行ってきましたよ。まきこぼし。

行ってきました。まきこぼし。

あいにくの曇り時々雨の天候で、結構風の強い一日でした。
親切に船宿の主人さんが、初めて、ということで、係留できるブイまで連れて行ってくれました。
難なく準備して、こんなもんかな?と、考えながら投入。
10投目ぐらいで、いきなりアタリ。前触れもなくいきなりだったので、喜ぶというより、びっくり。
ククッと穂先が吸い込まれましたが、たいした引きではなく、あがって来たのも手のひらいっぱいぐらいのチャリコ。

今回使用した竿は、自作のBグラスの竿がまだ完成してないので、たまたま見つけたテトラの穴釣りやボートで使えるグラスソリッドの160cmの竿を使ってみました。さして、穂先は細くないので、少々硬いかな、と思いましたが、意外といい感じ。

次も投入して今度はすぐにアタリ。今度はククーッと穂先が吸い込まれ、結構良い引き。が、さっきと同じく、すぐに引きが収まって、あがってきたのは手のひらいっぱいよりちょっと大きいチャリコ。

棚は、水深27mに対して、25m。
立て続けにきたので、これは、と思いましたが、それっきり反応無し・・・・

相方はサビキで小アジは順調ですが、カワハギのほうは餌も取られないほど渋々の状態なので、とりあえず、休憩のため、一旦船着場へ。
意外と風に流されて大変。着岸も大変大変。
一息入れて、再度ブイへ。今度は自力で行かねば。風で流される流される。
ブイのロープがなかなかつかめず、手間取りました。ロープを拾う引っかき棒が欲しいです。

投入、プレートが解けて、そのまま待ち、という風にやってましたが、ここからは、糸を送ってみました。
いろいろ試していると、結構な勢いで穂先が吸い込まれる!! でもさっきと引き方が違うので、もしや違う魚か?と思っていると、手のひらジャストのサンバソウ。結構底まで行ってるんでしょうか?

サンバソウでも、イシダイ、イシダイ、塩焼きだーと喜んでいたら、サビキで釣った小あじを付けてほっておいた磯竿がいつの間にか、とんでもなく曲がっている!!
竿尻に乗っけておいた重石を取って竿を持つと、そのまま、のされる!!
なんじゃこりゃ、潜水艦にでも引っかかったか??と思うほど。ゆっくりドラグが出て行きます。
竿を何とか起こして巻きますが、全然なんともならない。走らないし、首も振らない。
グーーっとテンションを掛けて起こしたら、ゆっくりグッグッグと手ごたえがあります。
でかい。これはでかい。と思っていると、すーっとテンションが軽くなる・・・・
3号ハリスがブチ切られてました。んー なんか、ヒラメというより、エイっぽいような・・・
しかし、とにかく強烈でした・・・
まさか、ほんとに来るとは。次回からは、しっかりと泳がせの道具も用意しておきたいところです。

相方のサビキはあいかわらず順調。
でも、カワハギは不調。餌が取られないので、そのまま置き竿にしてると、忘れたころにアタリがあるけど、なかなか掛からない。偶然一匹だけ掛かっただけ。一気に冷え込んだせいか、非常に厳しかったです。

まきこぼしの釣果は、チャリコ二匹、サンバソウ一匹、最後に遊びで棚をあげて釣った小あじ2匹のみ。
でも、初めてで、いろいろ試しながらのこの釣果なので、ちょっぴり満足。

でも、いろいろ問題点が浮かんできました。
意外と手返しというか、投入の手間がかかります。結局、一日で投入した回数は35回ぐらいなのです。
投入して、コマセと同調して自然に流す、という感じなんでしょうが、いまいちどこまで待っていいやらわからないのです。
ただ、反応がいい場合は、すぐにアタリがあるので、さほど待たなくてもいいのかな、と思ってます。
トンっと一発だけのアタリが何回かありましたが、やはり穂先が硬かったから、そういうアタリになったのかも、と思いますので、早いとこ自作の竿を仕上げたいところです。
そーいえば、手繰るときにスイベルを穂先から出し忘れて、ハリスのヨレで竿に絡まってしまうことが何回かありました。自作のほうは、MNSTとLBDですから、こういうことも少なくなると思います。

コマセは、アミエビ1kg、オキアミ1kgで、付け餌もコマセの中からいいのを拾ってつけてみました。
しかし、意外と付け餌を探す手間が掛かるので、次からは別に用意したほうがよさそうです。
コマセも後半足りなくなったので、アミエビの割合を増やして見ようかと思います。

ハリスは先にも書きましたが4号も用意したほうがよさそうです。
たぶんあれはエイだと思いますが、バケモノがいつ来るかわかりません。
いずれば、道糸も6号にしたほうがいいのかもしれません。

あと、ロッドホルダー。
引っ掛けるだけのタイプだと、手繰るときに動いたり、危うくロッドホルダーから外れそうになりました。
気をつければいいのですが、いつかは水没させそうなので、ワンタッチで固定するストッパーの付いたタイプが欲しいところです。

ロッドの長さは、確かに穂先のトラブルとかを考えると短いほうがいいですが、絡まる確立を減らすようガイドなどで工夫すれば、極端に短くする必要は無いと感じました。むしろ、でかいのも確実に取る、ということを考えれば、すこしばかり長くてもいいのかなと思います。
穂先から糸を手繰りますが、あらかじめ穂先から引っ張って投入後すぐ手繰れるようにしておけば問題ないと感じました。

さてさて、次回が楽しみです~
[PR]

  by fly-kubota | 2010-11-19 00:35 |

<< 更新遅れましたです。 まきこぼし、着々進行中。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE