ミーティング後、いろいろ分かったこと。

各方面から、「よくやった」「ありがとう」と声を掛けていただき、本当に有り難うございます。
当初、予想していたスタッフ、ブース関係者含めての総参加人数は120名てした。
それを大幅に上回る、145名の記帳、47名のアンケート回答。
ほんとうに、驚きました。そして、たくさんの「次回も」「来年も」の声を頂いております。
後日、このアンケートなどの報告をさせていただきますので、今しばらく、お待ち下さい。

自分は、「次回もやります」とやる気です。

しかしながら、時間が経つにつれ、冷静に、データと、その日の状況を思い返して、考えておりますと、いろいろ、気が付いたことがありました。

個人的に大きく気が付いた事柄を書いてみます。

まず、1つ目。デモ時間の短さ。
これは、当初は30~40分、休憩を入れて1時間でのサイクルの予定でした。しかし、ずーっとデモがあるとゆっくりとブースが見られないのでは?と考え、なるべく午前中に終了させるべく、20分に短縮したのでした。
実際には、各プロの方々、ほぼ全員が時間に追われる形となってしまいました。あと、間隔が短すぎるため、結局ずーっと河原に居なければならず、大変でした。
これは、当初の予定通りで、一日掛けたほうが良かったのかも知れません。

2つ目、開催時期。
今回、話が出たのが、9月。そこから企画し、準備してきたわけです。さずがに、各方面と日程調整は出来ませんので、JCAの大会、各プロのスケジュールなどを考えて、なるべく開いている日を探しました。そして、この12月17日となりました。
やはり、12月は寒い。そして、日が短いのです。16時終了でしたが、もう、15時半には日が陰って寒い寒い。
次回は、11月、なるべく前半にやりたいなぁ、と思います。できたら10月というのもアリかなと。
そして、初夏ぐらいから、企画を始めていきたいと思います。
あと、フライフィッシングフェスタの有る年は、各メーカー、大変なのでかぶらないように、別の年にします。

3つ目、トイレ。
企画当初、初めて漁協に打ち合わせしたときに気付きました。しかしながら、各ブースからの事務局手数料では、到底足りず、レンタルトイレは借りられないのでした。
漁協としても、突然の企画なので予算は一切出せない、とのことでしたので、「案内のみ」となってしまい、スタッフ自身もかなり不便でありました。
新たなる開催場所に変更するか、入場料やブース出店料でレンタルトイレ代をまかなうか、漁協への予算申請は可能なのか?、これは結構、難問です。
即席でトイレを自作することを考えましたが、後始末、利用する人数を考えると現実的ではないのでやめました。

4つ目、開催の内容。
今回、企画段階では、スペイ中心の企画でした。そもそも、このイベントをやってみたい、と考えたのは、利根川のスペイクレープ、サンスイさんの試し振り会などが非常に盛り上がり、楽しかったからで、「うちもスペイで」と自然の成り行きで、話が進んでいたのでした。
しかし、実際にスペイの人口は増えているとはいえ、まだまだ渓流派、オーバーヘッドの方々が多い。
しかも、スペイでは参加メーカーも絞られる、ということで、天竜川スペイミーティング、から、現在の天竜川フライフィッシングミーティングとなったわけです。ですので、どうしても、スペイが多くなってしまいました。

個人的にデモの裏テーマとしては、「本物のスペイキャスティング、本物の本流攻略をみんなで見て学び、来年こそはフライでサツキマスを釣ろう」でした。
ですので、「フライは初めてだけどどうすればいいの?」という方には、かなり難解なデモだったと思います。しかし、「スペイってなによ?」「スペイとか、本流とか、やりたいんだけど」という方には、すこし難しかったかもしれませんが、大変参考になる見応えのあるデモだったと思います。

デモはいっぺんにたくさんの方々が見られていいのですが、フライ初心者向けにスクールとかを、なにか考えておくべきだったと思いました。

さて、

すでに、天竜川のフライ&ルアーエリアは、メディア、雑誌等に取り上げられ、十分な知名度があります。遠征など、行く先々で、天竜川が近くなんです、と話すと「ああ あの天竜川ですか。いいですねぇ~」とすぐに分かってくれる方が非常に多かったです。
ですので、「天竜川です」「C&Rがあるんですよ」というアピールは意識しませんでした。
それよりも、「こういう魚が居るんです」と、ポスターにはビッグサイズのニジマス、サツキマス募金のところには、見事なサツキマスの写真を用意しました。

天竜川の魅力は、フライ&ルアーエリアだけじゃないと思います。
船明ダムから下流の魅力は、嫌になるくらい釣れないけど、夢が満ちあふれています。
想像しただけでワクワクしてきます(^^)

←ここを押してください。
[PR]

  by fly-kubota | 2006-12-23 01:23 | その他

<< 連絡先。 ありがとうございましたm(__)m >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE