油断大敵・・・

例の6番用ラインをもう少し重くしたので、ちょっと夕方行ってきました。
雲名の橋の下の瀬に入るも、ラインはどうも重い感じだし、魚も反応無し。下手からの風がめんどくさいくらい吹いてきたので、さっさと風裏のガッサラへ。

瀬の頭の鏡をやる。12.10ftの8番にチェンジ。重かったので、ラインをそのまんま使ってみる。やっぱり軽い^^;

送り込みでは反応が無く、スゥイングでちょっと早めにポイントを決めて流すと、ゴッとテーク。
少しターンの場所をずらしてやるとまたテーク(^^)
大したサイズではないけど、立て続けに2匹ゲット。下に下るも、それまで。

5時のメロディも流れて、最後に反対方向へ落ちるほうへ試しにキャスト。一発で決まって、「お これは結構綺麗に流れるかも」と思ったら、ラインが重くなった!!
合わせると、今までとは違うゴンゴンゴンと大きい首振り(^^) ラストに良い魚ゲットだぜ!!と調子こいて、グイッとテンションを掛けてみると、何にも動かない。でも、生命感たっぷり。
巻かれたか?と思いつつもう一回テンションを強めてみると、一気に浮いた。

ダバダバタバっ プツ・・・

あ・・・ やってもーた(T_T)

久しぶりに3xがブッツリ切れてました。なんか、歯に当たったっぽい傷がティペットに入ってました。
んー でも、たとえ切れて無くても、瀬の頭で、しかも手前に一本、激しい流れがあって、だから、たぶん無理だったかも・・・ いや、何とかなってたかも・・・

品良く、またの機会ってことで・・・(T_T)
ちっちゃいのばっかりだと思ってると、化け物が来るので、参ったもんです。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-11-07 21:04 | 本日の釣り

<< やっぱりガッサラ。 漁協釣り大会と、やっぱり雲名。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE