卵と稚魚の入手って意外と簡単なんですね。

あまりにも釣りに行けないので、ちょっと面白いことを調べてみました。

と、ある方から「以前、漁協(天竜川ではなく全く別の川)の許可を得て、自家ふ化させたアマゴ1万匹放流した」という話をかなり以前に聞きました。
その放流した方から、「魚の卵や稚魚は通販で簡単に買えるよ」という話は聞いていたのですが、どこで買えばいいのかまでは聞いておらず、卵とはいえ、相当な値段がするだろうし、まさか、自分でふ化させても飼える場所がないですから、「ふーん。そーなんだ」程度に聞いておりました。

ふと、気づいてネットで調べてみると、長野県漁連で売ってるんですね。
卵は1万粒で1.2万程度。稚魚は、10gの物で1匹約15円と、意外と安くびっくりです。
これなら、寄付放流も夢ではない、ですね。
以前、熱帯魚に凝っていたので、ふ化させるのはかなり至難の業と理解してますが、1万粒ですので、ふ化率1%でも、100匹は残るわけですし、稚魚なら多少は難易度は低くなるでしょうから、飼育して、水温管理が難しくなる前に寄付放流、というのも面白いかと思いました。
と、いうか、そもそも寄付放流が天竜川で出来るのかどうか不明ですが、日頃、「あー あのポイントに魚が居たらなぁ」という所に寄付放流できたら面白いだろうなぁ、と思いました。
[PR]

  by fly-kubota | 2004-12-17 01:14 | その他

<< 放流予定 12月27日 最近、行けてませんが・・・ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE