見えない泳がせ。

今日は天気が持ちそうなので、午後から出動。
kei爺さんと、合流して、いざ、中島へ。

無事着いて、さーて、準備準備~

あれ?

赤いのが無い・・・

赤いタピさん、どこですかー

タビがない・・・ (-"-;)

自宅まで取りに戻りました。1時間半のロス。2時半から釣り始めました。
これからは、タイツと同じ場所に置くことにします。
こういう一個一個の失敗が大切、と自分に言い聞かせてたりします^^; フライ始めたころも、管釣り行くのにネット忘れたり、フライボックス忘れたりしましたです。

で、昨日のことをふまえて、泳がせる。なるべく泳がせる。
すると、すぐに一匹目(^^) しかし、ちっちゃい。でも、丁寧に我慢して泳がせていたら、なんとか忘れたころに掛かる・・・ 苦しい(-"-;)
昨年の松間での泳がせは、ある程度見えたりしていたので、深さなどの推測が付くのですが、濁っている中で、しかも、結構大きい石の回りを泳がせるのは、ほんと忍耐です。
スイスイ泳いでくれる素直なオトリさんなら良いのですが、へそ曲がりのオトリは、じーーっと泳ぐまで軽く引っ張って待っていると、何かの拍子に泳ぎだしたりするので、それまでじっと耐えるのです。もっといい方法があるんでしょうけど・・・・^^;

6時まで粘りましたが、6匹。掛かって、竿を上げるとポロッと取れちゃうことが多く、ほんとバレ、ケラレの大変さを痛感しました。

さて、初めて半日やったわけですが、いくつか気が付きました。
まず、タイツがズリズリと落ちてきてしまい、タモを刺すのに左手で持ち上げてグイグイやらないといけないのです。どうも、タイツがオーバーサイズの様な気がしてきました。サスペンダーを取り付けるか、マジックテープなんかで、調整できるように改造しなきゃダメかもです。
スベスベのインナータイツをはいたら、するっと落ちちゃうかも・・・ んー 直履きしてみれば解決するかも・・・ なんか嫌だな(-"-;)

あと、予想していたよりタビは意外と怖いです。ウェーディングシューズは、外装が硬い物が多いです。ですので、不意に岩と岩の間に足が入っても、痛くないのですが、タビは柔らかいので、痛いのです。柔らかいゆえのグリップのよさもあるのですが、結構怖いです。

そして、やっぱり、7.5Lの舟はデカイ。
確かにケムリロープのせいで、だいぶ楽だとは思うのですが、持ってあっちこっちへ移動するときとか、引き寄せるときは、なかなかの抵抗と重さです。
まぁ 買っちゃったから、しょうがないか・・・(-"-;)

さーて、バレとケラレはどうすれば解決するんでしょうかねぇ・・・
村田満さんの「バレとケラレがなければ、いつでも束釣り」って言葉の重みが分かります・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2008-06-04 20:12 |

<< 初めての瀬。 16時出勤。親子どんぶりと栓。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE