カテゴリ:サツキ( 33 )

 

水位について気が付いたこと。

先日「どーんと降って、濁りが取れるか取れないかの時に、大潮だったらベスト」「でも、そんなのは、ほんと、無いと思うし^^;」なんて書きました。

今日は、結構雨が降って、水位もかなり良い感じ・・・

チャンス、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!? と言う感じです。

いつも、中ノ町の水位を見てます。というのも、上流の鹿島では、船明ダムと阿多古川の状態しか掴めないので、釣りに行く場所に近い、中ノ町を選んでいるわけです。
しかし、もっと下流の掛塚もあったりします。ここは、潮の影響で水位が変化します。だから、あんまり参考にはならないな、と思っておりました。

が、よーく考えてみると、海から魚が登ってくる、だから、大潮で大水がよろしい、ということは、掛塚の水位は、川の水量と潮の満ち引きも加味してるわけで、「あ これって、こっちのほうがいいじゃん」と今頃、気付きました^^;

で、いろいろ見てみると、2007/02/15 06:00 0.11 が最近では最高。
で、本日の最高は、2007/03/05 19:00 0.22

これは、絶対、登ってくるでしょ( ´∀`)
で、今は、2007/03/05 23:00 -0.47。もの凄い減水のように感じますが、潮の加減でこんだけの差になっているわけです。中ノ町を見てみると、ピークを維持してます。

んー 夕マズメとか朝マズメに潮を絡めて考えると単調な天候でも結構、気合いの入る状況は考えられそうです。なかなか釣れないですから、気合いは大切だと思います。はい。

でも、これに場所が絡んでくるし。
比較的、深くて緩めのところが良い、と聞いたり、いやいや、エサを拾いに瀬にさすから、浅い瀬が狙い目、と聞いたり・・・ こーなると、どこでもポイントのように聞こえます^^;

明日は、夕マズメに出撃予定です~ 風が気になりますが・・・
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-03-06 00:41 | サツキ

大潮と水位。

さて、いよいよです。
が、とりあえず、3月20日前後までは、予行演習みたいなものだったりします。
と、いうのも、佐久間ダムの流砂促進事業の影響で、この3月20日前後までは、おそらく濁りが続きます。

個人的には、膝上までウェーディングしてブーツの先が見えればOKという話を信じてるので、大体は大丈夫だとは思いますが・・・ んー 微妙です。

で、稚鮎の遡上は、なかなか良いらしく、かなりの量らしいです。
ヒゲナガのハッチはまだ見てません。と、いうか、これは現場に通うようになってから分かることでしょう。

大潮は、3月4日(満月)、3月19日(新月)です。
水位は、現在非常に低いです。2月20日の-1.29mをピークに下降して、22日ごろから-1.8mに安定し、そこからゆっくりと下降して、現在-2.0m。今、にわか雨がサッと降りました。

一発、雨が降って水位に変化があれば、良い感じです。
でも、遡上が早いなら、すでに、この20日に入って居る可能性もある・・・ のでしょうかねぇ。
微妙です。

昨年は、どーんと、水が増えて、引き始めて、濁りが取れて、「あー 釣り出来るかなぁ」と思っていると、ルアーの方々の釣果が聞こえてくるので、水位はかなり影響があると思います。

しかし、現在のように、水位に変化が無い場合は、潮が影響してくるような・・・
ほんとは、どーんと降って、濁りが取れるか取れないかの時に、大潮だったらベストだと思います。でも、そんなのは、ほんと、無いと思うし^^;

とにかく、通ってみます~
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-02-27 23:52 | サツキ

右岸の下見。

やっと、右岸の下見に行って来ました。
左岸より、ずっと河原までのアクセスがしやすく、やはり、追い風でした。当たり前ですが^^;

で、メモ用紙を持っていかず、カメラのみで行ってしまったので、ちょっといい加減ですが、感想を書いてみます。あと、右岸ですので、「あー 右岸かぁ・・・」という少し落胆の気持ちが入ってますので、ちょっとリアクションが薄目ということを考慮に入れて読んでみてください^^;

まず、東名の下へ行ってみました。
かなり河原が橋の上下、何も障害物もなく開放的。流れも橋の下に瀬と分流、そして、すぐしたに、合流と、ちょっとした落ち込みがあり、良い感じ。その後の流れも右岸に向かっての左コーナーなので、良い感じです。

その後、国一前後はパス。アクセスも悪いし、たぶんダメっぽい。

東海道本線-新幹線の区間は、ちょっと底の変化が無いっぽい。分流してるので、なんか流れにパンチがない。新幹線の直下周辺は合流して絞れて橋脚にぶつかっている感じなので、魅力的。その下もなかなかです。

そして、その下は、大規模な河川工事中。安間川合流点周辺、上下流は立ち入り出来ません。

当然、掛塚の橋の下流部は、こちらからは、一切進入できませんので、ご注意を。

結果として、この二カ所ですが、右岸は、開放的な河原が多く、楽しく釣りが出来そうな感じです。

んー それにしても、左岸からやりたいなぁ・・・(T_T)
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-02-26 01:00 | サツキ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE