まきこぼし、着々進行中。

着々と準備進んでます。まきこぼし。

ブランクは、やはり、予想通り、Bグラスですから、ハリのあるいい感じですが、やはり、穂先が硬く感じました。
とりあえず、そのままだと繊維がチクチクするので、蛍光オレンジに塗装して、先端を研磨して、1mmまで削り込んでみました。
しかし、先端しか削らなかったので、カセ竿のような妙な先調子になってしまいました。
まぁ とりあえず、1本目ですから、ぼちぼちやってみます。
今は、先端だけグラスの地の白で、元は蛍光オレンジ、仕上げ塗装の最中です。

で、ガイドですが、問題のスイベルの10号って結構小さいのですね。
スイベルではなくてヨリモドシだと、10号だとかなりの大きさですが、これと勘違いしてましたです。
問題なく、富士ガイドの6は通りますが、5.5でも、5でも行けそうです。でも、5は、かなりギリギリ。
やはり、6、でしょう。心配するほど、がらんがらんする感じも無いような・・・

トップは、サイズの問題から、MNSTの6で。できれば、クロームの1.2が手に入れば、それが一番なんですが。
あとは、予定通りLDBを4~5個と、バット方面のガイドは、んー ローライダーとか、LNSGにしたいところですが、まぁ とりあえず、スイベルのこともあるので、ボンガイド、NOGで良いでしょ。PEじゃないし。

グリップ回りは、意外とバットは強いので、ブランクはそのまま、シートまでカーボンパイプをかぶせて、シートをつける予定です。
ブランクをカットして、フェルールを作ってグリップと別にしたいところですが、あとでも、加工はできるので、これまた、とりあえず、という感じです。

リールは、シマノのSLS小船の800。もちろん、スイベルが通過できるレベルワインダーです。
それにバス用のフロロライン20lbを巻いてみました。
少々びっくりしたのは、150mだと、意外とフロロの糸が無いのです。船ハリスならありますが、さすがにあれでは硬すぎるので、シーガーのフカセ用のラインにしようかとも考えましたが、高いのでやめました。どうせ消耗品です。

ハリスは、丁度安売りしていたので、シーガーのグランドマックスFX3号。
ハリは、オーナー閂マダイX8号と速攻グレX7号。
この二つは弱気です(笑) なんでも来い仕様です。
でかいのに飲まれたら一発で切れるでしょうけど。なんか細工してハリス切れを防ぐ結び方があったような・・・

あ あと、ローインパクトプレートも入手できました。
丁度大きさが、はんぺんが四角くなったみたいです。はい。

さ~ だいぶそろってきました。わくわくしてきましたよ~
[PR]

  by fly-kubota | 2010-11-12 22:42 |

<< 行ってきましたよ。まきこぼし。 タグ打ち、お疲れさまでした。そ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE