まずまずの滑り出し。

矢作の解禁、行ってきました。
しばらく行けそうにないのと、せっかくの解禁日にお休みということで、行ってきました。

と、言っても、気合いを入れて、夜明け前から・・・ なんてことはなく、前日の夜まで必死に仕掛けを作っていたので、ゆっくりスタート。

用事も済ませ、現場に着いたのは、12時半頃でした。
浜松から約2時間ぐらい。東海環状で行けるので楽チンです。

事前の試し釣りの釣果を参考に笹戸、小渡を目指しました。

混雑は承知してましたが、いやはや・・・ 入るところがない(-"-;)
とりあえず、歩きまくって、場所を探す。
で、竿を出す、駄目(-"-;) 歩く、竿を出す、駄目(-"-;) 歩く、竿を出す、駄目(-"-;) 

ふと、時計が2時半を回ったところで気が付く。
みんながやらないところ、を探せばいいのだ、と。

瀬の中へ試しにナイロンをやめて、ウエポン+TS 0.1号にしてみる。
スッと入ったと思ったら、すぐに流された?

掛かりました(^^)

そこで立て続けに3匹。
それより下は狭くて激流なのであきらめて、下流へ。

良い感じの瀬です。
対岸側は良い色をした石がぎっしり入ってます。もう3時ともなると上がる人もチラホラ。
夕方のチャンスです。丁寧に引き上げて、行きました。
そこから、ぼちぼちと掛かり初めて、5時半までキッチリやってきました。11匹。

場所によっては、坊主、60匹、80匹という激しい場所ムラがあったようです。
群が固まっているのでしょうか?

さて、SMTの音は、今までの「カラカラ」「ガガガ」という乾いた音に、エコーが掛かっている感じです。
そして、竿の調子、というか、パワーが違うのか、引き抜きが楽。とにかく引き抜きのコントロールが楽なのです。
なんとか、これなら自信を持って引き抜き出来そうです(^^)

反省点としては、スピード6.5号3本錨を数本しか持っていかなかったこと。
たぶん、自分としてはこれがあっていたのだと思います。エアスピード6.5号4本錨ではすこし根掛かりが多い感じでした。
根掛かりと言えば、根掛かり外しを今年は用意したのですが、大活躍。今までなら、仕掛けを切ったり、場を荒らしてましたが、これで楽々はずせるので、買ったかいがありました(^^)

チャラ瀬でナイロンの泳がせをやってみましたが、いやー 泳ぐスピードが早いですね。でも、自分のコントロール下に置けてないのか全然掛かりませんでした。
結局、ウエポンに戻ってしまい、なんだかなぁー(-"-;) という感じでした。

次は、興津です。今月末の予定です。
[PR]

  by fly-kubota | 2009-05-11 21:14 |

<< 興津へ下見。 本日の釣果 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE