禁断の扉は開かれた・・・

金曜の午後。どーしても、釣りがしたくなって、ハゼ釣り行っちゃいました。

良形を狙うべく、手竿じゃなく、ちょい投げタックルを倉庫から探し出してみました。
いつもの都田川河口です。エサを付けて、チョイッと投げて、仕掛けを張ります。
んで、次の竿を用意して、投げて、張って、そのうちにさっき投げた竿にあたり。
さっき投げたのを巻くと、釣れてて、外して、また投げて、張って、またあたって・・・

結構なハイペース。目見当で10cm以下はリリースしました。
途中、キビレ、クロダイの小型が来たり、チーバスも釣れたりして、なかなか(^^)

今回、「ハゼの干物って美味しい」という話を思い出したので、冷蔵庫で乾燥させて試してみました。
明日、食べてみます~(^^)
b0054622_218151.jpg


で、今日、土曜は朝から天竜川。
というのも、ほんとは、先週、西野でもリベンジ失敗した渓流へ行くつもりでしたが、寝坊したのでした^^;
天竜川は、濁りはぼちぼち取れ始め、水温は高くて釣れないだろうけど、水に浸かれるから涼しそうなので、行ってきました。
TSR DOH1612 16ft 12番に、ガイドラインのDDCインターチェンジャブル11/12番を1mほどカットしてみました。
ノーカットでも投げられるのですが、のったりしてるので、軽快さを求めて徐々にカットしてみました。
10/11番も投げてみましたが、こちらはノーカットで軽快に投げられますが、少し軽めに感じたので、この11/12番を買ってカットして合わせてみたのでした。

カットして正解。手繰るのがめんどくさくなる20手繰りぐらいは飛ぶので、満足です(^^)
だいぶ変わってしまった天竜川、塩見渡橋付近の流れですが、不自由せず、軽快に投げて遊べました。
b0054622_2191283.jpg

その後、fly-tomoさんちに、ちょっとパソコンの調子を見に。

結局、ドライバ不調なので、入れ直すので後日、となり、そのまんま、約束の鮎釣りに行くか、というわけで、行ってきました。

感想としては、タイトル通り、やはり禁断の扉です。

張らず緩めずは噂通り。すでに一匹掛かってるし、細糸の恐怖でもう、ちょっと何かあると、おーおーおー、と、大変です。鮎の性格、状態を呼んで操作したり、釣り方を変えたり。仕掛け作りもなかなかの手間。

ヤバイです・・・

ビギナーズラックで結構釣れちゃいました。まぁ 「おとり換えてー」「すくってー」「切れたから仕掛け変えてー」と殿様釣りを堪能しました(^^)
b0054622_21101222.jpg
 
[PR]

  by fly-kubota | 2007-08-25 21:10 | 本日の釣り

<< フライで挑戦と、大ハマリの鮎。 速報!!! シニア・ベテラン世... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE