カテゴリ:その他( 44 )

 

近況 7月31日

ここ最近、いろいろお盆やら、仕事やら、忙しく、満足な釣りもキャスティング練習もしてませんでした。やっと、今日、練習する機会に恵まれ、プレシジョントリコ9/10を振ってきました。
久しぶりにも関わらず、ラインが扱いやすいせいか、最終的には、手元でフルラインのキャストが決まりまして、ちょっと一安心です。予定通り、これにランニングを接続して、東山湖の大会に参加予定です。
アングラーズ8番のほうも、ニューロッド、TSR SH2 9408と、バリバスのエアーズWF8を新調し、試し振りの段階で、フルラインキャストがビシバシ決まるので、これまたちょっと一安心しました。このロッド、最近のロッドにありがちなビシバシな固さではなく、しなやかなロッドで、かなりトルクフルです。ゆったりと、グイーーンと振ると、トルクフルなループが簡単に作れました。素晴らしいです(^^)

オフショアは、やっと、8月2日に行けそうです。去年の海面水温より2度ほど低い状況は変わらず、海流も黒潮分流が少し入り始めた、という話を聞きましたが、いまいちのようです。一応、シイラはぼつぼつ出始めているようですが、渋いようです。
もう一発、台風が来れば変わるのでしょうか? いまだに、タチサバのおみやげ狙いがあるようですので、本命カツオは、今年はかなり厳しいですね。

最近、話題のニューターゲットも開拓中ですが、いまいち、厳しそうです・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2005-08-01 00:21 | その他

近況 7月14日

しばらく、川は濁っております。先日の雨で増水した時に、流砂促進をやったらしいです。
この濁り、しばらくは取れそうにありません。もう一雨降れば状況が変わるような気もします。

個人的には、12日にカツオ狙いで出船予定でしたが、海が荒れて中止になり、その代わりに久しぶりに段戸湖へ行ってみました。流れ込みでも湖面でも楽しめましたが、改めて止水のスペイの難しさを痛感。ディープウェーディング、ベスト着用でのスペイはなかなか手強く、練習不足を感じました。

オフショアは、かなり今年は厳しく、コンスタントに釣果が上がることは稀で、大変なことになってます。冷水塊、というか、黒潮が遙か沖を流れているので、水温が低く、渋い状況です。
もう少しで梅雨が明けるので、また状況は変わると思います。
オフショアは、昨日まで最悪でも、急に大爆発したり、変化が激しいので、気象庁の海面水温や海流をチェックして、行くタイミングを考えていますが、所詮、足の速いカツオは、現場に出てみないと分からないと思います。ギャンブルですね^^;
[PR]

  by fly-kubota | 2005-07-14 23:52 | その他

近況 6月8日

ご無沙汰しております。久保田です。
先日行われた日本選手権に向けて、ここしばらくトーナメントに力を入れてやってました。
その一環?というか、単にキス釣りがやりたかっただけ、というのもありますが、キス釣りを始めました。おかげで、ダブル遠投のタイミングの取り方やロッド自体の扱いに慣れ、あの物干し竿が普通に扱えるようになりました。
で、先日、久しぶりにスペイの練習しに、塩見渡の下へ行って来ました。おかげでだいぶシュートのタイミングが取りやすくなったようです(^^) そして、なにより、14ftのスペイロッドがおもちゃのように手軽でありました^^;

投げタックルは、かなりフライに比べてタイミングが狭く、ツボに、はまるとすっ飛んでいきますが、どうもそのタイミングを掴んでロッドに負荷を掛けることが出来ず、困っています。
先日の日本選手権で、スピニングダブル遠投を見てきましたが、恐ろしいほどのティップのスピードで、あの空を切る音が印象的でした。回転投法でもいろいろあることも初めて目の当たりにしました。シュート時のティップの軌道はフライと一緒なので、かなり興味深く、面白かったです。

川のほうは、鮎が解禁し、少しは賑わっております。ただ、先日練習に行った塩見渡の下などは友釣り専用区であり、餌釣りの方が居ないので、ほぼ貸し切り状態でした。一人、コイ釣りの方が居ました。夕方でしたが、目立ったハッチはなく、コウモリの飛来も無しでした。
[PR]

  by fly-kubota | 2005-06-08 01:31 | その他

アングラーズ向けの記録会開催

浜北大橋近くの運動公園にて、3月12日土曜日に、アングラーズクラスの大会が開催されます。
詳しい時間、場所はまだ不明ですが、なかなか近くで行われるチャンスは少ないので、競技に興味有る方、フローティング8番でどれだけ飛ぶのか挑戦したい方、は、是非、参加してみてください。もちろん、見学だけでも、OKです。

競技、というと、敷居が高いように思われますが、アングラーズクラスならば、手持ちの市販無改造シングル8番ロッドと、フローティングライン(STは不可)があれば、参加できます。
まだ詳しいことは分かりませんが、年内中には、ダブルハンド遠投、スピニングタックルでの正確度、ベイトタックルでの正確度などもアングラーズクラスが制定されるらしいので、より一層、敷居が低く参加しやすくなると思います。

渓流、本流、池、湖、海、そして、「芝生」もフィールドにしてみませんか? ナンチャッテ^^;
[PR]

  by fly-kubota | 2005-03-01 22:52 | その他

餌釣り解禁しました。

全区間で餌釣りも解禁しました。
前日に、ダム下、雲名へ100kgほど放流したそうなので、ぼちぼち釣れていたようです。
ただ、水量がかなり減っていて、しかも、濁りも結構キツイので、放流されてない鮎釣などは、かなりキビシイものになっていたようです。
かなり気温も上がっているので、鮎釣で川を眺めていましたが、ライズも時折みられました。
午後なら、だいぶ餌釣りの方が減るので、夕方のライズ狙いは可能だと思います。

さて、サツキもスタートしたわけですが、第二東名から国一までの間で何カ所かは、大規模な河川工事が行われており、完全に流れが変えられています。
あと、これに絡めて、水位が下げられているのでしょうか?かなり減水しているように見えます。
遡上魚は大潮の前後、増水の前後が狙い目、と言われていますので、10日、26日前後が、最初のチャンスでしょうか?
気象庁の潮位表を載せておきます。
http://www.data.kishou.go.jp/marine/tide/suisan/index.php
[PR]

  by fly-kubota | 2005-03-01 22:35 | その他

天竜川ではありませんが・・・

あまりにも風が強かったので、以前から気になっていたコイ釣りに行ってきました^^;
意外と水が澄んでいたので、最初は、チャミング無しで流してみましたが、全然食う気配がないので、食パンをチャミングし、パンフライで狙いました。
噂通り、ちょっとでもドラッグが掛かっていたり、ティペットが沈みきっていないと、見事に見切りますね。全部の反応が見えるのでかなり興奮しました(^^)

b0054622_18205199.jpg

ランディングでミスって泥に突っ込んでえらいことになってます^^;
携帯で撮ったのでちょっと不鮮明ですが、約65cmぐらいでした。
[PR]

  by fly-kubota | 2005-01-05 18:25 | その他

卵と稚魚の入手って意外と簡単なんですね。

あまりにも釣りに行けないので、ちょっと面白いことを調べてみました。

と、ある方から「以前、漁協(天竜川ではなく全く別の川)の許可を得て、自家ふ化させたアマゴ1万匹放流した」という話をかなり以前に聞きました。
その放流した方から、「魚の卵や稚魚は通販で簡単に買えるよ」という話は聞いていたのですが、どこで買えばいいのかまでは聞いておらず、卵とはいえ、相当な値段がするだろうし、まさか、自分でふ化させても飼える場所がないですから、「ふーん。そーなんだ」程度に聞いておりました。

ふと、気づいてネットで調べてみると、長野県漁連で売ってるんですね。
卵は1万粒で1.2万程度。稚魚は、10gの物で1匹約15円と、意外と安くびっくりです。
これなら、寄付放流も夢ではない、ですね。
以前、熱帯魚に凝っていたので、ふ化させるのはかなり至難の業と理解してますが、1万粒ですので、ふ化率1%でも、100匹は残るわけですし、稚魚なら多少は難易度は低くなるでしょうから、飼育して、水温管理が難しくなる前に寄付放流、というのも面白いかと思いました。
と、いうか、そもそも寄付放流が天竜川で出来るのかどうか不明ですが、日頃、「あー あのポイントに魚が居たらなぁ」という所に寄付放流できたら面白いだろうなぁ、と思いました。
[PR]

  by fly-kubota | 2004-12-17 01:14 | その他

最近、行けてませんが・・・

どうしても、忙しくて川に行けてませんが、とりあえず、川は、佐久間ダムからの濁りがまだ取れず、厳しいようです。
たしか、佐久間から9日に放出されたようですので、もう一発、まとまった雨が降れば濁りが取れるかな?という希望もありますが、このまま減る一方では、しばらくは濁りに悩むことになりそうです。
ただ、どの程度になっているのかが気になります。透視度だといまいち分かりません。まだ茶色なのか、それとも緑+茶色なのか・・・
まだ2発の放水も午後はあるようなので、まだ完全でないことは確かであります。

あと、全く関係ないですが、下流の浜北大橋近辺でも、大水の後の影響かも知れませんが、かなりの砂を見るようになってきました。
来年のサツキはどうなることやら・・・

とにかく、キビシイ、ことは確かだと思います。個人的には、忙しいので丁度良かったりして^^;
また、近い内には、レポートしますね。
[PR]

  by fly-kubota | 2004-12-14 22:35 | その他

天竜でのフライについて

本日は、仕事の都合がつかず、行けなかったです。明日も怪しいし、土曜は日曜にトーナメントの大会があるので、15時ぐらいには切り上げたいし・・・
と、今週はろくな更新は出来そうにないです(T_T)

と、いうわけで、天竜でのフライの話を。
それぞれのスタイルによって、かなり違うのですが、個人的に信頼しているものとしては、ウェットでは、「ウイングは白系クイル+ボディは透ける白いダビング材と下にクリスタルフラッシュ+ハックルは、ぱらっと白いハックル、テール無し」、いわゆる、白いウェットです。濁りには黒と言いますが、なぜか、白で多少良い思いをしたので、これが定番となってます。イブニングに白、という話もありますので、大体が、15時以降に行くことが多いから、たまたま有ってるのかも知れません。
もう一つは、「ウイングはスペックルフェザント、ボディはフェザントテイルとコパ-ワイヤーのボディ+ハックルはパートリッジ、テールもフェザントテイル」、要するに、フェザントテイルニンフにウイングとソフトハックルをつけたものです。これは、ウェットとしても使いますが、マーカーを使用して釣るときにも使ってます。

あとは、ソフトハックル系では黒やオレンジ、マーカー用には、ブラウンのニンフ、エッグの白や黒、オレンジ、ピンクなど。
すべてノーウェイトです。沈めるには流れに合わせてショットを打つか、ラインで沈めてます。

たぶん、どんなフライでも釣れると思います。でも、流し方や攻め所が違えば、どんなフライでもダメだと思います。一般的に言われているとおり、底を流して、しつこく沈み石をタイトに攻める、が基本だと思いますので、マーカーの釣りでも釣果に差が出ているのはここらへんの違いではないかと思ってます。
[PR]

  by fly-kubota | 2004-11-19 00:26 | その他

手取川の鮭釣り行って来ました。

15,16日と行って来ました。
数日前からのダムの放水が原因らしいのですが、ほとんど釣果は上がってませんでした。
昨日が10匹、今日もたぶんそれくらいだったと思います。
雨が両日とも降り、今日は昼頃から風も強くてかなりのタフコンディションでした。

水がおさまっていたときは、一日100匹ぐらいの釣果はあったそうですが、増水の影響か、魚がとにかく少なく、目立った遡上の気配もありませんでした。

釣れないことより、なにより残念だったのは、「フライ専用区」ということを明記されていたので、ゆったりと釣りが出来ると期待して行ったのですが、実際は「フライはこの区間のみ」で、ルアーも混在していたこと。
低調に監視員等に「これはおかしいのではないか?」と抗議してみましたが、返事は「ルアーの人は多くてやるところがないから、空いているフライの区間で、邪魔にならないように、やってもらう」と。
そして、フライ専用区に、ずらっと並んでいるルアーマンを目の前に「じゃまだったら、ルアーの人、どかしますので、言ってください」と、親切に監視員は言ってはくれるのですが、みんな大切な時間とお金を掛けて来ているのは同じ事なので、そういうことを考えると、「じゃ どかしてください」と言えるわけがありません。
ですので、あきらめて、下の場所でやったり、空くまで休憩してやっていました。
当然、2日目も結果は同じでした。

釣れる、釣れない、は自然相手ですので仕方ないですが、「フライ専用区」と明記されていて、それをあっさりと現場の判断で裏切られるのは、つらいものがあります。

もし、募集要項に「フライ専用区」の明記がなかったら、応募しなかったと思います。
ルール通りに運営されていたら、何とも思わなかったと思いますが、こういう運営のされ方をすると、非常に残念でたまりません。一応、委員会の方へメールしてみました。

なんとか良くなって欲しいです。福島や北海道は、さすがに遠いですから。
[PR]

  by fly-kubota | 2004-11-16 23:56 | その他

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE