カテゴリ:鮎( 85 )

 

初めての鮎釣り大会の朝。

初めてって、人生において、そうたくさんある出来事ではない、と思っています。
だって、その事柄で1回しか無い訳ですから。

だから、初めて、を特別の事、と思わず、普通に普通になんて考えるから、よけいに緊張するわけで。
そうそう無いのだから、緊張するのは当たり前、吐きそうになって手が震えるのを楽しみに行く、と思えば、少しはマシになるような・・・
吐きそうになるほどの緊張なんて、そうそう無いですからね。

今現在は、たいして緊張してません。むしろ、巴川ってどんな川?とワクワクのほうが勝っていたりします。

とりあえず、一杯引っかけて、は無理なので、お腹が減らないようにご飯は満足するまで食べて
、ちょいちょい補充できるように食べ物を買っていきます。
以前、テレビが何かで、緊張によるストレスなどには、糖分が効くとか効かないとか・・・お腹が減ると不安感が出てくるようなので。

とりあえず、仕掛けはいつも使う007。完全を2つ、張り替えを1つ。01も完全1,張り替え1。005も同じ。でもヨーク考えると、切れたらマイナスになるわけで、途中でオトリが無くなってもオトリ屋に買いに行くなんてできないですから、切っちゃマズイですね。はい。
針も胸の改造フライパッチにしこたま収納しました。エアスピード6.5、パワーミニマム7、スピード7.すべて4本錨。いつも、針ケースに入れたままで、ここへ仕込むのを忘れてましたが、今日は活躍しますです。いつも以上にバンバン使います。

いつもの目標通り、ツ抜け。あ でも、人は多いし時間が短いから、どーなのかな・・・

さて、ぼちぼち出かけすまかねぇ(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2008-09-07 03:06 |

急遽決定。ダイワチームバトル参加。

突如、クワダイさんからお電話。欠員が出たのでどうです?とお誘いを受けたので、喜んで行くことにしました。漁協の大会も、前半の気田川の大会も出られなかったので、待ってましたとばかりの勢いです(^^)

今度の日曜日、巴川、香嵐渓の近くですから、練習に行くもなにもできません。
急いで、昨日切りまくった仕掛けを補修せねば・・・ 大会用にいっそのこと新品で作り直そうかな。
でも、ちょっと初トーナメント参加で、緊張・・・ 心配の無いようにキッチリ準備しますかねぇ。

当日は、余裕があるかどうか分かりませんが、また現場レポートしたいと思います。
初参戦記お楽しみに~(^^)

ちなみに、その次の週の気田川オープンも参加します~
[PR]

  by fly-kubota | 2008-09-04 19:36 |

早いんだって。だって真っ白なんだもん。

今まで通りなら、題名通り、鮎釣り師匠fly-tomoさんにツッコミをいれていたでしょう。
しかし、ここ最近、掛からないわけがない、というくらい掛かる自信が付いてきたので、なんとかなるだろうなぁ、と昼から気田川中島へ。
ヘチも瀬も引いたり泳がせたり。たまたまなぜか掛かった1匹のみ。もちろん瀬の下もやってみますが、根掛かりして、仕掛けを切る始末・・・ なぜか養殖君も舟で死んでるし・・・
fly-tomoさんも苦戦・・・っても、このクソオヤジは、悔しいかな ツ抜け。大したもんです(-"-;)

で、15時。オトリ屋へ寄って、天竜川雲名。
二発が停まる、との情報を入手したので、駄目元で行ってみる。
気田と同じ色、全然停まっている気配なしの水量に、あーあーあー と、思ったけど、上の瀬の上に人が。ちょぼちょぼ掛けてる!!
普通にいつもの上の瀬へ行くように流れを渡ります。
水が引くという前提と、水がないときに大体どうなっているか知っているから入っていけるのです。普通だったら恐ろしくて入れるわけがありません。

本来の流れの所になんとか到着。オトリを入れてみると、ってか、入らない^^; 流れが強烈すぎる。手元から泳がせて、徐々に沖へ・・・
あー なんか枝みたいのが流れて来るんだなぁ、と思ってたら、掛かった!!枝が(-"-;)
でも、流れが強烈すぎて、どうにもできない感じ。あっさり竿を真っ直ぐにして仕掛けを切りました。

んー (-"-;)

ダメな日だな。と思いつつも、なんとか釣りになりそうな流れに移動して、オトリを泳がす。
引いて上流へ。なんとか1匹。綺麗に瀬かがりで、サイズも20cmぐらい。
でも、こいつが泳がない(-"-;) 結局根掛かり。はずせないから、仕掛けを切る(-"-;)
最後のオトリ。やっぱりこいつもヘロヘロ。また根掛かりで、はずせず、仕掛けを切る(-"-;)

激流の厳しさに、もうヘロヘロでした。
やっぱり、甘くないですねぇ・・・(-"-;)
[PR]

  by fly-kubota | 2008-09-03 20:26 |

雨の気田川。

昨日、弟と気田川へ。
道中、雨がパラパラ・・・ まー 大丈夫でしょ、と中道おとりさんでオトリを。
前回の事を報告、すると、おー 今度はもっと掛かるぞ、と(^^)

でも、あえて、違う場所へ。前島橋上。10時。
一発目から、丁寧にオトリを泳がせます。
スイスイと流芯へ。おいおい頑張りすぎだぞ、と引き戻して、カケアガリを。
すぐに掛かる(^^) うしうしと、この調子で8連発!!
これは今日は大爆発だーと思っていると、もの凄い雨。

連発は停まり、川も心なしか、濁ってきた?

丁度12時だったので飯しながら雨宿り。

弟はたいして掛かってないので、前回の合流点の下へ。

ここも、少し濁りが・・・ でも、めげずに白泡の浅い石裏へオトリを入れていきます。
掛かるけど、なかなかコンスタントに掛からない。結局5匹追加。
濁りも真っ白に酷くなってきたので、14時半に撤収。

もうすこし雨が降るタイミングが遅ければ、良い感じに続いていたかも・・・
やっぱり今回も、めんどくさい場所、やりにくい場所が大当たり。
このパターンはいつでもどこでも不滅ですなぁ(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2008-08-29 22:39 |

ついに30超え。

30超えって、歳じゃありません。そんなのとうに越してます^^;

金曜、弟と気田へ。
中道おとりさんで、オトリを買いながらお話を聞く。お師匠の師匠ですから、やっぱり、ちょっぴり厳しい。地元の方に、20は釣れるから、大丈夫、と念を押されました。
正直、んー 20はどーなんかなぁ・・・ と半信半疑で向かう。

本流、熊切との合流点右岸。上は平瀬からチャラ瀬、早瀬で淵へカーブしながら落ち込んでます。
先客が居たので、離れてスタート。
泳がせより引いた方が良いぞ、と聞いていたので、流れもさほど強くないので、005で挑戦。
良い感じに引けます。でも、なかなか一匹目が掛からない。駄目かな、と思ったら、来ました!! ちっちゃい。16cmぐらい。
でも、そっからが良いペース。少しの間で6匹近く掛ける。すべて引っ張り。

手前から、中心、対岸のヘチまで丁寧に引きずり倒す。もちろん、瀬も。やはり、対岸や瀬の細かいスポットの魚は大きく、何の変化もないようなところの魚は、白く小さいものも居ました。

飯を食べ、淵にも挑戦。瀬と淵の境に入れるのですが、ノー感じ。瀬の脇は良い感じ。一見浅くて早いところでも、バンバン掛かるので、取り込みはもうあたふた。
さほどでかくないのに、ウホッと声が出るほど。良い引き味でたまりません(^^)

弟は、ずーっと言われていた、ジッと同じところでやるな、足で稼げを実行して、下の瀬まで釣り歩いて10匹。あっぱれです。

最後、20ちょっとかな、と思って舟を開けたら、30ジャスト。いやー びっくりです。

今回、針の選択が結構難しかったです。こまめに流速に合わせて変えないと駄目ですね。結構ケラレました。根掛かりを意識して小さくすると、ケラレて、大きくすると、根掛かりしながらだから針先を消耗してるせいか、やたらと腹、顔掛かりが多かったり。ハリスの長さを短くすると、多少は良いのですが、掛かりが悪かったり・・・ ちょっと悩みました。

それにしても、取り込み。全然上達してないです・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2008-08-23 20:13 |

駄目元の中天挑戦。

また弟と出撃です。雲名の瀬がいつに駄目になったようなので、どこかないのか?ということで、駄目元で行ったことのない中天に行ってみました。

おとりやさんで話を聞くと、なかなか難しい様子。とりあえず、鉄橋と吊り橋の間に入ります。
準備して、さて、行くぞーっと、あれ?なんか身軽?

!!! タモ忘れました(T_T)!!!
車の中にあった、フライの渓流用ネットを借りてみました。無いよりマシか・・・

入ってみると、とにかく、魚がビュンビュン走り回ってます。時々、石について、ベラベラやってるかと思ったら、すぐに居なくなる・・・・
泳がせたり引っ張ったり、2時間ほど粘りましたが、このまま夕方まで我慢できない、ということで移動。

高校前。すでにせまい分流に3人ほど先客が。
釣れてる様子もない・・・・
てか、上流の瀬から人が降りてきます。あれ?竿が曲がってる? あーあーあー でっかいニゴイにやられてます。手伝って、なんとか、針を外します。
こりゃ 上の瀬は駄目ですな^^;

とりあえず、誰もやらなさそうな、下の絞れたちっゃちゃい瀬を狙ってみます。

意外と泳いでくれる養殖オトリさん、うしうし、と泳がせる。
対岸のヘチへ近づいたとたん、スコーンと下に下る。掛かった!!
その後も同じ場所でもう一匹追加。

その下の瀬の落ち込みにも石がはいっているようなので、岸から底をはわせるように、行かせると・・・ うっし 掛かった(^^) ここでももう1匹追加。

そして、その下のトロへ。真ん中の深みはやったので、そこへ入って、対岸のヘチへ。
結構浅い。根掛かりを外しながらスイスイと泳がせてると、ギューーンと目印が飛びます。
どうも、対岸のカケアガリからヘチに付いているようで、5連発(^^)

タモが無いので、引き抜かず丁寧に寄せて取り込みます。こんなスローな手返しでも釣りになるもんですね。

それにしても、今日は読みが当たります(^^)

しかし、4時半回って、なーんにも反応が無くなる(-"-;)

瀬に人が居なくなったので、いざ、デカイの狙いに。

7号から7半へ。ちょっと出し気味にセットして送り出します。
浅くて結構早いので、こまめにオトリを変えます。タモがないので、一気に開けて探せないので仕方ないのです。

お これは泳ぐぞ、というオトリ発見。怪しいところへ誘導して、泳がせます。
スイスイと行ったと思ったら、トーーンと、もの凄い速さで対岸へ持っていかれて、一気に下流に下ります!!

入るときに見たニゴイを思い出しました(-"-;)
あー こりゃニゴイだな、と。

とにかく、ニゴイでもゲットしたいので、慎重に下って緩いところで寄せることにします。
慎重に丁寧にやりとりしてると、オトリが浮きます。

よし、もうちょい。

おお 背中だ!!!

鮎じゃん!!

ツケ糸を慎重に掴み、ネットですくいます。

おおおおおおおお でかい。

ゆうゆうと手のひらを超えます(^^) 掴むと手に余ります。

さすがにこれをオトリに使うのは怖いので、すぐに舟へ。
オトリも交換して、同じ場所へ。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?って、今度は普通サイズです。っても、20弱。

その後、一匹バラして、その上の緩めの瀬もやりますが、反応無し。
18時に上がりました。

釣果は11匹。ツ抜けです(^^)
残念ながら、弟は1匹。
たいへんですなぁ(^^) みんな通る道ですね。
いつまでも、掛かると思うな、雲名の瀬、で御座います。

タモを忘れたのは、意外といい発見をさせてくれました。
でも、中天の流れだからこそ、抜かずとも取り込みができたのだと、思います。
もちものチェックはしっかりとせねば。
[PR]

  by fly-kubota | 2008-08-20 20:52 |

瀬はやっぱり楽しい。

今日は気田中島。
結構濁りがきついように感じます・・・ fly-tomoさん曰く「掛かる掛かる」と言うので、やってみることに。

弟の仕掛けであーだこーだやっていたら、すぐに掛かった!!これならよしよし、と思ったのですが、ここから地獄の始まりでした(-"-;)

11時ごろから13時までさっぱり・・・

昼飯をたべて気分転換。

で、しばらくすると、fly-tomoさんが流芯で掛け始める!!掛かるぞーってなわけで、自分も流芯へ。

やっと掛かり初めて、最終的には6匹。全部、瀬でした。
瀬は、体力的に疲れますが、掛かったときの快感はたまらんです(^^)
17時に終了。弟は、ヘチや流芯脇で5匹でした。
地獄から、一気に天国、とまでは行かなかったですが、楽しく終わることができました。

さて、明日はちょっと一休みかな。連休中、予定があって、たぶん、明日が鮎釣り最後になりそうです。そーすれば、いよいよ、待ちに待った盆明け。甘露煮用にガッチリ掛けますよーーー
[PR]

  by fly-kubota | 2008-08-10 20:09 |

みんなのやらないところ。

今日は気田へ。
大水後の残りアカと言えば中島。石裏のアカを狙うわけですが、瀬の石裏はみんなが攻めます。
瀬の下の大石、砂利の中の大石は、なぜかみなさん狙わない。青ノロが着いた前回もここは良い感じでした。

ですので、行く前から、決めてました^^;

で、早い昼飯を食べて、開始。
すぐに反応アリ!!何匹か掛けます。でも、すべて痩せている・・・ 仕方ないですけど、なんとも・・・ アカ腐れの雲名の上の瀬の魚と比べちゃうと、ガックリです。

ぼつぼつ掛けて、カミナリがゴロゴロ、雨が降り始めたので撤収。15時に上がりました。合計、8匹。まずまず楽しめました。

さては、明日は、どうするか・・・
休みの弟の行きたいところに行きます。
[PR]

  by fly-kubota | 2008-08-09 21:19 |

丁寧にじっくりと。

昨日の雷雨後の貸し切りは、結構時間が迫っていることもあって、冷静さに欠けてました。
バーッと掛かるところだけ拾っていく感じでしたが、今日は、じっくりとここぞ、というところにオトリを入れて釣る感じに、じっくりとやってみました。

右岸に渡り、波立ちが始まる近辺から、一つ一つ、ヘチから釣っていきます。
ここぞ、という所から3,4匹は出る感じ。ケラレもバレもありましたが、昼から17時半までで、14匹。弟は7匹。

一番の今日のドラマは、後半にありました。
とりあえず、数はそこそこ掛けて、でっかいのが欲しいな、と思い、下流の石裏に丁寧にオトリを入れてきます。

突然、目印がズバーンと飛びます。そして、上流へ登っていきます!! 次の瞬間、ぐるぐるもつれながら今度は下ります。
グーッと引き抜きの体制に入り、思い切って、うりゃっと抜いてみると、デカイ!!
16、7cmのオトリが小さく見えました。でも、手前に落としてしまい、ああ とあせって、浮かせようとしたら、パチン、と乾いた音が・・・・

切れました(-"-;)

新品の0.07のTSスペシャルが傷も付きそうにない目印のちょっと上で切れました。
もう、慌てる慌てる^^; 01に張り替えて、同じ所に入れると、今度は目印が揺れる。
おお これもでかい!!
今度はちゃんと取り込みできて、手のひらを合わせてみると、余裕でヒレが出る( ´∀`)

昨日の魚もでっかいのは居ましたが、ここまでプリプリなのは居なかったのでした。
明日の昼は、塩焼きです(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2008-08-06 19:24 |

まったりと、骨折り損と、貸し切り。

休みの弟と雲名へ。
今日は、前半、ガイド役に徹します。5,6匹掛けるまで、あーだこーだ、緩めろ、張れ、初心者なりにアドバイス。竿を立てての泳がせは結構慣れてきたようなので、自分も釣り開始。
10時から昼までで弟9匹、自分5匹。なかなかまったりと楽しみました(^^)

で、人間、そこそこ釣れると贅沢になるもんで、天竜本流をやってみようと、下流すずかけへ。
昼食後、弟はヘチ、自分は頑張って沖の良い感じの馬背へ。
必死こいて渡ります。徐々にオトリを入れても、掛からない(-"-;)
掛かっても、オトリより明らかに小さいし、取り込みが不安定でバレる(-"-;)
しかも、馬背は、砂利。良い感じの色ですが、砂利だったのでした(T_T)
まさに、骨折り損・・・

あきらめて、再度雲名へ。

しかし!!!
もの凄い雨。ゴロゴロとカミナリが酷い(-"-;)
途中、花桃の里でトイレに寄ったら、あら?、見たことの車、マラドーダさんです。
なんと、昼に雲名に来て、2時間そこそこで20ぐらい掛けたのこと。橋の上の瀬だということで、うちら兄弟は、めげずに雲名へ。

もの凄いカミナリと雨・・・

1時間ほど雨宿りして、16時ちょっと前から入ります。
もちろん、貸し切りです!!
すぐに、3連発!!型もそこそこ(^^)
これはいいぞ!!とコーフンして続けるも、ストップ(-"-;)
青ノロが針や仕掛けに絡むこともしばしば。ポツポツ釣れます。たまに20cm級も(^^)
18時半まで粘りましたが、自分9匹、弟5匹。
ツ抜け、なかなか難しいもんですねぇ。

過去最高の釣果で弟はご満悦。今日はこれでヨシとします(^^)
明日は、この夕立?がどういう影響が出るか、ちょっと心配です・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2008-08-05 22:34 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE