メタルと忍。

今日は、天気は快晴で、良いのですが、風が強く、時折、強風で釣りを中断しながらやりました。
しかも、気温も低く、雨用のネオプレーンジャケットを着て、なるべく水へ入らず心がけました。それでも、帰りは、寒くて寒くて、大変でした。
ちなみに日中の水温は、15.5~16.8度。14時からの良い時合いは16度越えてました。
あと気になったのは、ヘチのハミアトとか、魚影はいっさい見えなかったのでした。

さて、以前から、メタルを使いこなしたい、と思っていました。
今回、ふと、思いついて、わざわざ、出来合の目印を用意して、気合いを入れて仕掛けを製作して、試してみました。

でも、やっぱり、なんだか、変。

オトリがどうも思うように動いてくれない。前に進まず、ふらふらふらふら、と。
張って引っ張っても、緩めても駄目。動いても不自然。
どうも、好きになれないのです。

で、釣れないので、結局、TSスペシャルの0.1号にして、いつもの、テンションを張って送り出して、いいとこで、引っ張って沈めて、泳ぐなら泳がせて、泳がないなら緩めたり、張ったり、竿をたててオトリを浮かせたり・・・
いつも、いや、昨年と、同じことの繰り返し・・・

自分のスタイルが確立してきたのかもしれませんが、どうも、ワンパターン。
なんとかして、次回もメタルに挑戦したいと思います。


気になる針は、今回、がま長良の再来?と思わせるオーナー忍。
6半を三本錨、ハリスフロロ08で使ってみました。

んー たぶん、バレにくい感じ。
いままで使っていたスピードの6半や一角ライト5号も併用しましたが、一角はおいといて、スピードでは、バレがありました。今まで通り、いろいろな所に掛かってくる感じ。掛かりは早いと思います。といっても、2,3匹しか掛けていません。

忍は、ほぼすべて背掛かり。一部顔掛かりがありましたが、針持は良いようです。
刺さり方が深いので、2匹ほど外しづらい掛かり方をしているのがありました。
この安心感は、良いです。ただ、即死率も高そうなので、怖いですが。

ただ、掛かりは、さして早くないような気も。でも、ガラガラガラっコン、みたいなことはないですから、遅すぎるとか、そういうことはないので、良いとは思うんですけど。

なんとなく、好印象の忍です。ちょっと量産してみようかと思います。


あ あと、矢作への道中ですが、当貝津の420号の途中で、時間限定の通行止めをしてます。
たしか、10時と13時の一時間ずつだったと思いますが、かなり迂回させられるのでご注意を。
153号の後の県道19号も、最後、小渡へ抜ける直前が、通行止めで迂回が必要でした。
こっちはずっと通行止めらしいです。
道がこのルートだと非常にいいので、高速を使わなくても、問題ないです。

んー 矢作へ、もう一回、行きたい感じです。
[PR]

  by fly-kubota | 2010-05-13 23:04 |

<< まずは なかなか >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE