カテゴリ:未分類( 2 )

 

更新遅れましたです。

デスクトップのメモ帳に下書きしてからアップしてるんですが、下書きしたまま、すっかり更新したと思って忘れてました。
タイムラグがかなりありますがご容赦ください。


またまた行って来ました。まきこぼし。

先週は風が強かったですが、今回は風もほとんどなく、おだやかな天候。こりゃ揺れも無くて良いだろうと、出船。
ブイにボートをつけて釣り開始。あれ・・・ なんかうねりが・・・ ロデオボーイ状態・・・

ずっと今回、このうねりが続いたのでした。一瞬、ゲロゲーロしそうになりそうな気配がありましたがなんとか乗り越えましたです。

今回は、ロックつきロッドホルダーとタモの柄兼用引っ掛け棒、そして、とりあえず作ったBグラスの自作まきこぼし竿!!を持って、気合十分。

しかしながら、ぜーんぜん駄目。
アタリは何回かありますが、ツンっとあるだけ・・・ ココッとか続くあたりが無いのであわせようが無い・・・

それを横目に、相方の胴付は朝から大爆発。
青イソメの餌で底から1mほど棚を切った状態で待っていると、ゴゴゴッとアタリ。あがってきたのは、塩焼きにばっちりサイズのサンバソウ。その次も。
で、それ以降も、手のひらサイズのカワハギ、カワハギ・・・・

おいおい。待て待て、いい加減にしろ、と言いたくなる位、すごい勢いで釣れます。

しかし、途中、ヒラメ狙いのアジをサビキで狙うも、なぜか釣れない・・・
カワハギ仕掛けにして、カワハギを狙うと、飽きない程度につれます。
しかし、ハリが合ってないのか、バレまくりの時間帯がありました。

結局カワハギ11匹、サンバソウ2匹、ヘダイ1匹、チャリコ1匹、キス1匹の釣果。いやはや完敗です。

まきこぼしは、結局チャリコ一匹のみ。コンッというアタリなので食いが悪いと判断して、オキアミの殻をむいて投入しての一匹でした。
今回は、前回と違い、潮が極端に止まったり、動いたりと大変。
動くと、投入した瞬間からスーーッとLIPが流れていくのがわかるぐらい。
あれでは、全然無理だとわかりました。やはり、片天秤の仕掛けを持っていないと駄目ですね。

竿は、その流れの変化を竿先で読めるほど、やわらかいのですが、どうも、胴のパワーが足りない感じ。
あわせてもアワセが効きそうに無いくらいバットのパワーが無い・・・ 予想以上に柔らかいのです。
元径7mmのブランクを20cmほどバット部分をカットしてますから、仕方ない、といえば仕方ないですが、これは失敗の様な気が・・・
まぁ 次回はもう少し硬めにしてみると良いかもしれません。あと、長さは、長いな、と感じることは無く、穂先に絡まるライントラブルは道糸を引っ張れば全部解除できました。
ガイドの選択は間違いないようです。ですので、次は、8mm1600そのまんまで作ってみようかなと。

それにしても、今までは、深さとか、潮の流れがこんなに大変でわけが解らないものだとは思いませんでしたです。
最近、うきふかせの磯釣りの水中写真をちょっとみましたが、やはり、スイベルやオモリで調整するべきとも感じました。
近いうちにリベンジしたいです。



さてさて、12月に入り、御前崎へカマス釣りに2回ほど行きましたが、なかなかこちらも苦戦。
風の強かった前回は9匹でしたが、昨晩は風が弱くて釣りやすかったのですが、逆に釣れず3匹のみ。
まだまだ水温が高いのか、棚がバラバラのような気もします。
年内にもう一度、まきこぼし、と思ってましたが、どうも、風がなかなか強そうなので、無理っぽいです。
もっとぶっちぎりに寒くなってくれれば、同所にジンドウイカを釣りに行くのですが、まだまだ早いようです。
って、そー言えばエリアにも行きたいし・・・ いやはや。
[PR]

  by fly-kubota | 2010-12-21 23:26

鮎釣り一年目を振り返って。

先日の土曜日、鮎釣り釣り納めをしてきました。もう今週末は鮭釣りですし、来週で本流も終わりですから。
最後は、強風と寒さの中で、厳しい釣りでしたが、心残りなことは無いです・・・ いや、もーちょっとでっかいのを釣りたかったなぁ・・・^^;

今年、鮎釣りを始めたわけですが、一気に通いまくりで、真夏から始めた、と思いがちですが、よく考えると、盆過ぎの8月25日から始めたのでした。

天竜川のヘチ、気田川のチャラ瀬、トロの泳がせ、をメインにやりました。
天竜のヘチは、今思うとかなり楽で、活性が高い時期の良い釣りをさせていただきました。
気田の泳がせは、掛かる瞬間まですべて見える状態でできたことによって、どうやって掛かるのか、どうやって泳いでいくのかが分かりました。
後半は、だいぶオバセでのコントロールも体感できたときがありました。

仕掛け作りは、とりあえず、合格点を頂きましたので、来年に向けて、ちょっとずつ増産予定です。
しかし、最後になって入手できた自分のロッドは、ソリッド穂先なので、メタルラインに手を出さざる終えないかも知れません。
あ 正確には、まだお金を払ってないので、自分のじゃないのかも^^;
ちなみに譲り受けたロッドは、2003年モデルのダイワ 銀影競技SF 早瀬抜 90SZです。真っ赤なのでTSRみたいです(^^)
やっかいなことに、単純にメタル単線、複合メタル、と分けられればいいのですが、どうやら、メタルだけのヨリ線があったり、複合もタングステンじゃないものがあったり・・・
試行錯誤したいところですが、メタルラインは結構高いので・・・

今年の一番の課題は、掛かった後の抜き。
ちょっとした竿尻の長さの変化でも、全く抜く調整ができず、毎回大変です。うまいこと飛んできてもタモ枠で掛かり鮎をはたいたり・・・
腕を真っ直ぐに上げる、抜けてもそのまま上げる、タモは鍋蓋じゃなくて、もっと面積一杯に使うなど・・・反省点は多いです。

釣技のほうは・・・ 反省しようにも、まだ分かりません^^; 釣技とは呼べませんが、落ち着いて操作する、掛からなくてもジッと我慢、耐えきれなくなったら迷わず休憩、は実体験で覚えたことです。
あと、掛けバリの選択もなんとなく・・・ 軽くて掛かりが良くてだけではダメ、は体感できました。
もっと状況に対応できるように、もう少しバリエーションを増やせねば。
コストを考えると、チラシやヤナギも挑戦したいところです。

中盤からスーパーウエポンを使用しました。
時にはノーマルとの比較もやってみましたが、明らかに楽にオトリが扱えるので、良いのですが、どうも、トラブルと背バリの扱いがやっかいです。
なにか自分なりに改良できたら、と思うのですが、どうも、無理っぽいです。ノーマル+おもりも今後の課題になってきそうです。

あと、挑戦で思い出しましたが、後半、気田でフロロの0.15を使用しました。
根掛かりをグイグイ無理しなければ、意外といけるので、来年は、より強いナイロンの0.15を用意したいところです。
来年は、ナイロン0.15、0.175、メタル系0.05かな。

用意すると言えば、来年は、タイツ、タビ、あと、気田の年券。
ベストも欲しいところですが、フライのベストでも全然事足りるので、どうなることやら・・・ 
もしかして、バッグかも^^;
でも、タイツは水が入ってくるわけだし、そーなると、上着もフィッシングシャツだと不便なので、アンダーシャツかなぁ・・・ 

早くも、来年の6月が待ち遠しいです・・・^^;
まぁ、本流が開く3月からサツキ狙いで川には入れますから、正確には3月が待ち遠しいです(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2007-10-22 21:54

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE