チョロ川の吉川。

先日の練習会、お疲れさまでした。
炎天下の中、楽しんでまったりと練習できました(^^)
次回の可児が楽しみです~

で、今日は、吉川へ。

前回、吉川へ行ったときの水位は、0.30m。今回は、0.16m・・・
こりゃ、水無いぞ(-"-;) と思いつつ、行ってみると、やっぱり・・・
でも、釣りができないわけではないので、上の道沿いの瀬へ。

14時半到着。やった(^^) 誰もいない。ちょっと下がって、浦川でイメージを掴んだ引き釣り泳がせで対岸のヘチを登る・・・
水量が少ないので、カンタンにたいがんのヘチへ入るだろう、と思っていたのが、そもそもの間違い。どうやら、流芯からのカケアガリが浅すぎて、オトリが嫌がる嫌がる(-"-;)

でも、野鮎だって嫌がるはず。この調子で登っていけば絶対掛かる、と信じて、じりじりと登る・・・

ひときわ真っ黒い石の周辺に到達。これは来るか?と思ったら、目印の下流でシルバーの閃光が(^^)
一瞬間を置いて、ガツーンと下流に引っ張られます。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?

新しくなったオトリで周辺を泳がせてみるも、ダメ。また対岸を引きます・・・
またキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?

どうやら、今日はこのパターンが良いらしい、と思い、そのまま続行。もう一匹追加して17時に終了しました。

と、実は、対岸に仕掛けを引っかけること4回(-"-;) 一回はどうしても取れず、水中糸を切ってしまいました。うーん。やっぱり、支流竿が欲しいところです。
途中から、ハナカン誘導、背バリの仕掛けに変えてみました。ウエポンとは違う感じの引き堪え。軽く引ける感じ。でも、浮いてるような・・・
引くだけなら、背バリでも良いはず、と思ったのですが、実際の所、引き釣りと言っても、キッチリ引っ張っているわけではなく、ちっちゃいオバセで引いてるわけですから、オバセにはウエポンのほうが有利、ということで、次回はウエポンに戻したいと思います。
弱っちゃって、完全に引っ張るだけなら、背バリでも、レールをキンキンに張ったウエポンでも変わらないですが^^;

んー それにしても、水が少なすぎる・・・(-"-;)
ぼちぼち気田で何とかならないかなぁ・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2008-07-14 19:29 |

<< やっぱり、まだ早い気田中島。 灼熱の浦川。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE