安倍藁科川、瀬切れ発生。

今年は、解禁からバリバリ行きますよって、鮎の話ですが^^; 、気田川の護岸工事、天竜川の置き土実験と、なにやら雲行きの怪しい出来事が続いてますが、今日、新たなる情報が。

夕方のNHKの地方ニュースで、安倍藁科川の瀬切れと題して特集をやってるじゃありませんか。
瀬切れってなんのこと?と思い見てると、つまり、川から一部、水が全部伏流水化して、河原が干上がってしまうと言うことなのです。川に水がないのです。
昨年末からこの瀬切れは出来始めていたらしく、産卵間近の鮎が下りきらず産卵していたそうです。
元々、規模の小さい川なので、少しでも雨不足になると、こうなってしまうそうです。
鮎は、完全に下った川に戻るわけではなく、他の川のが登る確率も高いそうなので、なんとかなりそうな感じらしいのですが・・・
というか、そもそも、登ってこようにも、川に水がないのですから、ヤバイですね・・・
もう早いのは登り始めるようなので、一雨振って欲しいです。

安倍藁科川は、かなり遅くまで友釣りができるらしいので、後半はお世話になろうかと思っていたのですが、これでは・・・ どうなることやら。

ちなみに、漁協のホームページを覗いてみたら、なにやら、今年から?フライがOKになったみたいです。
上流でニジマスやアマゴの釣り堀をやっているので、もしかしたら、もしかするかも・・・
[PR]

  by fly-kubota | 2008-02-07 19:16 |

<< 2008フィッシングショー行っ... やっと・・・ 初優勝&初メダル... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE