駄目元の中天挑戦。

また弟と出撃です。雲名の瀬がいつに駄目になったようなので、どこかないのか?ということで、駄目元で行ったことのない中天に行ってみました。

おとりやさんで話を聞くと、なかなか難しい様子。とりあえず、鉄橋と吊り橋の間に入ります。
準備して、さて、行くぞーっと、あれ?なんか身軽?

!!! タモ忘れました(T_T)!!!
車の中にあった、フライの渓流用ネットを借りてみました。無いよりマシか・・・

入ってみると、とにかく、魚がビュンビュン走り回ってます。時々、石について、ベラベラやってるかと思ったら、すぐに居なくなる・・・・
泳がせたり引っ張ったり、2時間ほど粘りましたが、このまま夕方まで我慢できない、ということで移動。

高校前。すでにせまい分流に3人ほど先客が。
釣れてる様子もない・・・・
てか、上流の瀬から人が降りてきます。あれ?竿が曲がってる? あーあーあー でっかいニゴイにやられてます。手伝って、なんとか、針を外します。
こりゃ 上の瀬は駄目ですな^^;

とりあえず、誰もやらなさそうな、下の絞れたちっゃちゃい瀬を狙ってみます。

意外と泳いでくれる養殖オトリさん、うしうし、と泳がせる。
対岸のヘチへ近づいたとたん、スコーンと下に下る。掛かった!!
その後も同じ場所でもう一匹追加。

その下の瀬の落ち込みにも石がはいっているようなので、岸から底をはわせるように、行かせると・・・ うっし 掛かった(^^) ここでももう1匹追加。

そして、その下のトロへ。真ん中の深みはやったので、そこへ入って、対岸のヘチへ。
結構浅い。根掛かりを外しながらスイスイと泳がせてると、ギューーンと目印が飛びます。
どうも、対岸のカケアガリからヘチに付いているようで、5連発(^^)

タモが無いので、引き抜かず丁寧に寄せて取り込みます。こんなスローな手返しでも釣りになるもんですね。

それにしても、今日は読みが当たります(^^)

しかし、4時半回って、なーんにも反応が無くなる(-"-;)

瀬に人が居なくなったので、いざ、デカイの狙いに。

7号から7半へ。ちょっと出し気味にセットして送り出します。
浅くて結構早いので、こまめにオトリを変えます。タモがないので、一気に開けて探せないので仕方ないのです。

お これは泳ぐぞ、というオトリ発見。怪しいところへ誘導して、泳がせます。
スイスイと行ったと思ったら、トーーンと、もの凄い速さで対岸へ持っていかれて、一気に下流に下ります!!

入るときに見たニゴイを思い出しました(-"-;)
あー こりゃニゴイだな、と。

とにかく、ニゴイでもゲットしたいので、慎重に下って緩いところで寄せることにします。
慎重に丁寧にやりとりしてると、オトリが浮きます。

よし、もうちょい。

おお 背中だ!!!

鮎じゃん!!

ツケ糸を慎重に掴み、ネットですくいます。

おおおおおおおお でかい。

ゆうゆうと手のひらを超えます(^^) 掴むと手に余ります。

さすがにこれをオトリに使うのは怖いので、すぐに舟へ。
オトリも交換して、同じ場所へ。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?って、今度は普通サイズです。っても、20弱。

その後、一匹バラして、その上の緩めの瀬もやりますが、反応無し。
18時に上がりました。

釣果は11匹。ツ抜けです(^^)
残念ながら、弟は1匹。
たいへんですなぁ(^^) みんな通る道ですね。
いつまでも、掛かると思うな、雲名の瀬、で御座います。

タモを忘れたのは、意外といい発見をさせてくれました。
でも、中天の流れだからこそ、抜かずとも取り込みができたのだと、思います。
もちものチェックはしっかりとせねば。
[PR]

  by fly-kubota | 2008-08-20 20:52 |

<< ついに30超え。 でっかい。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE