2012年 07月 15日 ( 1 )

 

孫針とは?

シーズン終盤、デカトロキンメねらいは見事に中止としました。
台風きて、さらに釣果がどんどん悪化したため、行っても無駄と判断。
秋に延期することにしました。

んで、一応

浦川へ2日連続で行って酷い目にあったり、相方のリクエストで、堤防磯釣りとか、静浦へ堤防夜タチ行ったりとか行ってみましたが、いまいち・・・ 特に浦川の鮎には・・・もう鮎釣りやりたくないぐらい辛かった・・・

ぼちぼち、梅雨が明けそうですが、8月入れば大丈夫でしょ、と、お仲間と、1日にアカムツへ行くことに。

すでに、アカムツ仕掛はできてるんですが、結構バレる時はバレるらしい、とのことで、孫針が良いらしい、との情報が。
基本的に仕掛に余分なものは付けたくないのですが、孫針がなかなか効くらしいので、いろいろ考えてみました。

まずは、普通に、メインの針を結んで、その余りで少し小さい針を結ぶ。
確かにスタンダード。これぞ孫針。
しかし、タチウオ仕掛から考えると掛かりがいまいち。

タチウオ仕掛は、管付き針の2本で、完全フリーになってますから、ガンガン首振りで絡みまくり。鮎も掛かっちゃうんじゃないかと思うくらい。

では、メイン結んで、余りで管付き針を管がフリーになるノットで。
なかなか、よろしい。でも、なかなか手間。まー まだ時間があるから良いか。

さーて、これで行くか、と昨晩寝ました。はい。


今朝は、手長エビを釣りに。
ぼちぼち釣れて、満足して、帰ってくる道中、ふと、思いつきました。

歯のある魚は、カミカミして食うらしい。ヒラメとか、カマスとか。
シーバスとか、ニジマスなんかは、一息に吸う、または吸い付くような感じらしい。

ふむ。アカムツは?
前歯がある。結構鋭くて、やばい。でも、全体的には生えてない。
たしか、吸い込むというより、カミカミして食うらしい。

孫針で違和感を感じカミカミが終わったら、メインの針を食わず掛からず、ということになりかねない。
ヒラメでも、そういうことが多々あるらしい。
だから、孫針には餌を掛けずに、口の外に外掛かりさせる、と考える方が自然。

ふむ・・・ 鮎の掛けバリじゃないんだから、そんなにうまく掛かるものか?


だったら、メインの針をガッツリ食わせられないものなのか?


逆にすれば良いんではないかと。
つまり、孫針は上にして、餌をちょん掛け。んで、メインは、その下。
通常はペラペラ動く所にちょん掛け・・・

ようは、ボディ後端に針があるイントルーダーとか、ウォーディントンのような感じ。

通常の位置より下げられるから、深く食い込むんじゃないかと。

鮎のハリスの長さのように掛かり点の変更ができるかどうか、楽しみです。
[PR]

  by fly-kubota | 2012-07-15 23:40 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE