まきこぼし。釣り、じゃくて、漁。

さて、ご無沙汰です。職人さんに催促されたので書きますよ(爆)

散々だった鮎はほぼ終了ですね。
藁科はまだいけるらしいですが、もう寒いので行く気にもなりません。

昨晩の大雨で、佐久間のゲートが開いたそうですから、今日からオープンの天竜川C&Rもいやはや・・・
なので、まだエリア券買って無かったりしてます。しばらくは様子を見ようかと。

カワハギ釣り、釣ってちょっと楽しい食って美味しいので、結構ハマってますが、いよいよ船に乗ってみようかと考えてます。
しかーし、意外と高いのは船代。ここら辺は8000円前後の相場なんです。
だったら、カワハギ買った方が安い、なんて思っちゃう訳です。
あくまでも釣り、というより、漁だったりします。

で、以前より、釣ってみたいと思っていたマダイ。それもついでになんとかしたい。

むむーーー
酔っ払いにならない海で、低料金で、マダイもカワハギも釣れる所、ついでにアジも、とにかくおいしいものが釣れる所・・・

いろいろ考えていたら、沼津のボートでの竿撒きこぼし釣りにたどり着きました。
ここみたいな内海で揺れが少ない場所で、ボートなら、相方を連れていっても管釣り一日券程度の料金で大丈夫。
んでもって、カワハギも外道で釣れちゃうし、アジも結構釣れるらしい。

でも、問題は・・・・・


竿撒きこぼしって何ですか???(爆)

とりあえず、ネットで調べてみました。
釣り方は、ローインパクトプレートという砂の板に、オキアミをつけた針を置き、そこへハリスを巻き巻き。
そのときにコマセのアミコマセも一緒に巻き巻き。
できたら投入。あらかじめ設定した棚まで一気に落として、その棚でハリスが解けて、コマセも撒かれて、砂の板はそのまま底へさようなら。
針は設定の棚へ馴染んで、そこからコマセと同調させて糸を送って、当たったらフケ取ってアワせる、で釣れちゃう、という感じらしいです。

似たものといえば、手でやるまきこぼし漁。そして、竿を軸に考えると黒鯛の団子のカセ釣りに似たような感じですので、穂先が結構大切の様な気もします。
が、カセ竿では、マダイとか、時には青物も来るらしいですから耐えられそうにありません。

ですので、竿は、グラマープロダクツの専用竿があるそうで、結構高いらしい・・・・ 却下です。あくまでもですから。

自作するようにしました。
とりあえず会社の沼津のお仲間に聞いたところ、Bグラスの1600mm、元径7mm、先径1.2mmで先端を削りだして調子を出すしかなさそうです。
そして、ガイドは、スイベルが通るぐらいのサイズ6を使用するようです。
トップは、富士のMNST、先のほうはLDBで。
道糸は、フロロの4~6号を使うので、別に傾斜タイプでなくても良いような気がしますが、とりあえず。

仕掛けは、道糸の先にスイベルをつけて、ハリス3~5号を巻き巻きする分の長さ付けるようです。針はマダイ用の針。

と、とりあえず、ここまでわかりました。
またブランクが来てパーツが決まったら書きますよ~
[PR]

  by fly-kubota | 2010-11-01 23:24 |

<< タグ打ち、お疲れさまでした。そ... ツ抜けならず >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE