いらしい、との情報が。
基本的に仕掛に余分なものは付けたくないのですが、孫針がなかなか効くらしいので、いろいろ考えてみました。

まずは、普通に、メインの針を結んで、その余りで少し小さい針を結ぶ。
確かにスタンダード。これぞ孫針。
しかし、タチウオ仕掛から考えると掛かりがいまいち。

タチウオ仕掛は、管付き針の2本で、完全フリーになってますから、ガンガン首振りで絡みまくり。鮎も掛かっちゃうんじゃないかと思うくらい。

では、メイン結んで、余りで管付き針を管がフリーになるノットで。
なかなか、よろしい。でも、なかなか手間。まー まだ時間があるから良いか。

さーて、これで行くか、と昨晩寝ました。はい。


今朝は、手長エビを釣りに。
ぼちぼち釣れて、満足して、帰ってくる道中、ふと、思いつきました。

歯のある魚は、カミカミして食うらしい。ヒラメとか、カマスとか。
シーバスとか、ニジマスなんかは、一息に吸う、または吸い付くような感じらしい。

ふむ。アカムツは?
前歯がある。結構鋭くて、やばい。でも、全体的には生えてない。
たしか、吸い込むというより、カミカミして食うらしい。

孫針で違和感を感じカミカミが終わったら、メインの針を食わず掛からず、ということになりかねない。
ヒラメでも、そういうことが多々あるらしい。
だから、孫針には餌を掛けずに、口の外に外掛かりさせる、と考える方が自然。

ふむ・・・ 鮎の掛けバリじゃないんだから、そんなにうまく掛かるものか?


だったら、メインの針をガッツリ食わせられないものなのか?


逆にすれば良いんではないかと。
つまり、孫針は上にして、餌をちょん掛け。んで、メインは、その下。
通常はペラペラ動く所にちょん掛け・・・

ようは、ボディ後端に針があるイントルーダーとか、ウォーディントンのような感じ。

通常の位置より下げられるから、深く食い込むんじゃないかと。

鮎のハリスの長さのように掛かり点の変更ができるかどうか、楽しみです。
[PR]

  by fly-kubota | 2012-07-15 23:40 |

近況。釣りに行ってません。でも・・・

どもども。お久しぶりです。
あまりにも、更新しなさ過ぎで、ちょっと寂しくなってきましたので、ちょっと書いてみます。


最近、釣りに行ってないです。


でも、いいんです。


つき合いが長い方々はご存じでしょうが、自分は、釣りに行っちゃうより、じーっと次の釣りの準備をするのが楽しくて楽しくて仕方ないのです。

だから、フライは次の釣行までに新しいフライを作ったりして準備が大変だからはまっているわけで。

いや、はまっていた、と言った方が正確かな・・・ 

いや、今でもやりますよ。はい。やりたいけど、なかなか。っね。



まー そんなこんなで・・・・



今、はまっているのは、ディープな深海釣り。
以前、アカムツが、と書きましたが、その続きであります。

以前書いたアカムツだと、多くても5本針の胴付き仕掛。

しかし、今、行きたいキンメとなると、ライトなものでも10本、通常は20本。
それを8セット。一投ごとに使い捨てなのです。

正確には、使い捨てにしてしまう、ということで、素早く枠に巻き変えれば再利用は可能といえば可能だそうです。通常は、糸と針は使い捨てて、オヤコサルカンは取り出して再利用と言う方が多いようです。中には、針も再利用される方もいるようです。

針にして、通常なら全部で160本、オヤコサルカンを介して行くわけですから、もちろん、それも160個。全部自分で結んでいくのです。


そりゃ~ 漁師みたいだな。


と思われると思いますが、まさにその通りなわけで、その準備たるや、なかなかのものでございます。
形はそっくりでも、今シーズンはまったワカサギの仕掛はミッジサイズ。
キンメはサーモンサイズとでも言いましょうか。
使用する針はムツ針ヒネリ無しの19号。ハリス16号75cm、幹糸30号150cm。
当然、使い捨てなので糸はナイロン。1m約1円の激安の糸です。

アイのある針ではありませんから、結構手間が掛かります。でも慣れれば、南方延縄結びでも、テレビを見ながら一晩で50本程度は結べます。なにせ大きくて太いですから。
南方延縄結びは、意外と難しいようで難しいことはなく、外掛けよりはるかに信頼性が高い結びだと思います。太いハリスですから、外掛けだけだと締め込みが結構大変なのです。これは、昨年のカツオの時に発見して、それ以来、練習してました。

そして、ハリスを接続するオヤコサルカン。これもでっかいですから、同じく簡単。
しかし、深海結びというシンプルな結びは、シンプル故の難しさがあります。
アイに結ぶやり方としてはかなり簡単で太い号数まで結べるのですが、最後の締め込みで、しっかりと余分をつめて締め込まないと、へろっと癖がつきます。
最初、これにとまどい、100本ほど結びなおして、コツをやっとつかみました。
あと、この結びの最大の特徴は、寸法キッチリにできること。これができないと、枠へ巻くときに酷いことになるのです。

深海掛け枠、枠ですが、ようは仕掛巻きで、投入時、スムーズに投入するための道具です。
この枠に仕掛を巻き込んで、乗船前にすべて餌付けを終わらせておくのです。
仕掛の長さがまちまちだと、枠に巻いていくと、どうしてもうまく巻けなかったり、巻くときに調整が必要だったりと、なかなか大変。そして、まだどうなるかはわからないですが、仕掛のバランスが悪いと絡んで釣りにならないことがあるようです。ですので、キッチリ、各寸法、公差数センチ以内で仕上げる必要があるのです。


おいおい。そりゃ 漁師だな。


そうです。こんだけの針数だとなにか起こると、えらいことになるのです。
餌付けも、しっかり真ん中に刺す必要もあるわけで、そーなると、ちまちまと船の上で付けるわけにはいかないのです。
自分の場合、そんなことを船の上でやったら、すぐにマーライオンです。

そんなこんなで、こんだけ手間掛けて、どんだけ釣れるの?と思われると思いますが、20本針に全部キンメが付いてくるときもあるようで、下手すると2,3投で、50Lのクーラー満タン、早上がり、ということもあるそうです。


すげえ そんだけ釣れれば漁師だ。


でしょ。まさに、漁師。
でも、当然、釣れないときもある・・・・

その準備する時間が楽しいわけですから。いいんじゃないんでしょうか。

と、結構、手間、時間以外に、なかなかお金も掛かりますから、割り切れるかどうかは、なんとも言い難いかも・・・

釣行の具体的な日程は決まってません。でも、たぶん、遅くとも、6月頃でしょう。




アカムツに行っちゃった時点で、終わってました。いや、始まってしまいました。

やってはいけない釣りは、鮎釣りだけだと思ってましたが、ほかにもありました。

たぶん、磯釣りもやばいんでしょうけど、近くに磯が無かったのはラッキーでした。

流砂促進が無い年とはいえ、天竜が良くなる保証は無いわけですが、いちおう、鮎も準備しておきたいですね。その前に、後一週間で解禁するサツキも行かないと。こっちは、昨年、準備やっておきましたから、行くだけであります。行かないと、タイイングのアイディアは出てこないので。

あー そーだ。深海ばけも、作りたいなー

ってなわけで。また。
[PR]

  by fly-kubota | 2012-02-22 00:38 |

たちうおの反省。

一言で言えば

「寝なきゃ駄目。」




当たり前です。タダでさえ船に弱いのに、日中仕事して、そのまんま、ろくに眠らず出かければ、そりゃ酔うでしょ。
普通。

でも、馬鹿だから「あー なんかたぶん、大丈夫。ちょっと厳しいかも」と、この自信。

凄いですね。

ちょっと船釣りにハマって勢いついちゃって、あんだけ酷く酔ってたのに忘れちゃうんですから。



と、激しく反省したくなるくらい、久しぶりにマーライオンとなりました。はい。



さてさて、船長のお寝坊から始まった今回の釣行。

集合時間早々に、おじさまたちは準備万端。集合時間すぎても、動じない。さすが、おじさまたちです。
寝坊した船長に訳を聞くこともなく、ふつーに始まりました。

今回、お世話になった吉田港 恵漁丸さん。
駿河湾ウタレのタチウオでは、超有名の船宿さんです。
別船乗船のおじさまが「おお 恵漁かい。恵漁は釣らせるからいいよ~」と言っておられました。

自分は初めて見ましたが、ロッドクランプ用に普通の船縁から手すりのように板が出ていて、手持ちで立って居ても安心。
置き竿でも穂先が見やすい高い位置で、さすがです。
今回も、釣り座は後ろ。オオドモで。

出港して、すぐにおじさまたち、仕掛けを天秤に付けて、餌まで付け始めました。
ありゃ?そんなことしたら、絡むのに。と見ていたら、すぐにポイント到着。30分も走らないうちに到着しました。通りでおじさまたち急ぐわけです。
それにしても、結構な波。でも、なんか、変な船がよじれるような揺れ・・・

あとからわかったのですが、ここらへんは、東よりの風が吹くと、なかなか波が高くなり、このような複雑な波になるようです。

やばいなあ、まー 干し梅もあるし、なんとかなるだろ。

と、この時点では思ってました。はい。


で、仕掛け投入。30~20で探ってみて、とのこと。
とりあえず、33ぐらいまで落として、速度一定モードに切り替えて、3で巻き上げます。

すぐに、こまかいアタリが!!そのままゆっくり竿を誘い上げます。グイーーンと引き込まれます。
おお 掛かった!! 電動のレバーであわせを入れてそのまま巻き上げ、すぐにロッドキーパーへ。
うっしっし やった~

と取り込むと、ちょっと細め2本半ぐらいのたちうおっ
ぐいっと鯖折りしてクーラーへ。餌をつけてすぐ投入。

またすぐにアタリ!!こりゃ良い~
長竿の置き竿でゆっくり楽しむおじさまたちもつり上げます。

順調に釣れるかと思いきや、仕掛けがトラブルとらぶる。
二本針の首振り二本針ですから、ちょっとしたことろに掛かっちゃう訳で。
マグネットとか一時針を止めておくものを持っていれば楽だったかもです。

とにかく入れ食い。こういうときこそ、そろそろ試さなければ、とあわせや誘いをいろいろ試してみました。
仕掛けは、1本針の首振り1針、2本針の首振り1本針も。
トラブルは減りましたいまいちなので、すぐに戻しました。

しかし、仕掛け交換で、一気に気分が・・・

しんどくなってきたので、置き竿でやってみたり、と頑張ったのですが、ついに4時頃、ダウン。
ちょっと休めば復活するだろ、と思って横になったのですが、やはり無理でした・・・

いいかな?と起きてみたら、とたんに吐き気が・・・ シャー
うー 駄目だ。

で、また起きてみたら、ああ うう シャー

思い出しただけで、ちょっと気分悪くなってきました・・・・・



てなわけで、終了となったわけでした。
船長、やさしい方で、酔っぱらう前も、釣れてる?アタリある?と声掛けてくださいました。ほかのお客様にも丁寧に声掛けてました。酔っぱらった後も、あらら酔っぱらったかい? 大丈夫?と気に掛けてくれました。
次回もお世話になりたいですねぇ。

今回は、竿がとりあえず仕様で硬めだったので、結構あたっても食い込みまでが長く、食い込んでもモタレのアタリとか、微妙なものがわかりませんでした。次回は、新規に作成した竿で再挑戦予定です。

一番の難点は仕掛け。
2本針、首振り二本針仕様で、ワイヤーはタコから出ないのですが、これば問題なし。ただ、孫針のワイヤーが結構な勢いでぼろぼろになったので、通常の指4本を中心とした釣果となると、結構やばそうです。ここはステン線でウォーディントンシャンクと、スイベルを使って作るようにしたほうが良いかもです。

あとは、上針、ドロッパー側のちょうど針が下針、リード側のハリスに当たるところで2回ほど切られました。
かみそりでも使ったかのように、斜めに削いで切られてました。ドロッパー側に食った魚の歯で切れたようです。
これも何とかしないとダブルで効率よく数がのびないばかりか、仕掛けロストはきついものがあります。

タコベイトがなかなか高いですから、蛍光ゴム管とメルティヘアとかEPファイバーあたりでごまかせたらいいなぁ、と思いますが、手間とコスト、どっちを取るか天秤に掛けたいところです。

さてさて、とりあえず、竿を作らねば~
[PR]

  by fly-kubota | 2011-10-31 00:08 |

カツオ釣り。

起床1時半・・・ 朝と言うより夜中。
なにせ、用宗港、出船4時ですから。
無事、30分前に到着。隣りにどうやら、一緒に乗船するらしき、おじさまが。
興英ですか?と聞かれ、はい、とすかさず答えました。

今回、初めてのカツオ釣り、初めての船、心細いわけです。すかさず答えて情報収集。
興英丸は、前日は荒れて出船キャンセル、その前は2日間スルメに出船。
このおじさま、なんと、かなりの頻度でカツオ釣りに出かけているようで、2,3日前にも他船に乗船、でも、かなり厳しかったとのこと・・・

たしかに釣果情報を見てると、カツオ0~2匹。一時期は3~10匹でしたから、えらく厳しいわけで・・・

まー 天気が悪いから、うねりというか、波も高そうだし、一匹釣れれば満足かなぁ・・・

そんな、ちょっと沈んだ気持ちで乗り込んだ訳でした。


港を出て、静岡市内の夜景がなかなか綺麗でした。しかし、なかなかのうねり。やばい・・・ すかさず干し梅を食べます。
そんなこんなで、気持ち悪さをこらえていたら、すぐにうっすらと明けはじめ、切り立った山が見えてきました。
伊豆です。戸田、土肥近辺らしいです。1時間半のクルージングでした。

はーい、準備してねー と、合図でオオドモからドウノマの釣り座へ移動。


b0054622_16215724.jpg


!!!!! 大船団です。
沼津や清水、田子の浦、伊豆など、駿河湾のカツオねらいの船大集結です。

b0054622_16225529.jpg


はーい やってー

初投入。わくわくです。でも、やはり、ほかの船も釣れていない。
んー やっぱり、こんなもんかなぁ、と思っていると、

はい、あげてー

え はやっ もう上げるの?? と思ったら全開で移動、んで、急停止。

はい やってー にじゅーっ

事前に調べては居ましたが、こんなに早く移動するとは・・・ 
でも、逆にこれで投入の練習ができました。

しかし、釣れない・・・ 隣のおじさま、というか、おじいさんに近い方が、チビカツオゲットです。
たしか、もうこのときには、8時頃だったような。

こりゃ釣れないな、とあきらめムード漂う中、ちょっと大きく移動。

船室から漏れてくる無線で、こっちの群は反応が違うな、いいぞ、掛かったぞ、と声が。
と、そのとき、隣のおじいさまが!! 掛けました。
おーおーおー すげえ こんなに引くのかと、よそ見してたら、はい あげてー の声。
やっぱりベテランさんは違うなぁ~なんて思いながら、巻き上げると、んんん なんか竿が引き込まれる。

かかった!!! 船長も、ああ ちょっとまった そのまま やってー

フルロック、といっても渾身の力は込めず、普通に締めておいたドラグが適度に出ます。ほほー なかなか。
あっという間に、ピーっと残り1メートルで止まります。手巻きでいっぱいまで巻いて、竿を起こして、、
ああああああ 走り回るー 天秤がー 右手グローブしてないしー わー たいへん
もたもたしていたので船長が助けてくれます。タモタモタモタモと連呼されたので、あわててすくいます。
あああ 後ろからじゃ あああ 駄目駄目駄目 ああ はいった いいか よしよしよし、ともう大変。

でも、ゲット。訳が分からないうちに一匹目。頭を木槌でたたいて、はい完了。クーラーへ投入です。
血抜きして、というのもありますが、生暖かい海水につけるより、すぐに冷却したほうが良いと思いまして。

その後も、全開移動、逆転停止 はいやってー ちょっと経って反応無ければ、はい あげてー 全開の繰り返し。
黒煙吹いて、一斉に移動する船。ものすごい光景です。よく事故が起きないもんです。

それにしても、となりのおじいさま、ぼちぼち掛けてます。時々、自分と、おまつりしちゃいます。
この釣り、おまつりは付き物ですね。揚がってくる魚は、だいたい大きな円を描きながら揚がってきます。んで、最後にひと暴れするもんだから、無理もないです。
船長は船内を走り回って、魚の取り込み、タモ、おまつりほどき、と、わいわい、というより、やいやいやい、と親切にやってくれます。

あと、バレも結構あります。最後の取り込みで針だけ飛んできたりも。

で、自分は、今度こそ、と、毎回やっていると、キター
今度は、前当たりから、食い込み、電動フルパワーアワセが決まります。ギューーーンと電動リールが唸りを上げます。
さすがムテキ、よしよし、とやっと魂が入りましたです。竿も余裕のパワーです。
自分で取り込もうとしたのですが、やはりタモいれがうまくいかず、しもかおまつりで、大変大変。
でも、なんとかゲットです。さっきより一回りでかい。
なんか良い感じてす。周りの船も釣れてるし、自分たちの船も釣れてます。
これはもう一匹いけるぞー うっしっし。

が、そんなに甘く無く、長続きしない。また全開移動、はいやって、はいあげてーの繰り返し・・・

んー 2枚目のオキアミも少なくなってきたし、終わりかなー と、たしか、ここら辺で10時。

ところが、こっからが大変。

となりのおじいさま、今までのとは違う引き。一気に糸が引き出されていきます!!!!
船長が付きっきりでアドバイスして、何とかゲット。キメジです。けっこうでかい。

これはやばい、気を付けなきゃ。と投入して、シャクッて、おじいさまのほうを見て、ふと、自分の竿を見ると、ギューンと勝手に電動巻き上げしてる?? はぁ??
んなわけがない、とよく見ると、竿がものすごい力で真下へ引き込まれています、あああ とパワーレバーを入れ直して全開で巻き上げます。
全然動かない・・・・ ううううう とムテキが苦戦してます。
と、次の瞬間に、一気にテンションが抜けます。バレたーと船長に言うと、船長、まだまだまだ 巻いて巻いてと。
おお ついてるついてる。あと、5m。もう少し。
が 次の瞬間、問答無用の力で、今度は竿が伸される方向へ引かれます。ドラグを渾身の力で増し締めしてみました。
まったく関係なし。電動フルパワーのはずなのに、なんの制御もできず、あっという間にカウンターは47mの数字・・・
と、次の瞬間、巻けるようになった・・・ バレた・・・・
チェックしてみると、針から10cmぐらいのところで切れていました。ナイロン30号が。
でかかったなー と船長。

やっちゃいました・・・・ ハリス交換しとけばよかった。
隣のおじいさまは、たぶん、一匹ごとに交換していた様子。頻繁に仕掛けをゴチョゴチョしてました。

その後はすぐにコマセが終了して、11時頃、釣り終了。コマセのペースが速すぎました。詰めすぎていたようです。
みんなの釣りを見学して過ごしました。結局12時に、沖上がりとなりました。

b0054622_1624492.jpg



やっぱり、極太仕掛けは、オーバースペックではなかったようです。食い渋りには、フロロ20号が良い、と聞き前日探しましたが

見つかりませんでした。でも、もし、これを使っていたら、どうなったんでしょうか。
いずれにせよ、仕掛けはたくさん持っていって、どんどん交換していたほうが良さそうです。
道糸は、10号でしょう。おまつりは当たり前ですから、ちょっとでも太い方が良いです。

あと、ハワイアンフック。これがなかなか大変。手に刺さらないのは良いんですが、素早く取り外すのがちょっと大変。
これはなにか別の良いものがあれば交換したいところです。

付け餌は、別に持っていかなかったのですが、やっぱり、コマセから探すのは面倒なので、持っていったほうが楽ですね。マダイの時もそうでした。次の投入まで時間があるマダイや、まきこぼしは、探す時間がありますが、今回のように投入しまくりなので、もっていって別に管理した方が良さそうです。特船オキアミは使いませんでした。

船長に聞くと、寒くなるまで釣れる年もある、とのこと。まだまだ行けるようです。
さすがに、また行くとなると大変なので、一応、今年のカツオ釣りは終了。

ぼちぼちタチかカワハギの準備をせねば・・・大鮎は無理そうだし・・・
んでは。またー
[PR]

  by fly-kubota | 2011-08-20 22:59 |

ああ 愛しのカツオちゃん

これまたひょんなことから、かつお釣りに行くことに。
というのも、前々からカツオ釣りに行きたい、と思ってました。しかし、まさか、今年行くとは思っても居なかったのでした。
前回の通り、アカムツ~萌えっとアカムツ用の竿を製作していたら「このスペックならカツオばっちりだ」と助言をいただき、んじゃ、行きますか、と計画したのは、8月頭。
しかし、予約を入れた船が前日になって、ラヂエターが壊れたとのことで出船中止(-"-;)
寸止めにされた状態で、やっと都合が付きそうな20日に今度は予約を入れたのでした。

PE10号、ハリス30号と、嘘みたいな道具立て。ハリス30号って、100ポンドですよ。
1種のリーダーのバットですよ。まじで。

別にフライのときのように30ポンドぐらいのティペットでも獲れるはずなんですが、エサの場合、同時に何人か掛かりますから、オマツリしまくりのようで、それを回避、いや、オマツリを解除しやすくするための道具立てのようです。裏本命のメジマグロに対して、ということもあるようですが。

ロッドキーパーからはずしちゃ駄目、そのまんま、躊躇せず、ドラグフルロック、電動フルパワーで巻いちゃえ、という、なんとも容赦ない釣りですが、そのあとのことを考えると、別に魚の引きはどうでもいいかな、と思ったり・・・

で、その後のことを調べていると、衝撃的な動画発見。久しぶりに感動して大爆笑しました。
http://www.youtube.com/watch?v=gvaVsnO8JiQ

これくらいしないと、間に合わないくらい釣れればよいのですが・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2011-08-15 00:55 |

ディープな釣り、で、竿作り。

ひょんなことから、アカムツ釣りに行ってきました。6月の頭。そう、ダイワの大会の直前でした。

春のマダイ釣りから、んー やっぱり船は楽しい、と思っていたので、船釣り行きたいな~、と漠然と思っていたわけですが、いきなり、中深海、水深300mは、ちと敷居が高い・・・

迷いましたが、道具は何とかなるとのことで、行ったのでした。
胴付仕掛けで、20本とか、30本針、しかも、仕掛けは使い捨て、んでもって、投入を失敗すると、30分ぐらい、次の投入まで休憩、、、なんて、釣りは無理無理。酔っ払うのがオチだ、と思ってましたが、ところがどっこい、最近流行のアカムツ釣りは、3~5本の胴付で、最初の投入は順番だけど、再投入は自由、と結構普通の船釣りに近い。

しかも、アカムツ以外の外道が結構おいしい、と。
一気にやる気が出て、仕掛けも自作して行ったのでした。

新居のわし丸さんにお世話になりました。

遠州灘は、苦い思い出が・・・何度もマーライオンになりました。
まさか、また・・・悪い予感が頭をよぎりましたが振り払って出船。
結構波は低いものの、なんかうねりが高いような・・・

ちょっと投入はビビりましたが、すぐに慣れました。
最初、底トントンが分らず、しかも、釣れず・・・・  ああ 気持ち悪い・・・

ウエッとえづいて、死にそうになりながら、必死に底トントンを探してリールを操作・・・

と、アタリ!!!!

結構引っ張ります。誰かが「おい 寝るな」と引っ張ったかのようなグイグイグイと。
恐る恐る中速で巻き上げます。

ここからが長い・・・
時折、ぐいぐいと、引っ張るので、もう、ドキドキです。

赤いのが見えた!!やったー 本命ゲットです。
その後も、沖メバル、カサゴ、ドンコ、チョウセンバカマをゲット。

サバもなぜかゲット。高速で落下する仕掛けなのに、表層に居るサバが食ってしまったのでした。

なんとか半分酔っ払いながら、釣ることができて大満足。

帰宅して、まずは外道から食べてみました。
と、いうのも、アカムツは、ちょっと置いたほうがおいしいとのことで、翌日に。
捌いたあらを煮付けにしてみましたが、なかなかよろしい。キンメのような濃厚さは無いですが、なかなかの油。カサゴもとろっとろ。

チョウセンバカマは、船長曰く、食べたことは無いけど、食べれるよ、と、意味深げのお言葉でしたが、いやいや、なかなかよろしい。ただ、相方曰く、焼いてるときの匂いが独特でやっかいだったらしいです。
強めの塩で食べましたが、これまた油乗りまくりでよかったです。

アカムツは、さっと皮を焼いて、刺身で。わさび醤油だと、ちょっと油が強すぎる。でも、うまい。
お寿司にするといい、と聞いていたので、もしや、と思いポン酢で食べてみると、大正解。病み付きに成る味でした。

と、いうわけで、思い切り、アカムツ釣りにハマってしまいました・・・
釣り自体の楽しみは、あんまりですが、仕掛けを事前に作成したり、エサを用意したり、と結構めんどくさいので、そういう楽しさはなかなかです。最大の楽しみは、外道も含め、食べる楽しみでしょう。これが一番です。
外道でもワクワクするって釣りはなかなか無いと思います。


そんなこんなで、今、竿を製作中。
せっかくの2連休、九頭竜にでも、と思ってましたが、いやはや、どうも良くない。近くの河川も同様。
これで心置きなく竿作りが、と、丁度良いといえば、いいんでしょうが、暑さがほんとたまらんです。
まずは、グラスソリッドにラメの入ったスレッドを巻いて、エポキシでコーティングして、表面を平らに仕上げるのですが、このコーティング後の研磨がなかなか(-"-;)
もうあらかじめコーティングはやっておいたので、一日目で仕上げて、二日目は浦川の大鮎を求めて瀬釣りにでもいこうかと思ってましたが、なんだか削りすぎたようで・・・・

デコボコのコーティングを研磨して平らにして、またコーティングして、とやっているうちに、どうも予想よりコーティングが薄くなってしまったようです。

明日も竿作りします。早くしないと、夏のアカムツシーズンが終わっちゃいますから。
んでは、また。
[PR]

  by fly-kubota | 2011-07-17 01:41 |

行ってきましたよ。まきこぼし。

行ってきました。まきこぼし。

あいにくの曇り時々雨の天候で、結構風の強い一日でした。
親切に船宿の主人さんが、初めて、ということで、係留できるブイまで連れて行ってくれました。
難なく準備して、こんなもんかな?と、考えながら投入。
10投目ぐらいで、いきなりアタリ。前触れもなくいきなりだったので、喜ぶというより、びっくり。
ククッと穂先が吸い込まれましたが、たいした引きではなく、あがって来たのも手のひらいっぱいぐらいのチャリコ。

今回使用した竿は、自作のBグラスの竿がまだ完成してないので、たまたま見つけたテトラの穴釣りやボートで使えるグラスソリッドの160cmの竿を使ってみました。さして、穂先は細くないので、少々硬いかな、と思いましたが、意外といい感じ。

次も投入して今度はすぐにアタリ。今度はククーッと穂先が吸い込まれ、結構良い引き。が、さっきと同じく、すぐに引きが収まって、あがってきたのは手のひらいっぱいよりちょっと大きいチャリコ。

棚は、水深27mに対して、25m。
立て続けにきたので、これは、と思いましたが、それっきり反応無し・・・・

相方はサビキで小アジは順調ですが、カワハギのほうは餌も取られないほど渋々の状態なので、とりあえず、休憩のため、一旦船着場へ。
意外と風に流されて大変。着岸も大変大変。
一息入れて、再度ブイへ。今度は自力で行かねば。風で流される流される。
ブイのロープがなかなかつかめず、手間取りました。ロープを拾う引っかき棒が欲しいです。

投入、プレートが解けて、そのまま待ち、という風にやってましたが、ここからは、糸を送ってみました。
いろいろ試していると、結構な勢いで穂先が吸い込まれる!! でもさっきと引き方が違うので、もしや違う魚か?と思っていると、手のひらジャストのサンバソウ。結構底まで行ってるんでしょうか?

サンバソウでも、イシダイ、イシダイ、塩焼きだーと喜んでいたら、サビキで釣った小あじを付けてほっておいた磯竿がいつの間にか、とんでもなく曲がっている!!
竿尻に乗っけておいた重石を取って竿を持つと、そのまま、のされる!!
なんじゃこりゃ、潜水艦にでも引っかかったか??と思うほど。ゆっくりドラグが出て行きます。
竿を何とか起こして巻きますが、全然なんともならない。走らないし、首も振らない。
グーーっとテンションを掛けて起こしたら、ゆっくりグッグッグと手ごたえがあります。
でかい。これはでかい。と思っていると、すーっとテンションが軽くなる・・・・
3号ハリスがブチ切られてました。んー なんか、ヒラメというより、エイっぽいような・・・
しかし、とにかく強烈でした・・・
まさか、ほんとに来るとは。次回からは、しっかりと泳がせの道具も用意しておきたいところです。

相方のサビキはあいかわらず順調。
でも、カワハギは不調。餌が取られないので、そのまま置き竿にしてると、忘れたころにアタリがあるけど、なかなか掛からない。偶然一匹だけ掛かっただけ。一気に冷え込んだせいか、非常に厳しかったです。

まきこぼしの釣果は、チャリコ二匹、サンバソウ一匹、最後に遊びで棚をあげて釣った小あじ2匹のみ。
でも、初めてで、いろいろ試しながらのこの釣果なので、ちょっぴり満足。

でも、いろいろ問題点が浮かんできました。
意外と手返しというか、投入の手間がかかります。結局、一日で投入した回数は35回ぐらいなのです。
投入して、コマセと同調して自然に流す、という感じなんでしょうが、いまいちどこまで待っていいやらわからないのです。
ただ、反応がいい場合は、すぐにアタリがあるので、さほど待たなくてもいいのかな、と思ってます。
トンっと一発だけのアタリが何回かありましたが、やはり穂先が硬かったから、そういうアタリになったのかも、と思いますので、早いとこ自作の竿を仕上げたいところです。
そーいえば、手繰るときにスイベルを穂先から出し忘れて、ハリスのヨレで竿に絡まってしまうことが何回かありました。自作のほうは、MNSTとLBDですから、こういうことも少なくなると思います。

コマセは、アミエビ1kg、オキアミ1kgで、付け餌もコマセの中からいいのを拾ってつけてみました。
しかし、意外と付け餌を探す手間が掛かるので、次からは別に用意したほうがよさそうです。
コマセも後半足りなくなったので、アミエビの割合を増やして見ようかと思います。

ハリスは先にも書きましたが4号も用意したほうがよさそうです。
たぶんあれはエイだと思いますが、バケモノがいつ来るかわかりません。
いずれば、道糸も6号にしたほうがいいのかもしれません。

あと、ロッドホルダー。
引っ掛けるだけのタイプだと、手繰るときに動いたり、危うくロッドホルダーから外れそうになりました。
気をつければいいのですが、いつかは水没させそうなので、ワンタッチで固定するストッパーの付いたタイプが欲しいところです。

ロッドの長さは、確かに穂先のトラブルとかを考えると短いほうがいいですが、絡まる確立を減らすようガイドなどで工夫すれば、極端に短くする必要は無いと感じました。むしろ、でかいのも確実に取る、ということを考えれば、すこしばかり長くてもいいのかなと思います。
穂先から糸を手繰りますが、あらかじめ穂先から引っ張って投入後すぐ手繰れるようにしておけば問題ないと感じました。

さてさて、次回が楽しみです~
[PR]

  by fly-kubota | 2010-11-19 00:35 |

まきこぼし、着々進行中。

着々と準備進んでます。まきこぼし。

ブランクは、やはり、予想通り、Bグラスですから、ハリのあるいい感じですが、やはり、穂先が硬く感じました。
とりあえず、そのままだと繊維がチクチクするので、蛍光オレンジに塗装して、先端を研磨して、1mmまで削り込んでみました。
しかし、先端しか削らなかったので、カセ竿のような妙な先調子になってしまいました。
まぁ とりあえず、1本目ですから、ぼちぼちやってみます。
今は、先端だけグラスの地の白で、元は蛍光オレンジ、仕上げ塗装の最中です。

で、ガイドですが、問題のスイベルの10号って結構小さいのですね。
スイベルではなくてヨリモドシだと、10号だとかなりの大きさですが、これと勘違いしてましたです。
問題なく、富士ガイドの6は通りますが、5.5でも、5でも行けそうです。でも、5は、かなりギリギリ。
やはり、6、でしょう。心配するほど、がらんがらんする感じも無いような・・・

トップは、サイズの問題から、MNSTの6で。できれば、クロームの1.2が手に入れば、それが一番なんですが。
あとは、予定通りLDBを4~5個と、バット方面のガイドは、んー ローライダーとか、LNSGにしたいところですが、まぁ とりあえず、スイベルのこともあるので、ボンガイド、NOGで良いでしょ。PEじゃないし。

グリップ回りは、意外とバットは強いので、ブランクはそのまま、シートまでカーボンパイプをかぶせて、シートをつける予定です。
ブランクをカットして、フェルールを作ってグリップと別にしたいところですが、あとでも、加工はできるので、これまた、とりあえず、という感じです。

リールは、シマノのSLS小船の800。もちろん、スイベルが通過できるレベルワインダーです。
それにバス用のフロロライン20lbを巻いてみました。
少々びっくりしたのは、150mだと、意外とフロロの糸が無いのです。船ハリスならありますが、さすがにあれでは硬すぎるので、シーガーのフカセ用のラインにしようかとも考えましたが、高いのでやめました。どうせ消耗品です。

ハリスは、丁度安売りしていたので、シーガーのグランドマックスFX3号。
ハリは、オーナー閂マダイX8号と速攻グレX7号。
この二つは弱気です(笑) なんでも来い仕様です。
でかいのに飲まれたら一発で切れるでしょうけど。なんか細工してハリス切れを防ぐ結び方があったような・・・

あ あと、ローインパクトプレートも入手できました。
丁度大きさが、はんぺんが四角くなったみたいです。はい。

さ~ だいぶそろってきました。わくわくしてきましたよ~
[PR]

  by fly-kubota | 2010-11-12 22:42 |

タグ打ち、お疲れさまでした。そして、ガイド選定。

タグ打ち、みなさまお疲れ様でした。
放流の全数のタグ打ち、これは、すごい事だと思います。
これで、他の河川へ遡っている、とか、港でウジャウジャいた、というサツキの正体がわかる手がかりに少なからずなるのではないかと思います。
おおまかに1万尾ですから、帰ってくるのが一割としても、1000匹。釣り人に釣られるのが、その一割としても100匹・・・
自分が掛けられる確立は・・・・ まぁ 無理でしょう。たぶん。

正直、タグが打たれた立派になった魚の写真をとにかく見たいです。
どうか、誰か釣ってください(爆)


さて、久しぶりに釣りの話はこれくらいにして、漁、です。まきこぼし。

竿の部品をいろいろ見てますが、まずはガイド。
いろいろ調べてみると、スイベルのサイズは9号とか、10号らしいです。ほんとにこれがサイズ6に通るか心配です。
4号ハリスは細い部類に入るようなので、それ相応のスイベルにしなきゃならんとは思いますが。現物でチェックしてみるしかなさそうです。
ただ、負荷を掛けた状態で、SICリングにスイベルがガラガラ通るのはゾッとします。スイベルを、熱収縮チューブとかでカバーしたほうが良いとは思います。

もうひとつは、トップガイド。
先径が1mmぐらいまで削りこむことを考えると、MNSTで6だと、1.2mmが最小なので、少し径をあわせる必要があるかな、と。普通なら5なんでしょうけど・・・
ここでも、スイベルがとにかく厄介なわけで・・・

あとは、竿の長さ。
投入のとき、ある程度、竿から手で糸を出して送り出しをするわけですが、ブランクそのままの1600mmでなら問題無しですが、普通はフェルール付きのシートをつけて、グリップは別のパーツで組みます。
だから、実際には、グリップの分、長くなるわけで。
ブランク径7mmのところに、いや、もっと細いところにリールシートをつけるのは、ちと、怖い。
なにせ、ハリス4号をぶち切るなんて・・・ 
まあ、現物に負荷を掛けて、どういう曲がり方をするかで決めるしかなさそうです。

リールも探さなければ・・・ カウンター無しでも、やれないことはなさそうなので、あるものでなんとかできれば、そうしていところです。

んでは。また~
[PR]

  by fly-kubota | 2010-11-03 23:35 |

まきこぼし。釣り、じゃくて、漁。

さて、ご無沙汰です。職人さんに催促されたので書きますよ(爆)

散々だった鮎はほぼ終了ですね。
藁科はまだいけるらしいですが、もう寒いので行く気にもなりません。

昨晩の大雨で、佐久間のゲートが開いたそうですから、今日からオープンの天竜川C&Rもいやはや・・・
なので、まだエリア券買って無かったりしてます。しばらくは様子を見ようかと。

カワハギ釣り、釣ってちょっと楽しい食って美味しいので、結構ハマってますが、いよいよ船に乗ってみようかと考えてます。
しかーし、意外と高いのは船代。ここら辺は8000円前後の相場なんです。
だったら、カワハギ買った方が安い、なんて思っちゃう訳です。
あくまでも釣り、というより、漁だったりします。

で、以前より、釣ってみたいと思っていたマダイ。それもついでになんとかしたい。

むむーーー
酔っ払いにならない海で、低料金で、マダイもカワハギも釣れる所、ついでにアジも、とにかくおいしいものが釣れる所・・・

いろいろ考えていたら、沼津のボートでの竿撒きこぼし釣りにたどり着きました。
ここみたいな内海で揺れが少ない場所で、ボートなら、相方を連れていっても管釣り一日券程度の料金で大丈夫。
んでもって、カワハギも外道で釣れちゃうし、アジも結構釣れるらしい。

でも、問題は・・・・・


竿撒きこぼしって何ですか???(爆)

とりあえず、ネットで調べてみました。
釣り方は、ローインパクトプレートという砂の板に、オキアミをつけた針を置き、そこへハリスを巻き巻き。
そのときにコマセのアミコマセも一緒に巻き巻き。
できたら投入。あらかじめ設定した棚まで一気に落として、その棚でハリスが解けて、コマセも撒かれて、砂の板はそのまま底へさようなら。
針は設定の棚へ馴染んで、そこからコマセと同調させて糸を送って、当たったらフケ取ってアワせる、で釣れちゃう、という感じらしいです。

似たものといえば、手でやるまきこぼし漁。そして、竿を軸に考えると黒鯛の団子のカセ釣りに似たような感じですので、穂先が結構大切の様な気もします。
が、カセ竿では、マダイとか、時には青物も来るらしいですから耐えられそうにありません。

ですので、竿は、グラマープロダクツの専用竿があるそうで、結構高いらしい・・・・ 却下です。あくまでもですから。

自作するようにしました。
とりあえず会社の沼津のお仲間に聞いたところ、Bグラスの1600mm、元径7mm、先径1.2mmで先端を削りだして調子を出すしかなさそうです。
そして、ガイドは、スイベルが通るぐらいのサイズ6を使用するようです。
トップは、富士のMNST、先のほうはLDBで。
道糸は、フロロの4~6号を使うので、別に傾斜タイプでなくても良いような気がしますが、とりあえず。

仕掛けは、道糸の先にスイベルをつけて、ハリス3~5号を巻き巻きする分の長さ付けるようです。針はマダイ用の針。

と、とりあえず、ここまでわかりました。
またブランクが来てパーツが決まったら書きますよ~
[PR]

  by fly-kubota | 2010-11-01 23:24 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE