ライスクッカー

どうしても釣り場に行くとお腹がよく減ります。
で、そのまま腹ぺこで釣りをしていると、「あー どうでもいいや」と集中力が著しく欠如して、寒い時期なら「うー 寒いなぁ」、暑い時期なら「あー 暑いなぁ」と、もう釣りどころでは無くなってしまうのです。

ですので、出発が2時であろうと、遠征先であろうと「しっかり朝食」を実行してたりします。
で、釣り場で食事するとき登場するのは、レンジで2分、とかのご飯。
電子レンジはさすがに釣り場にはないので、これをゆでるわけですが、15分とか20分と書いてありますが、15分でふっくら出来た試しがないので、20~30分ゆでます。すると、ふっくら炊き立てご飯ができるわけです。
ご飯2パックと、レトルトカレーでお腹いっぱい食べても500円でお釣りが来ます。
コンビニおにぎりを腹一杯食ったら、700円でお釣りが来るか心配です。

懐にはかなりの優しいのですが、こんな時間が掛かるなら、米から炊いても、さして変わらないんじゃないかと。

で、2月の犀川遠征の時に、怪しい「袋に入れてゆでれば、ご飯」みたいなものを買ってみましたが、見事に予想通り、洗ったご飯が完成し、「やっぱり、パックご飯か・・・(T_T)」とあきらめてました。
が、今日、ついにお目当ての小型なライスクッカーを見つけ、買ってきました。
試しに、炊いてみると、約25分くらいで出来ました。1合のご飯~(^^)
ただ、水につけて置かなかったため、ちょっと固めになりましたが、いい感じです。
飯炊き鍋ですが、自分にとっては立派な釣り具なのですよ~
b0054622_22333270.jpg


←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2006-12-28 22:34 |

<< 極寒のキャンプ。 天竜川情報より、リニューアル!!! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE