カテゴリ:鮎( 85 )

 

裏目の大井川、やっぱり雲名。

日曜日。
ほんとは、ゆっくりして、15時頃から川見かねて、雲名、気田下流域に行くつもりでした。
しかし、目が覚めて、うーんやっぱり釣りに行きたい、と思っていたら、上州屋のメールが。
まだ間に合う、大井川!!
なんて、感じなので、行ってしまいました。ほんと思いつきです。
いやいや、雲名も気田も先日の雨で駄目っぽい感じだったので。

一時間半ぐらいで到着。
鮎の里をやってみる。
平べったい瀬。ヘチから沖まで良い感じです。なのに、ど真ん中で対岸を狙う方々・・・
無視して、手前から泳がせます。すぐに掛かります(^^)
ところが、その後が続かない(-"-;) 忘れた頃に掛かる感じ。
話しに聞くと、どうやら、土曜に目一杯抜かれ、午前中もたっぷり人が入っていたようです・・・(-"-;)
下流の淵も、さして大きくも深くもなく、上は砂利のチャラ。
んんんー と唸りながら、18時まで頑張ってみましたが、6匹。
40匹の予定だったのにー(-"-;)

で、

帰り。また上州屋のメール。
予定していた雲名が好調だった様子。あー 完全に裏目でした(T_T)

てなわけで、今日。
なんとか頑張って仕事をやって、2時半には雲名へ。
前回の謎の巨大魚ポイントは、青ノロが酷くなってきていて、fly-tomoさんのアドバイス通り、もっと上の渕尻へ。kei爺さんはもっと上のトロ。掛かっているようです(^^)
じっくり引っ張って、反応があるところで泳がせて、で、掛かるときは連続で掛かる、でも掛からないときは全然掛からない、という、不安定な感じ。
でも、なんだかんだで13匹。やっぱり、雲名ですねぇ(^^)

TSスペシャルの0.1を使用しましたが、どうも、引き感が重いような・・・ 泳がせもちょっと重いような・・・ たまたま、そういう日だったのかもしれませんが、結構太さを感じました。

それにしても、取り込みをナントカせねば・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2008-08-04 20:30 |

やっと、天竜で14匹。

実は、24日夕方2時間、25~27日の午後と、天竜川塩見渡付近を4連戦していたのですが、4,10,3,3匹と、散々結果に、アップの気力がありませんでした。
しかも、たまーに掛かるけど、やりとりが下手くそで、流れに飲まれて取り込めずばらしてしまうことが多く、こりゃこりゃ(-"-;)と、沈んでました。

しかし、今日。
竿下ろしの弟と雲名の下の淵へ。
先行者におじさま。でも、掛かる様子は無し(-"-;)
どれどれ、と引っ張ってみると、噂通り、掛かります(^^)

でも、時折、オトリに近づく巨大魚が・・・(-"-;)
なんと、自分は3回、弟は2回も謎の巨大魚に襲われ、オトリを失いしました。当然、仕掛けも。
たぶん、ニゴイでしょう。でも、別のは、流芯で掛かって、首振りながら下に下ったのは・・・・

補修のジョインターを使いましたが、これまた、瞬間接着剤無しだと、スッこ抜けるようで・・・
今度は明らかに、どんぶり連発・・・
ついに、ジョインターも無くなり・・・(-"-;) 今日は仕掛けロストが合計6回・・・

でも、青ノロにも負けず、14匹。真っ黄色の鮎ばっかりです(^^)
仕掛けをやられなきゃ、初の20超えも夢じゃなかったのに・・・

さーて、仕掛けの補修しなきゃ。
[PR]

  by fly-kubota | 2008-07-31 19:10 |

イライラな気田。

今日は、14時半ぐらいから気田へ。
役場前。中道さんのところで1匹だけオトリを買います。
fly-tomoさんが「俺のがあるけど、1匹だけ買いなさい」と。
さんざん、中道さんより「役場前は厳しいとおもうぞ」と言われても、fly-tomoさんは「いい、いい。こいつは修行だから。」と。

てなわけで、役場前。
浅いけど、筋はある。ヨーク見ると、大きい石に青い苔が。ん?ということは、この周辺は、普通の苔もあるんじゃ・・・ と、大石の裏へオトリを入れます。
へたへた泳がしたり、引っ張ったりしてると、カカガーン キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?

うっし、と抜くと、キャッチミス。痛恨のバラシ(T_T)
次も・・・バラシ。

でも、あきらめず丁寧に引っ張って泳がせていると、掛かってくれました。
結局、キャッチできたのは、4匹。バラしたのは4匹。

んー 抜きは、やっぱり問題アリまくりですな。
あと、精神的に、イライラしてしまっていた感じ。あと、針も考えなければ・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2008-07-21 20:08 |

やっぱり、まだ早い気田中島。

今日は、15時から気田中島へ。
fly-tomoさんに連絡してみると、kei爺さんが天竜中島へ行っている、なかなか渋いけど、サイズでかいぞ、てな感じなので、到底、自分が釣れるはずもないので、駄目元で気田中島へ。

着いて驚いた!!中州ができてます。瀬の上の浅いところがだいぶ変わったようです。
膝まで入って、タビが見えるのでやってみることに。

やっぱり掛かりません。ハミ跡も少なく、アカも少なく・・・
中州ができて、深いところが池っぽくなっているので、様子を見に行くと、ちっちゃいのがもの凄い群で居ました。試しにやってみるも駄目。

瀬の中も引いてみましたが、駄目。
やっぱり、まだ早いようです(T_T)

でも、このままなら週末はできそうな感じですよ。たぶん^^;
[PR]

  by fly-kubota | 2008-07-15 19:02 |

チョロ川の吉川。

先日の練習会、お疲れさまでした。
炎天下の中、楽しんでまったりと練習できました(^^)
次回の可児が楽しみです~

で、今日は、吉川へ。

前回、吉川へ行ったときの水位は、0.30m。今回は、0.16m・・・
こりゃ、水無いぞ(-"-;) と思いつつ、行ってみると、やっぱり・・・
でも、釣りができないわけではないので、上の道沿いの瀬へ。

14時半到着。やった(^^) 誰もいない。ちょっと下がって、浦川でイメージを掴んだ引き釣り泳がせで対岸のヘチを登る・・・
水量が少ないので、カンタンにたいがんのヘチへ入るだろう、と思っていたのが、そもそもの間違い。どうやら、流芯からのカケアガリが浅すぎて、オトリが嫌がる嫌がる(-"-;)

でも、野鮎だって嫌がるはず。この調子で登っていけば絶対掛かる、と信じて、じりじりと登る・・・

ひときわ真っ黒い石の周辺に到達。これは来るか?と思ったら、目印の下流でシルバーの閃光が(^^)
一瞬間を置いて、ガツーンと下流に引っ張られます。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?

新しくなったオトリで周辺を泳がせてみるも、ダメ。また対岸を引きます・・・
またキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?

どうやら、今日はこのパターンが良いらしい、と思い、そのまま続行。もう一匹追加して17時に終了しました。

と、実は、対岸に仕掛けを引っかけること4回(-"-;) 一回はどうしても取れず、水中糸を切ってしまいました。うーん。やっぱり、支流竿が欲しいところです。
途中から、ハナカン誘導、背バリの仕掛けに変えてみました。ウエポンとは違う感じの引き堪え。軽く引ける感じ。でも、浮いてるような・・・
引くだけなら、背バリでも良いはず、と思ったのですが、実際の所、引き釣りと言っても、キッチリ引っ張っているわけではなく、ちっちゃいオバセで引いてるわけですから、オバセにはウエポンのほうが有利、ということで、次回はウエポンに戻したいと思います。
弱っちゃって、完全に引っ張るだけなら、背バリでも、レールをキンキンに張ったウエポンでも変わらないですが^^;

んー それにしても、水が少なすぎる・・・(-"-;)
ぼちぼち気田で何とかならないかなぁ・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2008-07-14 19:29 |

灼熱の浦川。

最初は、吉川の予定でしたが、どうせなら、中天、浦川まで行ってみよう、と弟と話がまとまり、急遽、佐久間方面へ。

中天、B型鉄橋は激混み。スルーして、浦川へ。
下川合、たけやぶ共に、結構な混雑。参ったなぁ、と思いつつ、とりあえず、大黒屋さんへ。
オトリと入漁券を買って、いろいろ聞くと、小田敷は比較的空いてる、とのことで、向かってみました。
途中、まわたりの駐車場はいっぱい(-"-;) 橋を目指します。
渡ってみると、あらら。4台停まってます。でも、川は少しは入れる場所がありそうなので、降りてみました。

すぐのトロ場を弟がやってみましたが、一匹だけ。自分は下の瀬の付近をやってみるも、なーんにも反応無し(-"-;) 豊川用水のサイホンをくぐって、上流へ。
大千瀬橋の下をやってみると・・・ やっと掛かりました(^^) いきなり、18cmぐらい(^^)
うしうし、と上機嫌でやってみるも、さほど連発せず・・・ サイズももう一匹、同寸がきたものの、そのほかは煮干しサイズが3つほど。

しかし、とにかく暑い。背中が焼けるように熱いし、竿も熱いのです。念のため、舟は引かず、重い石を載っけて完全に水没させて、体のほうは定期的に水浴び。でも、アッという間に乾きます。
水温も22.5度。いよいよ夏ですねぇ(^^)

一段落したので、上がって遅めの昼食。
有名ポイント、たけやぶへ。

緩いところも、早いところもあって、でも、さほど深くなく、良い感じです。
でも、なぜか人がまばら。みなさん帰っちゃったのでしょうか?

緩いところからスタート。丁寧に手前から泳がせます。
出してすぐ、ゴリゴリっと音がしたので、あら 根掛かりか、と思いきや、掛かった(^^)
17cmぐらい。その後も、すぐに掛かって、なかなか上がってこない!!今期、一番の20cmが出ました( ´∀`)
その後も、ポツポツと掛かります。
最後、夕方は、瀬まで下って、瀬の中を引いてみました。ガツーンと良いアタリです。
強気でタメて引き抜きます。おお デカイっと思って手前に落としちゃったら、バレちゃいました(T_T)
18時まで粘りましたが、結局、瀬ではゲットできず。
こっちはチビは2,3匹で、7匹。小田敷との合計で12匹。久しぶりのツ抜けです。

今回は、チラシも使いましたが、追いが良いのか、腹掛かりや尻掛かりになってしまったので、錨にチェンジ。すると、瀬掛かり連発。ハリスを長く出すと、また腹掛かり、という感じだったので、ほとんど錨でした。
一角ライト5号4本、エアスピード6号4本、Mチューン7号4本、スティング6.5号4本など。
指1本ギリギリが良い感じでした。
たけやぶは、最初は竿を立てての泳がせでしたが、途中から、上に竿を倒しての引き釣り泳がせに変更。今日は良い感覚でオトリが引けました(^^)

んー たけやぶ良いですねぇ。さすが人気ポイントです(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2008-07-12 21:37 |

修行の吉川。

15時から行ってきました。吉川へ。
下から順に川を見ていきます。昨日、ケイさんに教えて貰った石の色を探し求めて。

んー 無いです(-"-;)

どんどん登ります。川の家のさらに上の道沿いに瀬があるところの対岸の石が、まさにこの色!! でも、その真正面に2人入ってます。さすがに、無理です。

で、いろいろ見るも、うーん惜しい、という場所は大体人が入ってます。みんな石を見て入ってるんでしょうね。

結局、前回玉砕した場所へ。
様子を見ながら上流から下る作戦を立てました。

ポンプでのエア増量が効いたのか、オトリは普通に元気。
でも、なーんにも反応がないです。

しばらくして、オトリが流され、ああ ダメだ、と思ったけど、まぁ 竿を寝かせて入れてみるか、と試してみると、ガガガっ おおおお 掛かった(^^)
なーるほど、こういうところは残ってるのね、と考え方を変えて、速い流れを狙います。

すると、すぐにまた一匹(^^) それにしても、ぷっくり太った17cmぐらいの綺麗な鮎です。
その後、キラッと光る鮎を見つけましたが、掛からず、17時になったので上がりました。

川幅が狭く、浅いので、チラシだと、どうしても根掛かりしやすく、今回は錨でした。タイプ2 7号3本錨、一角ライト5号4本錨を使いました。

ウエポンのレール縮れ、対策部品を量産したので、組み替えして明日、使います~
明日も吉川の予定です。
[PR]

  by fly-kubota | 2008-07-11 19:12 |

08ダイワ鮎マスターズ 三河地区大会 観戦記 おまけと感想

やっぱり、大会会場に来なきゃ、鮎のトーナメントは分からない、と思って、今回、来てみましたが、はい、やっぱりそうでした。
すぐに気が付いたのは・・・・

詳細はココをクリック。
[PR]

  by fly-kubota | 2008-07-10 22:20 |

08ダイワ鮎マスターズ 三河地区大会 観戦記 その2

さて、決定戦です。180人から、30名です。+シード選手が4名。
ここから、ブロック大会へ進出できるのは10名。厳しいです。

続きはこちら。
[PR]

  by fly-kubota | 2008-07-10 21:48 |

08ダイワ鮎マスターズ 三河地区大会 観戦記 その1

今日は忙しいかったです~
まず、9時におばあちゃんをディサービスに送り出し、速攻で上寒狭へ。帰りは、おばあちゃんに、なんとか待っててもらって、夕食食べて、漁協の投網講習会のお手伝い、その後会合、とバタバタした一日でした。
で、今回は写真がたくさんなので、書きながらアップしていきます。

見たい人はココをクリック。
[PR]

  by fly-kubota | 2008-07-10 21:20 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE