くれやまの怪しいライズ・・・

嫁に3次会と称して、無理矢理行ってきました。結婚式の翌日。

またまた重役出勤の15時着。くれやまに着くと、みんなもうやってました。

しかしながら、さして掛かってなくて、オトリにも困る始末。

でも、釣りに行きたくて行きたくて、たまらなかったので、やる気マンマンで川に入ります。

仕掛けをしっかり作ったのは良いのだけど、なぜか、2mほど仕掛けが長い(-"-;)
もたもたしながら、仕掛けを調整して、kei爺さんから、オトリを1匹頂いて、流れの中へ。

すぐにガガガガガっ ぎゅー っと掛かった(^^)

あれ・・・ 切れた(-"-;)

見ると、下つけ糸の接続部で、チチワが外れたらしい。
水中糸のコブを大きくして、仕掛けを作り直します。またもたもたもた(-"-;)

オトリをまた貰って、また流れへ。
ちょっとすると、掛かった!!

重い・・・・・
暴れる感じはないけど、浮いてこない。
やっと浮いて、抜こうと思っても抜けない。水面を引きずってくると、あらま でっかい。
かるーく手のひら(22cm)は超えてます。

これはハンパないな・・・・

と、覚悟は決めたのですが、その後も、ウエポンレールと中ハリスの接続がブチ切れたり、つけ糸を無造作に持ったら、すぐにブチ切れたりと、なかなかありました。

結論としては、水中糸は何とかなるけど、下つけ糸、ウエポンブランコ、中ハリスの各部分の接続方法を見直さないと、駄目ですね。太くしても意味のない物に成ってしまいます。チチワ接続は、もうこの太さだと、無理ですね。
針は、4本錨を試しましたが、やはり、掛かりは浅いです。8半か、9の3本でしょう。4本も手数として、持っておきますけど。

欲をいうと、もう少し流れのキツイところで釣りが出来たら、と思いました。下流の瀬の頭のほうに近づくと、とたんに、反応が薄くなるので、仕方ないところですが。
行けるなら、第二東名の下や、すずかけの瀬をやってみたいところです。

てなわけで、なんだかんだで、オトリ込みで、8匹。26cmジャストが2匹。
十分楽しめました(^^)

見ていた嫁は、ちと、退屈だったようですが^^;
翌日、埋め合わせをすぐにしておきました^^;

で、怪しいライズ、多数見ました。ヘッドアンドテールの怪しいのも・・・・
もちろん、鯉、ウグイっぽいのも居ましたが、面白くなってきましたよ(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2009-10-01 00:06 |

<< 沖縄に来てます 3次会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE