とりあえず、鯉釣り堀一段落。そして、川へ。

土曜日、昼前から鯉釣り堀へ行ってきました。
いつもの、3時間、と、予定してましたが、なかなかの強風で食いが渋い。
軽い浮きに変えてきたので、さらに風邪の影響を受けて釣りづらい(-"-;)
風邪裏のポイントで耐えるも、アタリが無く、フラシの中は2匹。
ラスト1時間は、実績のある橋のたもとへ。ここでアタリがなかったら、帰る、と決めてました。
が、打ち始めるとボツボツと良い感じ。で、ふと時計を見ると、14時。
別に腹も減ってないので、このまま続行。ボツボツとアタリを拾っていく。
軽い浮きと、新しいエサの影響か、ハッキリとしたアタリで食いアタリが出るので、スレは少なく、
強風でフワフワしても、結構いけるんです。
結局、最後まで居て、7時間で、31kg。時間当たり4キロちょっと(-"-;)
でも、ポイント移動した12時から17時までで30kg。時間当たり6キロ。うーむ、ちょっと満足(^^)

今回、変更した点は、道糸を1.5号から1.2号へ。エサをみどりから常連が使用している感嘆へ。
そして、ウキを茅ウキから、羽合わせの浮きへ。
昔、アタリが出なくて苦しいときの対策をそのまんまやってみました。
エサは、「こんな便利な物が出てたんだ」と驚きました。昔は、前の晩、ワラビうどんを作って、行ったもんですが、
現場でカンタンに作れて、カンタンに希望の大きさにできて、まぶし粉の着きも良くて、ほんと、びっくりです。

とりあえず、一段落です。もう少し暑くなってから、今度は、時間当たり10kg目指してやってみようかと思います。
久しぶりに、夜、寝るとき、目を閉じると、浮きが見えました^^;


んでもって、翌日は、川へ。


だいぶ、濁りも取れて来た感じなので、夕マズメのヒゲナガの状況を確認すべく、ゆっくりと大王様と出発。
風邪気味、いや、ブッチギリ熱っぽかったですが、どうせ、寝ていても、ダメだろうから、と行けるところまで頑張ってみました。

右岸を見て見るも、下流からの風が強く、オーバーヘッドでもかぶり風なので、左岸へ。
いつもの本線下左岸へ。
ヘロヘロになりながらも、やってみるも、すこーししかヒゲナガも出ず、がっくり。
大王様に、怪しいアタリが一回あっただけでした。でも、増水時にヒゲナガが出た後がありました。
b0054622_200533.jpg

その後、ヒゲナガを探してみましたが、パラパラ程度。まだ安定して出てないのでしょうか?
夕日に黄昏る大王様。
b0054622_2014182.jpg

そーいえば、炎シャンさんが翌日、うちらのやったポイントの下流でサツキをルアーでゲットされました。
おめでとー(^^)
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-04-17 20:02 | 本日の釣り

<< やっと、ヒゲナガとウグイ。 やりました。ハイドさん オラマ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE