サツキ狙いの道具立て。

フライは、ぼちぼち決まってきました。
ヒゲナガに対しては、表層用には、シモヤマウェイカー、中層用には、アークティックランナーウィングのヒゲナガパターン。底は、タングステンヘッドのウーリーバガー。
ストリーマーには、鮎カラーのルードボディストリーマーと、真っ黒バニー。

で、それらを投げる道具は、
まず、TSR DSP146910、14.6ft 9,10番。実績のあるシステムで、手堅く決めたいときに。
タイプ2ベースの自作スペイ用シューティングヘッドで、主にスイングさせるストリーマー用。
と、ハーディ マッハ2 タイプ1は、沈めてスイングさせるヒゲナガ用。

んで、大場所、遠投用に TSR DSP171012、17.10ft12番。
TTSPF12そのままで、縦に送る表層ヒゲナガと、シンクリーダー接続で沈めるヒゲナガ&ストリーマー。
まだテストしてないですが、シンクティップ改造して、スイングさせるストリーマー。あとは、カッパーまたは、ブラスチューブ、タングステン系の超重量級ティップもこいつで投げたいです。
14.6ftでめんどくさい時に、こっちの17.10ftの出番となる予定です。

あとは、どうしても、スペイが困難なときは、オーバーヘッドの18ft。これは、できれば出番がないことを祈りたいです^^;

話題のスカジットとかは、あんまり考えてないです。自分の手持ちで何とかなるし、無理なく入手出来る範囲で、ピンと来る物がなかったりします。値段も合わせてですが^^;

あと、細かいところは、ヒゲナガ用には、リーダー9ft1X、ティペット2X。ストリーマーは、リーダーフロロ0X、ティペットフロロ1X。

あとは、右岸をチェックしなければ・・・
←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-02-17 22:54 | その他

<< 今日は雲名で練習。 ヒゲナガがフライボックスにハッチ? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE