掛かると思わないと掛からない。

本日は、クワダイさんと、T名人との釣行。
朝、クワダイさんに電話すると、「気田の中島ですよ」「ちょっと白いけど大丈夫」ということで、準備して、出撃。

道中、千草の合流点で、川を見ると、あれ??? えらい濁りじゃありませんが(-"-;)
白、というより、薄茶色に近いような・・・・

11時。到着すると、二人はやってます。T名人は上流。クワダイさんはやっぱり瀬です。

手始めに瀬からやってみることに。スペシャルのメタル004でオトリを入れます。

がらがらがら ごつ こんこんこん がががががが

(-"-;)

訳が分かりません。うるさすぎ(-"-;)

ゴミなのか、石なのか、アタリなのか、何なのか・・・・

でも、どうやらゴミらしい。何回かゴミが掛かります。

と、悪戦苦闘してると、もうお昼。

移動しよう、ということで、下の小川へ。

「こんな濁っててては・・・」と弱音を吐くと、T名人が「掛かると思わないと掛からないよ」と。
クワダイさんも、「マスターズは茶色の濁りでもやるからね」と。

さすが、歴戦のトーナメンターです。
脱帽です。腹を決めて、取りかかりました。

うし、ここも瀬だ、とばかり、メタルを張るのですが、糸を弛ませた状態で目印を動かしちゃいました(-"-;)
勢い良く、ヨリが目印に入って、ヨリを戻すも、キンクしてます。
素直に張り替えて、大会で使ったナイロンへ。

んー ナイロンでは厳しい流れです。出来ないことはないですか、辛い。

てなわけで、お得意のTSスペシャル01へ。
スイスイと入ります。目印も気にせず、ガンガン動かせます。

水温は23~24度。申し分ないです。
しかし、濁ってますから、追いが弱いのでは?と水流が少し弱めのスポットが広い場所へ誘導して、そこで行ったり来たり、ゆっくりその場所にとどまらせる感じの釣りで、やってみました。
ほんとうなら、瀬ですから、7号あたりの針を使いたいところですが、石裏ですから、根掛かりが心配なので、6号、6.5号。んで、尾鰭からの距離を目一杯長めにとってみました。
後ろに何となく着いてくるヤツを掛けるために。

ぼちぼち下りながら丁寧に攻めて、13時から17時で、15匹。
あの濁りでこれだけ釣れれば満足です(^^)
でも、クワダイさんは、朝からやって、30は軽く超えてました。さすがですねぇ。

釣りながらの見学でしたから、細かいことはわかりませんでしたが、やはり、二人とも、動作が洗練されています。抜いてキャッチして、オトリを交換して、送り出して、の当たり前の動作が、いつ見ても、無駄がないし、スムーズで、当たり前のようにこなしてました。

やはり、そうそう易々とうまくはなれない鮎釣りだな、とちょっと感じた日でした。

フロロ天井、試すの忘れました^^;

簡易真空パックマシーンで、冷凍するのは試しました(^^)
これで、冷凍での乾燥を防げると思います。ぼちぼち甘露煮ができそうです。
雨が降った休日でもやりますかねぇ(^^)
[PR]

  by fly-kubota | 2009-06-23 22:57 |

<< やっと天竜川で。 マスターズ興津参戦、そして、雲名。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE