2008 天竜川C&R 解禁直前情報。

おまっとさんでした。いよいよ始まります。
今年は、11月1日土曜日に漁協の大会が開かれます。
つまり、解禁日に大会なのです。

通常の放流、ダム下200kg、ガッサラ200kg、雲名200kgでに加え、大会用の500kgが、ダム下に放流されますので、今年はいきなり、ダム下は700kgもの魚が入ることになりますので、さぞかし大会は盛り上がるのではないかと思います(^^)
ちなみに大会の詳細はこちらです。

ちなみに、放流されるサイズですが、2kgぐらいが最大になりそうな感じだそうです。近年、大型のニジマスを入手するのが難しいそうです。

で、注意点ですが、まず雲名の河川工事。
工事期間は、年内中だそうで、橋の上流あたりに以前やったように大量の砂を持ってくるようです。くれぐれも、車の駐車、通行には注意して下さい。

もうひとつは、バーブレス。
ある漁協役員から、大会の時にバーブを潰してない参加者が居た、と聞きました。
エリア内では、バーブレスフックの使用、バーブを潰して釣りをしましょう。

最後に、声掛けと譲り合い。
ダム下に700kg放流となると、大混雑が予測できます。毎年、小競り合いがあるようなので、是非とも、「ここ いいですか?」とか「下りますか?」とか一声掛けてお互い様で楽しみましょう。
この一声がきっかけで、新しい出会いが始まるかも知れませんよ。

さて、個人的には、雲名の前後の瀬は魅力的です。
良い感じの流速ですので、楽しくウェットができそうです(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2008-10-27 19:19 | 放流情報

<< エリア解禁。 2008 鮎釣りの反省。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE