近況。釣りに行ってません。でも・・・

どもども。お久しぶりです。
あまりにも、更新しなさ過ぎで、ちょっと寂しくなってきましたので、ちょっと書いてみます。


最近、釣りに行ってないです。


でも、いいんです。


つき合いが長い方々はご存じでしょうが、自分は、釣りに行っちゃうより、じーっと次の釣りの準備をするのが楽しくて楽しくて仕方ないのです。

だから、フライは次の釣行までに新しいフライを作ったりして準備が大変だからはまっているわけで。

いや、はまっていた、と言った方が正確かな・・・ 

いや、今でもやりますよ。はい。やりたいけど、なかなか。っね。



まー そんなこんなで・・・・



今、はまっているのは、ディープな深海釣り。
以前、アカムツが、と書きましたが、その続きであります。

以前書いたアカムツだと、多くても5本針の胴付き仕掛。

しかし、今、行きたいキンメとなると、ライトなものでも10本、通常は20本。
それを8セット。一投ごとに使い捨てなのです。

正確には、使い捨てにしてしまう、ということで、素早く枠に巻き変えれば再利用は可能といえば可能だそうです。通常は、糸と針は使い捨てて、オヤコサルカンは取り出して再利用と言う方が多いようです。中には、針も再利用される方もいるようです。

針にして、通常なら全部で160本、オヤコサルカンを介して行くわけですから、もちろん、それも160個。全部自分で結んでいくのです。


そりゃ~ 漁師みたいだな。


と思われると思いますが、まさにその通りなわけで、その準備たるや、なかなかのものでございます。
形はそっくりでも、今シーズンはまったワカサギの仕掛はミッジサイズ。
キンメはサーモンサイズとでも言いましょうか。
使用する針はムツ針ヒネリ無しの19号。ハリス16号75cm、幹糸30号150cm。
当然、使い捨てなので糸はナイロン。1m約1円の激安の糸です。

アイのある針ではありませんから、結構手間が掛かります。でも慣れれば、南方延縄結びでも、テレビを見ながら一晩で50本程度は結べます。なにせ大きくて太いですから。
南方延縄結びは、意外と難しいようで難しいことはなく、外掛けよりはるかに信頼性が高い結びだと思います。太いハリスですから、外掛けだけだと締め込みが結構大変なのです。これは、昨年のカツオの時に発見して、それ以来、練習してました。

そして、ハリスを接続するオヤコサルカン。これもでっかいですから、同じく簡単。
しかし、深海結びというシンプルな結びは、シンプル故の難しさがあります。
アイに結ぶやり方としてはかなり簡単で太い号数まで結べるのですが、最後の締め込みで、しっかりと余分をつめて締め込まないと、へろっと癖がつきます。
最初、これにとまどい、100本ほど結びなおして、コツをやっとつかみました。
あと、この結びの最大の特徴は、寸法キッチリにできること。これができないと、枠へ巻くときに酷いことになるのです。

深海掛け枠、枠ですが、ようは仕掛巻きで、投入時、スムーズに投入するための道具です。
この枠に仕掛を巻き込んで、乗船前にすべて餌付けを終わらせておくのです。
仕掛の長さがまちまちだと、枠に巻いていくと、どうしてもうまく巻けなかったり、巻くときに調整が必要だったりと、なかなか大変。そして、まだどうなるかはわからないですが、仕掛のバランスが悪いと絡んで釣りにならないことがあるようです。ですので、キッチリ、各寸法、公差数センチ以内で仕上げる必要があるのです。


おいおい。そりゃ 漁師だな。


そうです。こんだけの針数だとなにか起こると、えらいことになるのです。
餌付けも、しっかり真ん中に刺す必要もあるわけで、そーなると、ちまちまと船の上で付けるわけにはいかないのです。
自分の場合、そんなことを船の上でやったら、すぐにマーライオンです。

そんなこんなで、こんだけ手間掛けて、どんだけ釣れるの?と思われると思いますが、20本針に全部キンメが付いてくるときもあるようで、下手すると2,3投で、50Lのクーラー満タン、早上がり、ということもあるそうです。


すげえ そんだけ釣れれば漁師だ。


でしょ。まさに、漁師。
でも、当然、釣れないときもある・・・・

その準備する時間が楽しいわけですから。いいんじゃないんでしょうか。

と、結構、手間、時間以外に、なかなかお金も掛かりますから、割り切れるかどうかは、なんとも言い難いかも・・・

釣行の具体的な日程は決まってません。でも、たぶん、遅くとも、6月頃でしょう。




アカムツに行っちゃった時点で、終わってました。いや、始まってしまいました。

やってはいけない釣りは、鮎釣りだけだと思ってましたが、ほかにもありました。

たぶん、磯釣りもやばいんでしょうけど、近くに磯が無かったのはラッキーでした。

流砂促進が無い年とはいえ、天竜が良くなる保証は無いわけですが、いちおう、鮎も準備しておきたいですね。その前に、後一週間で解禁するサツキも行かないと。こっちは、昨年、準備やっておきましたから、行くだけであります。行かないと、タイイングのアイディアは出てこないので。

あー そーだ。深海ばけも、作りたいなー

ってなわけで。また。
[PR]

  by fly-kubota | 2012-02-22 00:38 |

<< 孫針とは? ティアレ杯とワカサギリベンジ。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE