泳がせと針。

今日は、気田川中流部、前島橋の上にfly-tomoさんと向かいました。前日情報では、結構掛かったようだったので、ワクワクしながら行きました。

しかし、いざ、入川してみると、狭いわ濁りはきついわ、掛からないわ、もーたいへん。
でも、1匹掛けて、よしよし(^^)と気合いが入り直すが、2匹目、悲劇が・・・

掛かって、流れにのられ、下流にあった流木に糸がチョっと当たっちゃいました。その瞬間はさほど気にならなかったのですが、引き抜くと、アラー不思議。2匹の鮎が水中から出たのに、手前に飛んでこない・・・ あれ????と思ったら、そのまんま落ちて流れていきました・・・(-"-;)
まーた どんぶりです。

テンション駄々下がり(-"-;)
下流に入ったfly-tomoさんに掛かる?と聞くと、ダメダメと合図。素直に移動することに。
車に戻って、fly-tomoさんの舟を開けると、結構入ってるじゃないですか。たぶんツ抜けしてました・・・ さすがです。

kei爺さん、マラドーダさんも合流。漁協裏へ移動。
手前のヘチを泳がせるわけですが、自分の入ったポイントは、ちと流速が早く浅すぎたようで、前半、全然掛からない(-"-;) マラドーダさんはすぐ上流で良いペースで掛けてました。

さらに速い瀬にも挑戦するがどうも、ダメ。オトリを2匹潰しました・・・(-"-;)

いい加減、しびれが切れて、移動。マラドーダさんの上流へ。
スイスイと泳いで入っていきます。こりゃ掛かるぞ!!と思ったのに掛からない。急にどんどん下るオトリ。

こいつもダメオトリか(-"-;) と思い引き上げてみると、あら 掛かってる!!
口掛かりだったので、気が付かなかったみたいです。

その後も、丁寧に泳がせて、ちっちゃいアタリや、急に下りだす反応をみて掛けていきました。
最後、数えなかったですが、ツ抜けはしなかったと思います。7匹ぐらいかな。

今回、一番驚いたのは、針。たまたまかも知れませんが、一角ライト5号4本錨に変えると、一発で掛かってくれるのです。他の針だと、なーんにも掛からずスイスイ泳ぐだけ。
しかし、掛かるといっても、ほとんどが口や頭。追いがやはり悪いようです。
でも、この一角ライト、ちょっと根掛かると針がすぐに痛みますし、ムチャクチャ細いので、折れたりも・・・ でも、これほどハッキリと分かったのは初めてでした。

さー とりあえず、解禁一週間、キッチリやりました。とりあえず落ち着いたので、梅雨明けまでは少し押さえて行きます。

押さえて行けるかな?・・・・^^;
[PR]

  by fly-kubota | 2008-06-08 21:49 |

<< 流れの表現。 やっとツ抜け達成。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE