右岸の下見。

やっと、右岸の下見に行って来ました。
左岸より、ずっと河原までのアクセスがしやすく、やはり、追い風でした。当たり前ですが^^;

で、メモ用紙を持っていかず、カメラのみで行ってしまったので、ちょっといい加減ですが、感想を書いてみます。あと、右岸ですので、「あー 右岸かぁ・・・」という少し落胆の気持ちが入ってますので、ちょっとリアクションが薄目ということを考慮に入れて読んでみてください^^;

まず、東名の下へ行ってみました。
かなり河原が橋の上下、何も障害物もなく開放的。流れも橋の下に瀬と分流、そして、すぐしたに、合流と、ちょっとした落ち込みがあり、良い感じ。その後の流れも右岸に向かっての左コーナーなので、良い感じです。

その後、国一前後はパス。アクセスも悪いし、たぶんダメっぽい。

東海道本線-新幹線の区間は、ちょっと底の変化が無いっぽい。分流してるので、なんか流れにパンチがない。新幹線の直下周辺は合流して絞れて橋脚にぶつかっている感じなので、魅力的。その下もなかなかです。

そして、その下は、大規模な河川工事中。安間川合流点周辺、上下流は立ち入り出来ません。

当然、掛塚の橋の下流部は、こちらからは、一切進入できませんので、ご注意を。

結果として、この二カ所ですが、右岸は、開放的な河原が多く、楽しく釣りが出来そうな感じです。

んー それにしても、左岸からやりたいなぁ・・・(T_T)
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-02-26 01:00 | サツキ

<< 大潮と水位。 今日は雲名で練習。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE