カテゴリ:スペイ( 49 )

 

アングラーズの認定書。

JCAアングラーズクラス資格認定制度、申請してみました。
スペイ16ftクラスは、残念ながら数センチ足りず、エキスパートを認定して貰いました。

今年のいい宿題ですねぇ。18ばっかりじゃなくて、16ftクラスも頑張らねば。
特別にアングラーズ用に仕立てたラインじゃなくて、釣り用で何とかならないかなぁ・・・
意外と、40mって結構大変ですよ。まじで。

綺麗でかっちょいい認定証。写真撮ってて額に入れたくなってきました(^^)
b0054622_131938.jpg

[PR]

  by fly-kubota | 2008-01-29 13:22 | スペイ

ロッドの曲がる感覚が掴めない・・・

日曜の練習会で、いつもの組み合わせ、1710と改造ラインがいまいちうまく振れなかったのです。なんか、シュートでラインが載らない・・・ なんかヤバイ感じ・・・

冷たい雨の中の練習を避けて、昨日は練習無し。今日は、珍しく夕方に行ってきました。
今日は夕方にしては風もなく、仕事も丁度良くキリになったのでした。いや、キリにしたのです。

実は、先週はずっと、TSR DSP 146910 14.6ft 9/10番で、CND GPS 9/10を載せて練習してました。というのも、角度変換のための練習です。
どうしても重いと思い通りにロッドが動かせないので、こういう練習をしてみました。
おかげで少しは角度変換するための修正しなければならないところはわかり始めていたのですが、1週間振らなくなっただけで、日曜日、いつもの1710が重く感じたわけでした・・・

そして、今日、振ってみました。
もう一つ気になる新しいランニングラインを元に戻して。

結果、確かに重い。タイミングがずれているようで、余分なストロークが欲しい。しかし、慣れてくると、日曜のようにヘロヘロなシュートではない少しは力強いループが出る・・・

ランニングです。ランニングラインが違うのです。抵抗のなさすぎる性能のいいランニングだと、ループがほどけないのです。
しかし、今日のランニングは、インターミディエイトのライニング。後半で抵抗が強くなって、早めに開いてしまう傾向がありますが、日曜よりはマシです。
と、書いては見たけれど、ほんとに、ランニングラインが悪いのか、どうなのか、ぶっちゃけ分かりません^^; 同時に同条件でテストした訳じゃないですから・・・ でもなぁ~^^;

投げ方も、どうしてもラフに左手が動きすぎる感じ。意識して動きを規制、調整すると、とたんにループが違ってきます。動かせない左手が動くようになって、今度は動き過ぎとは・・・(-"-;)
それにしても、シュート時に左手にも右手にも、ラインが載っている感覚がハッキリと感じられないのです(T_T) 参りました。

まー ぼちぼちやっていきますかねぇ。
このラインを入手して1ヶ月過ぎました。確かに楽に振れるようになったけど、さほど進化してないです・・・ 50mの壁は厚いです・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2008-01-22 22:21 | スペイ

練習会と気田川偵察。

日曜日はスペイの練習して、その後、気田川へ偵察に行ってきました。
練習のほうは、和気あいあいと、アドバイスしたりされたり、ロッドやラインをいろいろ試したりと楽しくできました。
次回は、またみんなの都合を聞いて日時を決めたいと思います~(^^)


で、その後、気田川へ。
雲名から登っていきます。一番気になる松間を目指して。
途中、中島へ寄り道。ここのへでもないポイントは、さほど変化無し。でも、とにかく水か少ない・・・ これじゃ、でっかいのは刺してきそうにない・・・

そして、松間。
道から撮影。橋の下の瀬は無いです。下の落ち込みも。橋の上も工事してます。
b0054622_21195061.jpg


松間のへでもないポイント。電線下。大量の砂と落ち葉が・・・
b0054622_21231343.jpg

b0054622_2125929.jpg
そこから上。
b0054622_21244623.jpg

そこから下。
b0054622_2125592.jpg

電線下は、手前に流れがあって、小石だけど、少し有りました。なんで覚えているかというと、ここが、よーく掛かったからです。大体この下から毎回入ってました。

別に護岸工事が悪いって言ってるのではなく、その後の砂を何とかして欲しいのです。
二俣川もなにやら木の櫓?みたいなものを立ててますが、別に防災ならば良いんです。
でもその作業をするための道を造る砂をしっかりと持って帰って欲しいのです。
たしかに、大水が出れば、流れていきます。でも、出なかったら、ずっと残ってるんです。
砂だらけだと、魚が住み難いんです。
釣り人のエゴですが、ちょっとガックリしました。
[PR]

  by fly-kubota | 2008-01-21 21:40 | スペイ

明日、日曜に練習しますよ。

明日、くちなし池で練習会します。ここは、防災用のため池ですので、回りが土手に囲まれ、西側は山なので風が比較的穏やかですが、風が酷いと、ぐるぐる風向きが変わります^^;

内容はスペイの練習ですが、もちろん、オーバーヘッドも練習できます。
たぶん、8時ぐらいから、12時ぐらいまで。
もちものは、長靴か、ウェーダー。

明日は雪らしいです^^;
[PR]

  by fly-kubota | 2008-01-19 13:36 | スペイ

ちょっと馬込へ。  あと、Skype追加。

馬込川、行ってきました。
ほんのちょっとの時間しかやりませんでしたが・・・

以前、ここへ来たときにはもう少し、いや、もっと流れがあって水量も多かったのですが、いやはや、冬の川って感じで、ほんの少し流れている程度・・・
当然、水深も浅いし、鯉は結構居るのだけど、とても、送り込んでとか、サイトで、なんてできる感じかしませんでした(T_T)
もちろん、鮭釣りのタックルでは・・・(-"-;)

結局の所、シングルで従来通りの攻め方が良い感じ・・・

また水の多いときに挑戦してみますかねぇ・・・

てなわけで、あっさりと、シングルでの鯉釣りを近い内にやりに行くと思います^^;
パン刻んで、撒いて、ダウンクロスに投げて、ゆっくりあわせて・・・ うっしっし(^^)

やはり、安いブランク買って、ガイドの溝がすぐ掘れちゃうので、SICガイドを付けて、鯉釣り専用ロッド、作ろうかなぁ・・・


エキサイトで、なんか、ICQみたいなサービスが始まったらしいので、やってみました。
Skypeってやつで、なんか、チャットや音声通話、電話にも料金を払えば掛けられるらしいです。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-12-30 00:04 | スペイ

ダブルハンドで鯉釣りは、できないものか?

毎年恒例の季節になってきました。
エリアが厳しくなり、年末年始、忙しいけど、管釣り行っても混んでるから、手近でなんかできないかなぁ、と考えた結果たどり着いた、鯉釣り。

今までは、始めて買った5番9ftのシングルハンドロッドを使用してましたが、ついに、今年の夏、折れました。
次に折って良いロッドは見つからず、新たにロッドを買おうかとも考えましたが、いかんせん、丁度良いのが見つからず・・・ そのまんま。

でも、ぼちぼち、行きたくなってきました・・・

今年は、月光川で鮭を何匹か釣りましたが、あの引きは、やっぱり、いい。たまらんです。
そして、1人でランディングができなかった練習として、なんとかして、ダブルハンドで、どうせなら、スペイで鯉釣りができないものか・・・ 当然、ウェーディングして・・・

いつもの一番近くの磐田の鯉釣りポイントは、さすがに町中だし、泥がたっぷり。川幅も狭い・・・
浜松のポイントも、そんなに流れもないし、狭い・・・

以前、挑戦してダメだった馬込川の鯉・・・ やはり、こいつをどうにかしたい。
流れもこれまでのポイントに比べて有るし、撒き餌の使用は、かなり難しく、魚より先に鳥が食べてしまったり、大変。

んー そーなると、あのパンフライではなく、新たなフライも考えねばならないかも・・・
とりあえず、仕事が片づいたら、行ってみようかな。馬込へ。


あ もちろん、練習はやってますよ。だいぶ楽に投げられるようになってきました。
でも、ランニングがどうやら細い気がしてきました。しかし、全開で振って、ループだけみると、そんなに気にならない感じ・・・ でも、50mラインでリールが鳴ることはなく、45mでギリギリって感じ。ノーマルだと、48mラインでリールは鳴ったわけだし・・・
つまりダメって事みたいです・・・ しかし、全開で振る練習はあんまりしてません。

とにかく、右手と左手のタイミングと、しっかりとしたロッド停止でまずは振れるようになりたいと思います。その後にストロークを増やせば良いと思うので。
まだ完璧ではないですが、タイミングが掴めれば、アンダーハンドもどきで95ftヘッドが軽くリフトで来て、キャストできることが分かりました。
よーするに、スペイ版ピックアップレイダウンみたいなものをやってるイメージです。
ですから、まだダブルホールまで進んでません^^; まだまだ先は長いです・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2007-12-21 22:43 | スペイ

スペイ競技用リーダー?

ラインは、もう迷いはないのですが、ちと、気になるのはリーダー。

最初は、アングラーズの8番と同様にバリバス サーモン&ソルトの20lb15ftでした。
その理由は「まぁ 普通のレベルでも良いらしいから、これでいいんじゃない?」と軽ーい気持ちで使ってました。

で、その後、いろいろ考えて、あのバカ長いテーパーを探し求めて、サーフキャスティング用の力糸のテーパ部分を切り出して使っていたときもありました。
これを選択した理由は、力がスムーズに伝達するのはこれがいいだろうと言う結論です。
その時、トーナメント1種同様、自作ノッテッドリーダーも自作しましたが、いまいち重たくなり過ぎ、どうもいまいちだったのでやめました。

そして、今回。
どうも、スペイの場合、有る程度、先端に重みがあったり抵抗があったりするほうが良いと思います。当然、ヤーンを付けてと、無しでは、だいぶ違うことは分かってました。
しかし、フライや、もっと大きいヤーンを付けるのは、大会の時に困るし、さすがに抵抗有りすぎだと思います。

なので、最近は、サーモン&ソルトの先端に2~3ft、30lbのナイロンを付けたり、5号の船ハリスを付けてます。
これがまたなかなかよろしい様な感じです。

レベルラインも、色々な号数やナイロン、フロロの比較をしてみると面白そうです。
そーいえば、一回、10号のナイロンを試したことがありましたが、結構使いづらかった様な気が・・・

ラインそのものじゃなくて、リーダーなら試しても大したリスクは無いですから、ちょっと、やってみます(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2007-12-18 21:28 | スペイ

新しい練習場。

今日はいつもの池ではなく、新しい池へ。
ほんとは古くから有る池で、初めてフライでバスを釣った池だったりします。2年前?の夏ぐらいからずっと堰堤の工事をしていて、ずーっと入れなかったのですが、やっと立入禁止の馬も見あたらなくなっていたので、綺麗に整備されただろう、と思い、行ってみました。
案の定、キッチリ整備されて、堰堤には、狭いけど階段が。西風がしのげて、良い感じ。

昨日、80lbのフロッグヘアのランニングを入手したので、早速ラインを40mのところでカット。本当は、手持ちのやや下あたりでカットしたいところですが、まぁ様子見ということで^^;

いままでは、水面より-25cmの足場、つまりウェーディングして投げてましたが、今日はほぼ0cm。仕事用サンダルで練習です^^;
リフトの高さを少しだけ調整しながら、試します。とりあえずラインだけ。40m。

あら・・・ 全然ラインが足りない(^^)
あ・・・ もーちょいで対岸へ届きそう・・・ 意外と短い堰堤でした(T_T)
手で出さず、シュートしてリール逆回転させて出してみました。
すぐにロッド一本分がでました( ´∀`) ほんと、もう対岸ギリギリ。

でも、まーさんのアドバイスのように右手や体を動かすと、また変に後ろまで引っ張ってしまうクセが・・・ やっぱりそーかんたんには・・・ 徐々にやってみますです。
しかし、もう無意識で投げても、ボーンと後ろへ飛ばす投げ方になってきたので、もっと練習すればなんとかなりそうかな?と思いました。

あとは、リフトの高さとスピードの注意、スイープは引っ張らない、ロンチはロッドを立てて高めに、十分に間を取ってアンカーを入れて、シュートは力みすぎず、適正なシュート角度を保つ・・・ って全部チェックポイントじゃん^^;

結局対岸には届きませんでしたが、また一つ、良い練習場が見つかりました(^^)
ランニングの効果は・・・・・ またまだ分かるほど飛んでません^^;

それにしても、右ヒジの筋が痛いです・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2007-12-14 17:58 | スペイ

ピックアップレイダウン?

今日もまた行ってきました。で、昨日、まーさんよりコメントで、
>スイープで、バッドを曲げる事ですかね!
>たぶん皆さんはロッドは曲げているがバッドは曲がっていないからでは?
>バットを曲げたら、あとはロッドの復元だけで後ろえ飛ばしてあげる感じで!

正直、そんなことは分かってるけど・・・と、コメントを見たときは思いました。失礼しました^^;
で、いざ、やってみると、できない。曲がらないし、曲がっても、とんでもないスピードですっ飛んでいく・・・・

で、ふと、マッケンジーさんの仕草を思い出しました。そうです。右で引かず、左手で押す。

んー でも、いまいち・・・・

むむむー どうしたものか。やっぱりとてつもなく難しいことなのか・・・

ようは、水面から剥がして後ろに飛ばす・・・ ん? あれ? もしや・・・

短くラインを手繰ってオーバーヘッドのピックアップレイダウンしてみました。
ほうほう。このタイミング、ふむふむ。

んじゃ、ということで、リフト、スイープ、右手を固定して左手をグイッと押して、そこで動作をストップしてみました。
「バットを曲げたら、あとはロッドの復元だけで後ろえ飛ばしてあげる感じで!」のまーさんのこの言葉もふまえてイメージしながら・・・

なんということでしょう。
綺麗に飛んでくじゃありませんか( ´∀`)


ようは、ドリフトと称して、右で引っ張っちゃってたわけで、一旦、極端ですが、バットを曲げた時点でストップ、つまり、ピックアップレイダウンで、ボーンと後ろへ飛ばす感覚なのです。

んで、飛んだのを確認してドリフトを好きなだけして、腕を上げてアンカー、そしてシュート。

まだまだ成功率は低いですが、かなーり楽チンです。
ここで、まーさんのコメントがよーく分かりました。ありがとうございますm(__)m

これでちょっとはコツは掴んだのかな? でも、明日、もう一度やってみて、どうかってことが大事なんです。まぐれで、その日だけできちゃうってことは結構有ることなので・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2007-12-12 19:09 | スペイ

うっしっし( ´∀`)

昨日の夜作ったラインが気になって気になって、仕事も手がつかず、と言いつつも、超忙しい時期。
ヤバイので、なんとかやっつけて、昼前の1時間だけ振りに行ってきました。

いつもの野池。しかーし、釣り人が・・・(-"-;) こんなに寒くてもバスって釣れるんでしょうか?
邪魔しないように、離れて投げました。でも、たぶん物が物だけに邪魔だっただろうなぁ・・・

第一印象、重いです。長いです。そりゃー重いし長いから当たり前ですが^^;
でも、そのうち慣れると、スルスルと飛んでいきます。

最近は、なんでも力任せのブンブン振りになっていたので、基本に戻るため、ゆっくり、ショートストロークでロッドの曲がりを感じながら、ゆっくりと投げて、少しずつラインを出していきます。

ん? 冷たい物が・・・
あら・・・ もうヨリモドシ? ランニングの最後にヨレ取りにヨリモドシを付けて有るんです。

ランニング足りないじゃん・・・ 全長で約48mのラインなのに?

んー 恐るべし。初日の練習でこんだけ飛んじゃうなんて・・・

うっしっし( ´∀`)

夕方も練習しようかしら・・・^^;
とりあえず、新しいランニング発注してみました~ 全部リールに入るか心配ですが・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2007-12-10 13:29 | スペイ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE