早いんだって。だって真っ白なんだもん。

今まで通りなら、題名通り、鮎釣り師匠fly-tomoさんにツッコミをいれていたでしょう。
しかし、ここ最近、掛からないわけがない、というくらい掛かる自信が付いてきたので、なんとかなるだろうなぁ、と昼から気田川中島へ。
ヘチも瀬も引いたり泳がせたり。たまたまなぜか掛かった1匹のみ。もちろん瀬の下もやってみますが、根掛かりして、仕掛けを切る始末・・・ なぜか養殖君も舟で死んでるし・・・
fly-tomoさんも苦戦・・・っても、このクソオヤジは、悔しいかな ツ抜け。大したもんです(-"-;)

で、15時。オトリ屋へ寄って、天竜川雲名。
二発が停まる、との情報を入手したので、駄目元で行ってみる。
気田と同じ色、全然停まっている気配なしの水量に、あーあーあー と、思ったけど、上の瀬の上に人が。ちょぼちょぼ掛けてる!!
普通にいつもの上の瀬へ行くように流れを渡ります。
水が引くという前提と、水がないときに大体どうなっているか知っているから入っていけるのです。普通だったら恐ろしくて入れるわけがありません。

本来の流れの所になんとか到着。オトリを入れてみると、ってか、入らない^^; 流れが強烈すぎる。手元から泳がせて、徐々に沖へ・・・
あー なんか枝みたいのが流れて来るんだなぁ、と思ってたら、掛かった!!枝が(-"-;)
でも、流れが強烈すぎて、どうにもできない感じ。あっさり竿を真っ直ぐにして仕掛けを切りました。

んー (-"-;)

ダメな日だな。と思いつつも、なんとか釣りになりそうな流れに移動して、オトリを泳がす。
引いて上流へ。なんとか1匹。綺麗に瀬かがりで、サイズも20cmぐらい。
でも、こいつが泳がない(-"-;) 結局根掛かり。はずせないから、仕掛けを切る(-"-;)
最後のオトリ。やっぱりこいつもヘロヘロ。また根掛かりで、はずせず、仕掛けを切る(-"-;)

激流の厳しさに、もうヘロヘロでした。
やっぱり、甘くないですねぇ・・・(-"-;)
[PR]

  by fly-kubota | 2008-09-03 20:26 |

<< 急遽決定。ダイワチームバトル参加。 今年の甘露煮 一鍋目と作り方 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE