ヒゲナガがフライボックスにハッチ?

早くも、自分のフライボックスには、ヒゲナガがフライボックスにハッチしました^^;
シモヤマウェイカー8番です。
b0054622_23412346.jpg

北海道へ行ったときに、ガイドの下山氏より、「これを使って下さい」と手渡されたフライがこれでした。夕マズメ、これを口いっぱいに頬張って食べてくれたイワナには驚きました。
昨年は、天竜川本流のウグイ^^; 石徹白川のイワナなど、夕マズメ、ヒゲナガの決め手に使ってます。お気に入りの1本です。
本当は、CDCをカリブーの下に入れるのですが、CDCだけびっしょり濡れて意味が無くなっていることが多かったので、今シーズンからは、ラムズウールを入れてみました。
オリジナルは、これより細めのダビングボディなのですが、自分のは、ダビングループでスノーシューをモッサリと、付けてます。ジェルフロータントをグリグリ馴染ませて使うと、ほんと沈みません。天竜川C&Rで、針先折って、ウキ代わりにも使いました。
流れの中をテンションを掛けてウェットとして使うので、これくらいモッサリしてると、アピール抜群なのかも知れません。テンションを緩めると、ポコッと勢い良く浮かんでくるのも良いっぽいです。

さて、沈める針は何にしようか・・・
なにか良いの、ありますかねぇ。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-02-15 23:53 | その他

<< サツキ狙いの道具立て。 放水のサイレンが。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE