カテゴリ:サツキ( 33 )

 

メタボなやつと、派手なやつ。

昨日は、結構、危険が危ない状況で、目的のポイントには近づくこともできませんでしたが、今日は、すこーしだけ減って、近くに行くことができました。
が、足下の石がゴロゴロと音を立てて転がっていくような流速ですので、安全第一で、もっと緩いところへ下がりました。

で、前回同様、リトリーブでアタリ。すかさず、フックをワンサイズ落として・・・

スゥイングでアタリ無し。慎重にリトリーブしてると、ぐぐっと、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?
しっかりと、くわえてくれて、ランディング成功。

かなりメタボリックなやつです。検診で一発アウトな体型です。
やっと写真に収めることができました。
b0054622_21164219.jpg

b0054622_21165718.jpg
体高、幅共に、プックリパツパツです。食い過ぎです。お腹押さえたら、ヒゲナガが出てきそうです。

で、再度、同じ場所を流すと・・・ リトリーブでキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?

今度は、色付きです。色つきは初めてです(^^)
b0054622_2115965.jpg
とりあえず、もうウグイの写真は収集完了したので、次は、ニゴイか、サツキさんに来て欲しいなぁ~
[PR]

  by fly-kubota | 2007-05-09 21:46 | サツキ

連休終了。ああ 残念。

前半より、かなーり盛り上がって、頑張りますが、ウグイすらまともにお相手して貰えない状況に、ついに、ブチ切れて、3時起き、夜明けと共に釣り開始、なんてこともしましたが、見事撃沈。
しかし、fly-tomo氏により、秘策を伝授していただき、最終日は、けっこう、いろいろありましたのでした。

教えられたとおりの場所に入ります。真っ昼間なのに、ヒゲナガがちらほら。時折水面を走ります。んでもって、お話通り、うぐいがジャバジャバと遊んでます。
いつもなら、「これは、いけるぞ」と期待するところですが、いやいや、真っ昼間だし、まあまあぼちぼちやっていきましょう、とあんまり期待はしてませんでした。

ところが、流し始めてすぐに、リトリーブでアタリ。でも、針掛かりしない。
でも、何回か流していると、またリトリーブで掛かる。コンコンコンと間隔の短い首振り。でもすぐに止まる。ああ うぐいだ、と寄せてくると、姿を見る前にばれる。
キツイ流れのせいか、重いのであるが、ウグイに間違いない、と思う。
そんなことが、忘れた頃にやってくる。3回ほど。

で、

今度は、スゥイング中にアタリ。というか、根掛かり。
時々、回収中に根掛かる程度だったのだが、なんか変。根掛かりも全部怪しい物は合わせていたので、これも合わせる。

動かない。

ふむ。根掛かりだな。とグイグイと引っ張ってみると、動いた!!!
グン グン グン と大きい首振り。そのままのテンションで耐えると、止まった。
テンションをもっと掛けてみるが、全然動く気配なし・・・ なんだこれは? と思った瞬間。
じわじわと動き始め、加速していく。 あっ と思った瞬間、テンションが緩む・・・ ばれた・・・

すぐにたぐり寄せて、針先をチェック。何ともない。爪に食い込む・・・

その後、アタリは遠のき、tomokaz氏と、iwamoto氏が合流。楽しく釣るが、何も無し。

今期、最高の気配のある場所でありました。
頑張ってみます。まだまだチャンスは有ると思いますから・・・

マッディの面々。
あまりにも釣れなくて、ガックリしてる大王様とリーダー。暗すぎます。
b0054622_22564459.jpg
と、言うのは冗談で、ヒゲナガ強制ハッチ大会です。夢中でハッチしそうなヒゲナガピューパを探すお二人。

たっぷりとヒゲナガの付いた石を探すドクターバチャチャイ氏。
b0054622_22585284.jpg
バチャチャイさんが、てきとーに、なんとなく、石をめくって、「あ これハッチするかも」と繭を剥いて、みたら、なんと、脱皮してハッチしたので、カメラに収めようと、みんなで探すも、なかなか出ず、結構はまってしまいました(^^)

偶然見つけたストーンフライのハッチシーン。結構感動です。
b0054622_22593764.jpg

b0054622_2259544.jpg

b0054622_2304835.jpg

[PR]

  by fly-kubota | 2007-05-06 23:12 | サツキ

新たなるポイント。

バチャチャイさんより、本線上も良いですよ、と聞き、行ってみました。
下見の段階では、だだっ広い、何ともしがたい感じでしたが、流れが丁度良いし、今回は増水でしたが、平水時なら、流芯に届きそうなので、もう少し、探ってみようと思います。

結構な増水なのか、かなりの所まで入れます。ドーンと深くなってるところが見つからず、とりあえず、流れもゆっくりなのでキャストして、すぐリトリーブして、の繰り返し。

やっと、良い感じの流れになってきたので、スゥイングさせたら、グッと来ました。
ゴンゴンと暴れた後、すぐに大人しくなったので、ああ ヤツだ(-"-;)と、でも、一応、慎重に取り込むため、岸までずーっと引っ張ってきました^^;

今日は、写真撮影成功。ガッツリとフッキングしてました。40cmぐらい。
b0054622_22164052.jpg
一応、外道ですが、こいつのビックなヤツも期待してます。60upを釣られた方もいるので、とりあえず、目指せ50upです(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-25 22:28 | サツキ

ほんと、疲れたー

昨日のポイントより上流に入る。昨日、ヒゲナガがウヨウヨ泳いでいた場所です。
やはり、流れが速い。でも、我慢して、流すが、やっぱり何もない・・・
どんどん下流に移動する。

で、

結局、昨日と一緒のポイントへ。でも、少し上流から様子を見るか、と一休みして、流し始める。
昨日と比べて、気配がない。ライズもなければヒゲナガも見ない。
あー ダメか。やっぱり。
と、流して、誘いのリトリーブして、回収、とさっさとリトリーブしてると、アタリが。
手応えが軽い。ん? ウグイの小さいヤツか? どれどれ、ネットですくう練習でもしてみるか、と、少しバシャバシャしましたが、すぐにすくえました。

ん? 小さい。 あ シラメ? やった(^^)
んで、写真を撮る。ルアーマンも見に来て、ほうほうシラメですね。と納得。25cmぐらい。
ヒレが透明だぁ、なんて、ちょっとガックリ、ちょっと嬉しい(^^)
大王様にも、「釣れたよー」と電話。

で、気合いが入って、ほぼ真っ暗になるまで粘りましたが、ダメでした。
ヒゲナガは、どうやら、19時から19時半の間でハッチがスタートするようです。

ヒゲナガの写真でも撮るか、といろいろやってみるも、上手く撮れず、さっきの魚はどうだったのかな?とチェックしてみると、なんか、顔が丸い。ん これは・・・ 
とりあえず、帰りにバチャチャイさんにも電話。丸いのが気になるとは言いましたが・・・

メシ食って、お店へ。
fly-tomoさんも待ってて、大王様、バチャチャイさんで見てみると、
b0054622_2262598.jpg
尻ヒレに点々が・・・ やっぱり、ニジでした^^;

でも、こーやって撮ると・・・
b0054622_2273121.jpg
いやいや、顔がニジです^^;

ほんと、疲れましたー(T_T)
人間、夢中になって、思い込むと、ほんと怖いです・・・(T_T)
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-20 22:11 | サツキ

やっと、ヒゲナガとウグイ。

本日は、大王様とやったポイントと、炎シャンさんが釣ったポイントの中間地点をやってみました。ほんとは、炎シャンさんが釣ったポイントでやりたかったのですが、下流からの風が強く、右岸では無理なので、左岸を選択しました。

以前、来たことがあるので、すぐにラインもタイプ6にセットして流す。が、いきなりそこを触ることができた。どうやら浅くなったようである。
で、良い感じに底をトントンしてると、スゥイング中にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?
ゴンゴンと首振るもすぐに寄ってきた、ということはウグイだ、と思ってずり揚げてみると、やっぱりウグイ。35cmぐらいで丸々太ってました。
掛かりが浅かったようで、写真を撮る間もなく、リリース。
フライは、ルードボディの4番、オレンジでした。

たまーに、ライズがあったり、ヒゲナガがハッチしたり良い感じ。でも、日暮れてもそのまんま。
どうやら、ハズレだったみたい(T_T)
b0054622_22105798.jpg


んで、大王様とやったポイントへ行ってみると、
b0054622_22122141.jpg

もの凄いハッチ。でも、なぜか、体にまとわりつくような、飛んでるヤツはほとんど居ない。
ゴキブリの如く、水面をせわしなく走り回ってました。
少し様子を見て見るも、、なーんにもライズはなく、帰ってきました。

とりあえず、反省としては、ポイントを変更して、オレンジのイントルーダーでも巻きましょうかねぇ~(^^)
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-19 22:17 | サツキ

いよいよ?

久しぶりの更新です。スペイの練習やら、海やら、ぼちぼち行っておりますが、いまいち更新するほどパンチの効いた出来事もなく、天竜のほうは、行ってません。

しかし、だいぶ水は落ち着いてきました。たぶん、週末、来週からは、良い感じに釣りが出来ると思います。

さて、今回の増水ですが、前回の増水は、掛塚の水位計で、2007/03/05 19:00 0.22、がピークでした。今回は、2007/03/25 14:00 1.06。

で、参考に、平常時の一番近い大潮の時の水位が2007/03/19 18:00 -0.24。
つまり、1mオーバーの増水でした。前回の規模よりはるかにでかいことが分かります。

規模がでかいので、期待もでかいのですが、たぶん、また流れが少し変わっていると思います(T_T)
あと、少し心配なのは、ヒゲナガ。ハッチ寸前のものが多かったようなので、どうなるんでしょうか。

これまで、流砂促進の影響なのか、なかなか良い感じにならなかったので、今回の増水でそれらがスッキリと流されることを期待してます。
次の大潮は、4月3日。満月です。来週は忙しくなりそうです(^^)

ぼちぼち、ナマズも、なんて思いますが、まだまだ早いかな?
ナマズは濁りが取れるか取れない程度の時が一番活性が高いことを思い出しました。今年は、コンスタントに釣れる方法を考えたいと思います。昨年は、たった2日の爆釣でしたので、ちょっと攻めかたを変えて挑戦したいと思ってます。

いよいよヒゲナガでしょうか? フローティングで、スゥイングさせて・・・(^^)
と言いつつ、イントルーダーも巻いたりしてます^^;
[PR]

  by fly-kubota | 2007-03-30 20:18 | サツキ

なーんにも無し。

あまりにも、風がないので、仕事を早終いして、行って来ました。
今日は、本線下、というより、新幹線上をやってみました。
よーするに、前回の続きです。

右岸寄りにカーブする辺りで、結構危険になってきたので、上がって、迂回して、そのまた下流へ。浅いフラットなプールがあって、それをバシャバシャと渡って、合流した本流へ。

別れていない本流。もの凄い手強い流れです。タイプ6でも、なーんにも、底を感じられない。
どうせ、タイプ8にしても、意味がないので、そのまんま行けるところまで流す。というか、流れが速すぎ。

というか、気配無さ過ぎ(T_T) ついに、練習モード突入しちゃいました。

で、車に戻って、フローティングのシステムにチェンジ。TSR DSP171012 17.11ft 12番に、TTSPF12。気休めにガン玉1号を打って、少し上流からスタート。

気持ちよくフルラインがロッドから出ます。大きい角度変換がいまいち苦手だったので、意識して流す。投げる、流す、リトリーブ、ロールアップ、投げるの繰り返し。一発でロールアップを決めて、ミスキャスト無しでフルラインを出しての練習。
なかなか、難しい。でも、かなりこの長竿に慣れて振れてきているので、ちょっと安心。
ヒゲナガも見ずに、なーんにも無しでした。

ただ、これで、とりあえず、本線~新幹線の左岸区間は大体、分かりました。
結論としては、深くて速く、かなり手強いですが、ポイントを選べば、丁度良い流れもあるので、南風、東風の時は、遊びに来たいと思います。

さてさて、次回からは新たなポイントを探索してきます。
b0054622_23113981.jpg

←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-03-15 23:12 | サツキ

掛塚、そして、本線下。で、夜も。

土曜。真っ昼間に、掛塚へ。
本流筋を確認すべく、河原を歩いて行って来ました。
ありました。良い流れが。でも、後半に従って、根掛かりが多発。しかも、苔が多く、黒いルードボディストリーマーが、なぜかグリーンに・・・(-"-;) タイプ2ボディのタイプ6ティップ。
2流しして、移動。

今度は、東海道本線下。
頭から流す。タイプ2ボディ、ティップはタイプ8。でも、ぜーんぜん底を感じられない・・・
ひたすら集中して流す。たまーに、流れてきた竹の根っこみたいなものがヒット^^;
そして、最後の岸際のリトリーブで根掛かったり、たまーに良い感じに入って、根掛かったり・・・

ふと、気づくと、フライボックスがスカスカに・・・ 12本も消費してしまいました。
「やいやい。参ったな」と思い、ふと、我に返り、ぼーっとリトリーブしながら、下流の水面を見ていると、ポコっと浮き上がって、バタバタ暴れているものが・・・

ヒゲナガだー (^^)と、嬉しくなって、思わずライズしてしまいました^^;
b0054622_21582452.jpg
で、時計を見たら、休憩無しで3時間ほど流してました。
その後、ヒゲナガのハッチはなく、なーんにも気配は無かったのでした。
でも、なんでこんなに釣りが出来たかと言うと、あまりにも風が無く、日差しも丁度良い日だったのでした。この時期に、無風なんてのは普通、無いのです。

で、夜。
b0054622_2204643.jpg

バチャチャイさん、大王様と出陣しましたが、なーんか怪しいのが一回あっただけで、ダメでした。そろそろ、チーバス用フライも用意しておこうかな。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-03-11 22:09 | サツキ

ダメでもとりあえず。

今日は、危険なほどの風ではなかったので、出撃しました。橋を渡るとき、水の色を見ましたが、ギリギリで釣りにならないぐらいの色。もう、緑掛かってます。

まず、東名下へ。が、ポイントへ入る手前の溝が、川になってるじゃありませんか(T_T)
あの溝がダメなら、たぶん、下の新幹線上の入り口も無理だな、と思いつつ、行ってみる。
やっぱりダメ。

で、このまんま帰るのは辛いので、東名の上のモトクロスコースから入ってみる。

とりあえず、川まで来れたけど、んー(-"-;) って感じの流れ。浅めで、もの凄く速い。
手前のカケアガリを積極的に狙うため、ボディはタイプ2、ティップをタイプ6を付けて投げるも、たまーに底を感じる程度。
試しに2/3インチカッパーチューブのストリーマーを付けてみる。
軽々投げられるのだが、まだガンガンには根掛からない。良い感じで底をトントンする感じ。
アタリみたいなのもが何回かあったけど、根掛かりでしょう。たぶん^^;

やはり、1インチオーバーのカッパーチューブも用意すべきなのかなぁ、と思います。あと、ショットも大きいのを用意しておくと良いかも知れません。
時間が有れば、タイプ8とか、タイプ9を使用してみると面白かったかも知れません。
あと、増水しても行けるポイントを探しておかないとダメですねぇ。
結構得る物は多かったです(^^)
b0054622_19414337.jpg

←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-03-07 19:43 | サツキ

やっぱり・・・

今日は、当たり前ですが、もの凄い風でした。
でも、水が泥濁りでなければ、釣りになる、と準備して行こうかと思ったら、バチャチャイさんから、「泥濁りですよ」との連絡が・・・

あっさりあきらめて、仕事続行。んで、日暮れ時、とりあえず、どれくらいの泥濁りか見に行ってきました。もの凄い風。危険なほどです。
b0054622_18582487.jpg

ドロドロの泥濁りではなく、薄いコーヒー牛乳色。3,4日で何とかなるかも?
b0054622_190411.jpg
この濁りが取れて、「ああ これくらいなら釣り出来るかなぁ」というギリギリのタイミングを読んで出撃予定です。
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-03-06 19:04 | サツキ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE