ピッタリタイツと泳がせの限界。

LLOとLOをあらためて、スペシャルで履き比べた結果、やっぱり、LLOじゃ足が長い、となり、LOを購入してみました。
で、本日、着て釣りしてみましたが、いやー 快適。ズリズリ落ちることもなく、多少の流れはまったく関係ない。素晴らしい着ごごちです(^^) おもったほどお腹への圧迫感はなく、むしろ、腰のサポート効果があるかもです。

今日は、弟の鮎釣りをサポートするつもりでしたが、fly-tomoさんやkei爺さんに任せちゃったりして、結局釣りをします^^; 場所は気田の漁協裏。

先週よりかなり減水していて、水もかなりクリア。良い感じです。ただ、気田川本流全域が相当場荒れしてるそうで、難しいと漁協で聞きました。

どれどれ、と泳がせてみる・・・・
んんー 掛からない。忍耐の泳がせです。でも、超初心者の弟には、丁度良い。丁寧な竿さばきの練習になります。

ソリッドな穂先のせいか、なんか、あんまり弱らないかんじ。泳がないときの刺激がソフトなんでしょうか?それとも、少しは竿さばきがうまくなったか?^^;
でも、とにかく掛からない。よーく泳いでくれても掛からない。
夕方になって、少し掛かりましたが、ほんと、厳しい日でした。

で、試しに対岸に渡り、瀬の頭もやってみる。
当然、引っ張るつもりで。ところが、なかなか難しい。なんとか竿を寝かせて入れる、んで、引っ張る・・・ あらら 浮いちゃう。
何度かやっていると、あれ? オトリが止まる。ん?? もしかして、泳ぐか? と、泳がせてみると、あーら泳ぐじゃありませんか。そーしたら、やっぱり掛かる(^^)
次も、時間は掛かるが、入れたいポイントに入ると掛かる(^^)
意外と速いところでも泳ぐもんだなぁ、と泳がせの限界を考えさせる場面でした。

が、しかし、流れに流されたり、エビになったりとしていたら、最後、流されたのを元に戻そうとしたら、下付け糸が切れました。何度もヨレたり、針に絡まったりしていたので、マズイかなぁと思っていたのでした。

やはり、マズイと思ったら、素直に交換すべきですね~ 
コレで終了。弟もとりあえず、何匹か掛けて、楽しめたようです(^^)
今日の針は、スティング7号、6.5号4本、一角ライト5号4本。4匹の釣果でした。

あと、マッスル背バリを初挑戦しましたが、どうも、ループが小さすぎてやりづらい感じでした。
ちょっと長さを考えないとダメですね。あと、掴みやすいようにチューブをかぶせたいところです。
[PR]

  by fly-kubota | 2008-06-17 21:40 |

<< キャスティングの練習会やりますよ。 タイツとマッスル。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE