本流の下見 左岸 掛塚大橋~かささぎ大橋

スペイのため池練習はお休みして、今日の夕方はサツキのための下見に行って来ました。

で、忘れていたことを思い出しました。

昨年は、浜北大橋右岸で楽しみました。
本来なら、左岸がスペイには楽しいし、橋を渡らなくて済むのに・・・
なぜか、右岸・・・

そうです。今日、下見に行ってまず最初に気付きました。風です
もの凄い西風(T_T)
つまり、もの凄く向かい風・・・ しばらくは、この風は続きます。5月ぐらいまでは・・・
ということは、この下見は、全く意味がない・・・

まー 風の収まるころに行くも良し、と思い、下見を続行しました。

まず掛塚のすぐ上流。
昨年、底なし沼にはまった流れは、さらにチョロチョロとなり、遠くに本流があるようです。
なんか、いまいち(-"-;)

砂利池周辺は、川まで出られるところが無く、ブッシュも高くて見えない。

新幹線鉄橋下に、やっとブッシュが無くなるので、歩いて河原まで行ってみる。
んー 流れが右岸に寄っていて、とても届きそうにない。
しかも、なーんにも底に変化無さそう。
いまいち(-"-;) 右岸は良さそうです。

新幹線鉄橋直下は、こちら側に流れが寄っていてよさそう。障害物もある。
ただ、人が立てるギリギリの巾しか陸がないし、どうやって降りるか考えなければならないほどの所。おしい(-"-;)

新幹線鉄橋上は、分流の合流がある。左岸が本流っぽい。東海道本線鉄橋の下から降りて川に入れる。
良い感じ。釣りやすい感じではあるが、なにも変化が有るような所でもない。
ただ、丁度中間まで来ると、合流点があるので、良いかも。

東海道本線鉄橋上は、以前の面影はなく、広いプールになっている。なんとも(T_T)
こんな状態が国道一号橋まで続く。
国一の上も同じく。河川工事の痕跡がいっぱいある。

東名の橋の下は手前に水たまりがあって、本流まで行けるかどうかは怪しい。流れ自体は良さそう。

橋の上は、もう手前に流れがあるのであるが、河川工事だらけ。左岸の流れに巨大な山が出来ていたので、おそらく流れを変えるつもり?らしいです。

結論として、楽しく釣りが出来そうなところは、新幹線と、東海道線の間ですかねぇ。
b0054622_2228244.jpg


かささぎ周辺も良さそうですが、左岸だとかなり歩く必要がありそうです。
毎年の傾向として、下流の方が分がありそうですし、やはり、掛塚は捨てがたいです。
今回は、ウェーディングして川を渡って、ということは出来なかったので、見える範囲が限られました。

さて、次回は右岸と、フライを巻き巻きしないと。
[PR]

  by fly-kubota | 2007-02-12 22:38 | その他

<< 放水のサイレンが。 釣り用ライン キター( ´∀`... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE