カテゴリ:その他( 44 )

 

ヒゲナガがフライボックスにハッチ?

早くも、自分のフライボックスには、ヒゲナガがフライボックスにハッチしました^^;
シモヤマウェイカー8番です。
b0054622_23412346.jpg

北海道へ行ったときに、ガイドの下山氏より、「これを使って下さい」と手渡されたフライがこれでした。夕マズメ、これを口いっぱいに頬張って食べてくれたイワナには驚きました。
昨年は、天竜川本流のウグイ^^; 石徹白川のイワナなど、夕マズメ、ヒゲナガの決め手に使ってます。お気に入りの1本です。
本当は、CDCをカリブーの下に入れるのですが、CDCだけびっしょり濡れて意味が無くなっていることが多かったので、今シーズンからは、ラムズウールを入れてみました。
オリジナルは、これより細めのダビングボディなのですが、自分のは、ダビングループでスノーシューをモッサリと、付けてます。ジェルフロータントをグリグリ馴染ませて使うと、ほんと沈みません。天竜川C&Rで、針先折って、ウキ代わりにも使いました。
流れの中をテンションを掛けてウェットとして使うので、これくらいモッサリしてると、アピール抜群なのかも知れません。テンションを緩めると、ポコッと勢い良く浮かんでくるのも良いっぽいです。

さて、沈める針は何にしようか・・・
なにか良いの、ありますかねぇ。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-02-15 23:53 | その他

本流の下見 左岸 掛塚大橋~かささぎ大橋

スペイのため池練習はお休みして、今日の夕方はサツキのための下見に行って来ました。

で、忘れていたことを思い出しました。

昨年は、浜北大橋右岸で楽しみました。
本来なら、左岸がスペイには楽しいし、橋を渡らなくて済むのに・・・
なぜか、右岸・・・

そうです。今日、下見に行ってまず最初に気付きました。風です
もの凄い西風(T_T)
つまり、もの凄く向かい風・・・ しばらくは、この風は続きます。5月ぐらいまでは・・・
ということは、この下見は、全く意味がない・・・

まー 風の収まるころに行くも良し、と思い、下見を続行しました。

まず掛塚のすぐ上流。
昨年、底なし沼にはまった流れは、さらにチョロチョロとなり、遠くに本流があるようです。
なんか、いまいち(-"-;)

砂利池周辺は、川まで出られるところが無く、ブッシュも高くて見えない。

新幹線鉄橋下に、やっとブッシュが無くなるので、歩いて河原まで行ってみる。
んー 流れが右岸に寄っていて、とても届きそうにない。
しかも、なーんにも底に変化無さそう。
いまいち(-"-;) 右岸は良さそうです。

新幹線鉄橋直下は、こちら側に流れが寄っていてよさそう。障害物もある。
ただ、人が立てるギリギリの巾しか陸がないし、どうやって降りるか考えなければならないほどの所。おしい(-"-;)

新幹線鉄橋上は、分流の合流がある。左岸が本流っぽい。東海道本線鉄橋の下から降りて川に入れる。
良い感じ。釣りやすい感じではあるが、なにも変化が有るような所でもない。
ただ、丁度中間まで来ると、合流点があるので、良いかも。

東海道本線鉄橋上は、以前の面影はなく、広いプールになっている。なんとも(T_T)
こんな状態が国道一号橋まで続く。
国一の上も同じく。河川工事の痕跡がいっぱいある。

東名の橋の下は手前に水たまりがあって、本流まで行けるかどうかは怪しい。流れ自体は良さそう。

橋の上は、もう手前に流れがあるのであるが、河川工事だらけ。左岸の流れに巨大な山が出来ていたので、おそらく流れを変えるつもり?らしいです。

結論として、楽しく釣りが出来そうなところは、新幹線と、東海道線の間ですかねぇ。
b0054622_2228244.jpg


かささぎ周辺も良さそうですが、左岸だとかなり歩く必要がありそうです。
毎年の傾向として、下流の方が分がありそうですし、やはり、掛塚は捨てがたいです。
今回は、ウェーディングして川を渡って、ということは出来なかったので、見える範囲が限られました。

さて、次回は右岸と、フライを巻き巻きしないと。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-02-12 22:38 | その他

本栖ゴミ拾い会と、強風の中の練習会。

土曜日、本栖湖でゴミ拾い会をしました。
スポセン前で釣りをすることが多いのですが、非常に煙草の吸い殻が目立ち、駐車スペースにもゴミが目立ってました。川が解禁する前に、集まってゴミ拾いしよう、とお師匠の呼びかけで、仲間が集まってゴミ拾いしました。
b0054622_21875.jpg
かなり綺麗になりました(^^)

その後、昼は定番と化している、火の見食堂へ。
ここでキムチを頼むのですが、地元の方には少し知られたキムチらしく、前回、地元の方と食べたときに、そんな話題になっていたのを思い出し、帰りに買って帰ることにしました。
そのお店は、広瀬商店。http://www.kimuchi.gr.jp/
国内産とは思えない絶妙なおいしさです。うどんが来る前に全部食べてしまうほどのうまさです。

で、日曜日。
前日、はるばる来た岐阜の大工さんと一緒に飲んで食べて大騒ぎしたので、朝が辛かった(T_T)
しかし、外は、もの凄い風。
グラウンドも、当たり前ですがもの凄いです。スロープを降りて来ると、砂煙がもの凄い。
この季節の天竜は風が強いのは当たり前なのですが、強いにもほどがある。
b0054622_2192419.jpg
9時半まで、待ってみましたが風が収まる気配がないので、ため池へ移動しました。

ため池でも、結構な風。なんとか風裏を探して思い思いにスペイやオーバーヘッドを練習。
わいわいと楽しみながら、当然、リールチーチー大会も開催され盛り上がりました。
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-02-05 21:11 | その他

日曜日に練習会がありますよ。

場所は、浜北大橋の南側、浜松側のグラウンド2面です。時間は8時ぐらいから。
今回は、プラグ、ルアーの練習もやっちゃいます。もちろん、フライのほうも。
芝生なのでスペイは出来ないですが、それ以外の種目は全部やっちゃうようです。

「大会の投擲台って、緊張するんだよね。」とお心配の方々、当日は乗り放題だと思いますし、トーナメントってなに?と思われる方は、実際に見ることも体験することも出来ると思います。
いやいや、単に見たいだけですよ、と言う方もOK。
みんな集まって、わいわいとやります。ずーーっと振りっぱなしではなく、意外とわいわいとおしゃべりしてる方が多かったりしますので、お気軽に来てみて下さい~
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-01-30 23:46 | その他

巻き巻き&フライ撮影。

午後から、予想通り、雨が降ったので、フライを巻き巻きして、試しに写真も撮ってみました。
本栖用のストリーマーを8本、ガガンボのソフトハックル16番を7本と、針無しドロッパー用2本を巻いてギブアップ。

体をほぐして、いざ、ブログへアップすべく、フライの写真に挑戦。
これがまた、そう簡単には行きませんでした。
オートで撮ると、フラッシュが焚かれてしまい、白く飛んでしまいます。んじゃ、クローズアップモードで、とやってみるも、同じ。やはり、マクロレンズ無いと辛いのか、と思いつつ、マニュアルモードで挑戦。
デジカメなので、その場でチェック出来るから、こういう撮り方出来るんだなぁと、一枚一枚、パソコンの画面で確認しながら撮ってみました。あと、どうしても、よけいな景色が入ってしまうので、トリミングしてみました。

で、こんなもんかなぁ、と完成したのかこの写真。
b0054622_21404843.jpg
もの凄く拡大して見ると、どうやらブレているような、もやっとした感じです。
たぶん、被写体までの距離も近いし、光が蛍光灯だけで、下に反射板とか敷けばもう少し何とかなったかなぁ、と思います。
次回はもう少し、頑張ってみます~(^^)

と、書いてはみたものの、あんまりテレビも面白いのをやってないので、もう少し頑張ってみました。今度は、フライもチェンジして、しっかり光を反射させて、しっかり固定して、距離も取って、やってみました。
b0054622_2256971.jpg
だいぶ明るくなって、もやもやも少なくなりました。これをくっきりさせるのは、やはりマクロレンズが欲しいんでしょうかねぇ。
でも、ちょっと満足(^^)

←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-01-02 21:50 | その他

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
b0054622_021535.jpg


←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-01-01 00:03 | その他

ミーティング後、いろいろ分かったこと。

各方面から、「よくやった」「ありがとう」と声を掛けていただき、本当に有り難うございます。
当初、予想していたスタッフ、ブース関係者含めての総参加人数は120名てした。
それを大幅に上回る、145名の記帳、47名のアンケート回答。
ほんとうに、驚きました。そして、たくさんの「次回も」「来年も」の声を頂いております。
後日、このアンケートなどの報告をさせていただきますので、今しばらく、お待ち下さい。

自分は、「次回もやります」とやる気です。

しかしながら、時間が経つにつれ、冷静に、データと、その日の状況を思い返して、考えておりますと、いろいろ、気が付いたことがありました。

個人的に大きく気が付いた事柄を書いてみます。

まず、1つ目。デモ時間の短さ。
これは、当初は30~40分、休憩を入れて1時間でのサイクルの予定でした。しかし、ずーっとデモがあるとゆっくりとブースが見られないのでは?と考え、なるべく午前中に終了させるべく、20分に短縮したのでした。
実際には、各プロの方々、ほぼ全員が時間に追われる形となってしまいました。あと、間隔が短すぎるため、結局ずーっと河原に居なければならず、大変でした。
これは、当初の予定通りで、一日掛けたほうが良かったのかも知れません。

2つ目、開催時期。
今回、話が出たのが、9月。そこから企画し、準備してきたわけです。さずがに、各方面と日程調整は出来ませんので、JCAの大会、各プロのスケジュールなどを考えて、なるべく開いている日を探しました。そして、この12月17日となりました。
やはり、12月は寒い。そして、日が短いのです。16時終了でしたが、もう、15時半には日が陰って寒い寒い。
次回は、11月、なるべく前半にやりたいなぁ、と思います。できたら10月というのもアリかなと。
そして、初夏ぐらいから、企画を始めていきたいと思います。
あと、フライフィッシングフェスタの有る年は、各メーカー、大変なのでかぶらないように、別の年にします。

3つ目、トイレ。
企画当初、初めて漁協に打ち合わせしたときに気付きました。しかしながら、各ブースからの事務局手数料では、到底足りず、レンタルトイレは借りられないのでした。
漁協としても、突然の企画なので予算は一切出せない、とのことでしたので、「案内のみ」となってしまい、スタッフ自身もかなり不便でありました。
新たなる開催場所に変更するか、入場料やブース出店料でレンタルトイレ代をまかなうか、漁協への予算申請は可能なのか?、これは結構、難問です。
即席でトイレを自作することを考えましたが、後始末、利用する人数を考えると現実的ではないのでやめました。

4つ目、開催の内容。
今回、企画段階では、スペイ中心の企画でした。そもそも、このイベントをやってみたい、と考えたのは、利根川のスペイクレープ、サンスイさんの試し振り会などが非常に盛り上がり、楽しかったからで、「うちもスペイで」と自然の成り行きで、話が進んでいたのでした。
しかし、実際にスペイの人口は増えているとはいえ、まだまだ渓流派、オーバーヘッドの方々が多い。
しかも、スペイでは参加メーカーも絞られる、ということで、天竜川スペイミーティング、から、現在の天竜川フライフィッシングミーティングとなったわけです。ですので、どうしても、スペイが多くなってしまいました。

個人的にデモの裏テーマとしては、「本物のスペイキャスティング、本物の本流攻略をみんなで見て学び、来年こそはフライでサツキマスを釣ろう」でした。
ですので、「フライは初めてだけどどうすればいいの?」という方には、かなり難解なデモだったと思います。しかし、「スペイってなによ?」「スペイとか、本流とか、やりたいんだけど」という方には、すこし難しかったかもしれませんが、大変参考になる見応えのあるデモだったと思います。

デモはいっぺんにたくさんの方々が見られていいのですが、フライ初心者向けにスクールとかを、なにか考えておくべきだったと思いました。

さて、

すでに、天竜川のフライ&ルアーエリアは、メディア、雑誌等に取り上げられ、十分な知名度があります。遠征など、行く先々で、天竜川が近くなんです、と話すと「ああ あの天竜川ですか。いいですねぇ~」とすぐに分かってくれる方が非常に多かったです。
ですので、「天竜川です」「C&Rがあるんですよ」というアピールは意識しませんでした。
それよりも、「こういう魚が居るんです」と、ポスターにはビッグサイズのニジマス、サツキマス募金のところには、見事なサツキマスの写真を用意しました。

天竜川の魅力は、フライ&ルアーエリアだけじゃないと思います。
船明ダムから下流の魅力は、嫌になるくらい釣れないけど、夢が満ちあふれています。
想像しただけでワクワクしてきます(^^)

←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2006-12-23 01:23 | その他

ありがとうございましたm(__)m

本当に、本当にたくさんの方々に来ていただき、ありがとうございましたm(__)m
いろいろ、もたもたしたところが、有りましたが、暖かくみなさまのご協力で、スムーズに進行し、事故などなく、無事終了することが出来ました。

ほんとうに、ありがとうご゛さいました。

正直、不安で不安で、たまりませんでした。地元、先輩方の暖かいアドバイスに助けられ、なんとか逃げ出さず、放り出さず、できました。

ほんとうにありがとうございます。涙で画面が見えなくなりましたので、短いですが、終わりにします。

ありがとうございました。

追記
少し落ち着いたので、集計しました。記帳の数は145名。アンケートは、47/50の回答が得られました。予想以上の数字に驚いてます。
ほんとうにありがとうございます。


←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2006-12-17 18:34 | その他

いよいよ。天竜川フライフィッシングミーティング

いよいよ、今週末開催です。
着々と準備は進み、とりあえず、ほぼ準備完了しました。あとは、パンフレットの印刷と前日の準備と、当日だけです。まだ結構ありますね^^;

今回、最初はかなり「思いつき」で始めたので、いろいろな方々からのアドバイスに本当に助けられております。当日も、いろいろバタバタすると思われますが、なにとぞ、よろしくお願いします。

なかなか、中部でこういうイベントが無く、自分も「中部であったら良いのになぁ」とずっと思っておりました。試しにちょっとやってみようか、という軽ーい気持ちで始めましたが、なんか話が大きくなってしまい、凄く混雑したらどうしよう、と、ちょっとビビッてます。でも、是非とも、お友達、ご家族ご一緒にお越し下さい。

目玉は、川で禁漁のこの時期に釣りが出来て広い河原で各メーカーの試し振りもできて、数量限定ですが豚汁も貰えちゃうことでしょうか。寒い河原での豚汁は、さぞかし、美味しいだろうなぁ、と思っております。
オーバーヘッドもスペイも実際の川で振れちゃうのは、なかなか無いです。
あのフェスタのように試し振りするまで、ロッドを借りてから延々待たなきゃいけない、ということはおそらく無いでしょう。なにせ、広いです。

とにかく、雨上がりで、しかも天気予報で「冷え込むでしょう」と報じられているので、寒いと思います。寒さも風も本栖の寒いときよりはマシ、ですが、体感温度的には良い勝負です
是非とも防寒してきてください。
もちろん、前日から車中泊、またはキャンプされる方は、それなりの装備で望んで下さい。甘く見ると、寒いです

金曜日、15日の放流は、おそらく、午後1時~2時から開始です。
この放流のお手伝いに参加されると、「やいやいやい。それはマズイだろ」という魚が見られますので、是非とも、お暇な方は、参加してみて下さい。

←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2006-12-14 00:16 | その他

鮭釣りに行ってきました。

と、言っても、えらい前の話ですが^^; 10月23,24日のお話です。

前日の午後に現場に到着。早速、エリア上流の橋から川を覗くと、おおおおー いるいる。群れておっかけっこしてるのも居る。凄い光景でした。
手取へ2回通いましたが、こんな群は見たこと無いし、もの凄くデカイ。

もう、わくわくして熟睡できませんでした。と言いつつ、同行の方々に聞くと相変わらず、爆音のいびきだったようです。

大潮で、良い感じに流れが発生すると予想してましたが、ほとんど雲名状態。すこーしだけ流れる感じでした。中州に渡り、支流のほうを、まず狙いました。昨日、群が居たほうです。

3回ほど針掛かりするも、アワセが足りないのか、ばれてしまう。そうこうしてるうちに、潮止まりになり、止水状態に。

少し休憩して、並んでいる間に入れて貰おうかと思ったのですが、ずーーっと沖まで行けそうな気配があったので、「どこまで行けるか、行ってみます」と、ずーっと歩いていって見ると、なにやら、水面に波紋が・・・

明らかにデカイ魚が水面下を動く引き波が、時々、あります。
魚は居るようなので、投げてはリトリーブ、向きを変えて、投げてはリトリーブと、やっていると、アタリが。逃げられてたまるかと、渾身の力でフッキング&手繰りまくり。
そのうち、気が付いたのか、暴れ回って、すこし大変でしたが無事ランディング。
やっと、初めての鮭ゲットいたしました(^^)
b0054622_21514141.jpg

写真を撮っている最中、口の中へ親指を突っ込んでしまい、カプっカプっと噛まれ、少し流血しましたが、もー 嬉しいし、ホッとするし、で、弁当が美味しかったです。

二日目は、雨の影響で濁りが入って、前半苦労しましたが、本流側でフルキャストして、もう一匹ゲット(^^)

無事、3度目にして、鮭を釣ることが出来ました。
やっぱり、鯉とは違いますね^^; サイズは同じ様な物ですが、ダッシュが違いますね。
イクラ丼も美味しかったし、フローティングラインでの鮭釣りは楽しいです。
頑張って、来年も釣りに行こうかと思います~
[PR]

  by fly-kubota | 2006-12-05 22:01 | その他

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE