フライで挑戦と、大ハマリの鮎。

火曜は、沼津千本浜へ。気合いをいれて、1時30出発。
着くと、つっちーさんも到着済み。一緒にとりあえず、浜を見に行く。

あ・・・・ やってもーた・・・・

結構な向かい風。波も結構ある。
といっても、遠州浜なら、「うっし。良い感じだ」と言う程度の荒れ具合。、でも、ここは千本浜。
普段は湖の如く、ビタッとした海で、風もこんなに強いのは初めてでした。

一気に、テンションが・・・(-"-;)

ゆっくりと準備して、釣り開始。意外と、堤防から降りてみると、投げれる風でした。
一投目。さーてカウントダウン、と思ったら、もう着底・・・ んんんん どんどん投げるも、全然浅い・・・
どうやら、埋まってしまったらしい・・・
もう、ダメダメで、半分帰りたい気分でした。

日が上がっても、ナブラもなく、隣の人が一匹、ソウダの小さいのをゲット。でも、こっちには反応無し。いろいろ試す。着底後、ガッと巻いて、止めて、巻いて、なんてやっていたらアタリ。試しに弓角で可能な限りスローリトリーブしてみる。
モーだめかなー、と思っていたら、重くなった(^^) 慎重に寄せる。30cmぐらいのソウダゲット。その後も掛けたのですが、ランディング直前でバラシ。

フライでは、つっちーさんが、エソ1匹。底を狙っての結果でした。
飛距離は、なんとかなったので、後は回遊さえあれば、いけそうな感じです。

で、今日の午後。
fly-tomoさんに仕掛けと針の作り方を教えていただいたので、今度の土曜までは、この仕掛け作りで楽しもうと思いましたが、我慢しきれず、行ってきました^^;

家を出る前に、fly-tomoさん電話をすると、出ない。どうやら川らしい。試しに行く道中、オトリ缶を置いてある場所を見ても無い。
たぶんあそこだろうと、オトリを拝借しようかと思ったのですが、もし、居なかったら、また戻って買いに行くのは時間の無駄なので、先に漁協に寄って、塩見渡へ行ったのでした。

着いたら、居た居た。釣りしてます。でも、もう用事があるから帰るとのこと。
準備して、さあ、オトリを缶から、舟へ移そうとしたら、思いの外、入り口のスプリングが強くて、うまく入らない。

一匹目はかろうじて入れたけど、2匹目は、ツルッとすべって、足下へ!!!

あああああ と網で何とかすくおうとしたけど、間に合わず・・・ 
リリースしてしまいました(T_T)
いくらフライやってるとはいえ、こんな場面でリリースせんでも・・・^^;

ガックリして、fly-tomoさんに1匹分けて貰おうとすると、いいじゃん、1匹あるんだから、と、厳しいお言葉・・・
そーいえば、前回、「今日はお客さんだから。」と言っていたのを思い出しました^^;
どうやら厳しい修行モードに切り替えったようです・・・

それにしても、こんだけ、いっぱいいっぱいなのは久しぶり。
まず、買ってきたオトリの温度ナラシも忘れて、ハリスもなぜかもの凄く短くなってしまい、さらに、印の調節もたいへんたいへん。
先輩の方にいろいろアドバイス頂きながら、なんとか落ち着きました。
前回より、ちょっと沖目に魚が居るようで、うまく入らないのですが、たまたま入ると、一発でアタリ。
なんだかんだで、16時から18時ぐらいで、10匹でした。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-08-30 21:19 | 本日の釣り

<< 鮎・鮎・鮎。鮎ばっかり。 禁断の扉は開かれた・・・ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE